最終更新日:2019/6/1

三和コンクリート工業(株)

業種

  • 建材・エクステリア

基本情報

本社
茨城県
資本金
4,800万円
売上高
32億7,000万円(2017年5月)
従業員
男性115名 女性20名
  • 業種 建材・エクステリア
  • 本社 茨城県
  • 資本金 4,800万円
  • 売上高 32億7,000万円(2017年5月)
  • 従業員 男性115名 女性20名

自然と人間社会との共生を考える

会社紹介記事

PHOTO
本社のある茨城県を中心に自社工場を展開。主力の側溝類はU字や四角、三角など、形状はシンプルながらバリエーションは多彩で、日々、大小さまざまな製品が作られている。
PHOTO
コンクリート製造というとハードな印象を持たれがちだが、職場環境はアットホームな雰囲気。安全第一に、なにかあればサポートし合う。一人ひとりが頼もしい存在だ。

三和コンクリート工業が手がけるコンクリート製品は身近なところで使われています

PHOTO

「中途採用も多い当社ですが、平均勤続年数は10年以上と長く、中には親子、あるいは兄弟で勤務する社員もいます。経営者としてはうれしく思うところです」(森田社長)

コンクリート製品は、地域社会の発展、安心安全な街づくりに欠かせない存在です。わかりやすいところでいえば、道路関係。雨水の集排水を行う側溝類や、車道と歩道の境目を明確にする境界ブロック類など、当社が手がけるコンクリート製品はじつは身近なところで使われています。ほかにも、護岸ブロック、農地の用排水路、斜面の崩壊を防ぐ土留めなど、取り扱い製品はとても幅広く、その数は1万種類以上に及びます。

当社は1961年の創業以来、生産から輸送まで一貫体制のコンクリート製品総合メーカーとして堅実な成長を続けています。現在事業規模は北関東トップクラスにあると自負していますが、その成長を支えるのは開発力です。常に新しい発想で、三和コンクリート工業ならではの製品を生み出してきました。たとえば、看板製品の「エコノミー側構」は、設計方法の見直しで、大幅な軽量化を実現。施工効率の向上だけでなく、コストダウンもかなえています。さらには消音性に優れるという特徴があります。昔の側溝は車で通るとカタカタと音がしたものですが、これは、そういったガタツキ音がほとんどしません。まさに自慢の技術であり、製法は特許を取得しています。また、北関東3県(茨城、栃木、群馬)に展開する自社工場の生産能力も当社の強みの一つです。

直接の販売先は建設会社がメインですが、その発注元は国や自治体がほとんど。公共事業に使用される製品を取り扱うことができるので、やりがいは大きいと思います。豪雨災害時には、護岸ブロックの製造を大量に請け負ったこともあります。工場はフル稼働で、スケジュールもたいへんでしたが、地域の安全に貢献できる仕事に現場は一丸となってくれました。もっとも、やりがいは本人が一生懸命やった結果として得るものであり、こちらから与えるものではないとも思っています。実際に働いていると大変なこともあるかと思いますが、やりがいや面白みも、自分で見つけていってほしいと考えています。

どの職種においても、求める人物は積極的で前向きな人。競争心、多いに結構。むしろ、人よりも先に行きたい、出世したいという欲がある人のほうが頼もしくていいですね。活躍できる場は平等に用意していますので、入社したなら、どんどん上を目指してほしいと思っています。

(代表取締役 森田敏男氏)

会社データ

事業内容
コンクリート二次製品製造販売
本社郵便番号 306-0125
本社所在地 茨城県古河市仁連1347番地
本社電話番号 0280-76-3772
設立 1961年8月7日
資本金 4,800万円
従業員 男性115名 女性20名
売上高 32億7,000万円(2017年5月)
事業所 茨城県4事業所、栃木県2事業所、埼玉県1事業所、群馬県1事業所
主な取引先 国土交通省、UR都市機構、NEXCO東日本、官公庁
関連会社 森田建設工業(株)、森田運輸倉庫(株)、(有)ウッドフィルド
平均年齢 45歳
平均給与 26万5,000円

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三和コンクリート工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
三和コンクリート工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ