最終更新日:2020/6/2

  • 正社員
  • 既卒可

旭蝶繊維(株)

業種

  • アパレル(メーカー)

基本情報

本社
広島県
資本金
5,300万円
売上高
25億8,900万円(2019年11月実績)
従業員
134名(2020年2月時点)
募集人数
1~5名
  • 業種 アパレル(メーカー)
  • 本社 広島県
  • 資本金 5,300万円
  • 売上高 25億8,900万円(2019年11月実績)
  • 従業員 134名(2020年2月時点)
  • 募集人数 1~5名

創業から80余年。備後から世界に向けて「MADE IN JAPAN」の誇りを発信する独創的なアパレルメーカーです。

  • 積極的に受付中

採用活動開始  (2020/03/01更新)

PHOTO

こんにちは!旭蝶繊維(株) 採用担当者です。
弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

当社の会社説明会のご予約は、エントリーして頂いた
方へ順次ご案内をさせていただいております。
まずは、エントリーをお願い致します
みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

会社紹介記事

PHOTO
世界的なデニムメーカーとのタッグで誕生したブランド「YOROI WORKS」。デザイン性はもちろん国内製造にもこだわり、機能性・快適性にも妥協はありません。
PHOTO
早稲田大学と共同開発した作業時の腕や腰への負担を軽減するアシストスーツ「e.z.up イージーアップ」はアパレル企業の枠を超えた取り組みと話題に。

常識の枠や国境をも越えるチャレンジ精神で、業界のパイオニア的存在に。

PHOTO

「自分のやりたいことには主体的にチャレンジできる環境を整えています」と児玉代表取締役。

【「MADE IN JAPAN」にこだわったデニム製ワークウェアを企画】
1937年創業の当社は「品質本位」を第一に、時代のニーズに見合った様々なワークウェアの企画・製造を手がけるアパレルメーカーです。
創業80余年という老舗としてのポジションだけではなく、常識にとらわれない柔軟な企画力とチャレンジ精神から、業界内でも少し変わった存在として認識されているようです。
中でも、2015年に発表した「YOROI WORKS(鎧ワークス)」では同じ備後エリアの企業で、ブルーデニムの分野で国内トップクラスのシェアを占め、海外でもその名を知られる「カイハラデニム」様とコラボレート。日本の職場では考えられなかった「デニム素材のワークウェア」を業界内で先進的に提案いたしました。
発売当初は代理店様の戸惑いもあったものの、ユーザーからは圧倒的な支持を獲得。生産が追いつかないほどの反響が寄せられ、新聞や業界紙などのメディアにも大きく取り上げられました。「MADE IN JAPAN」に徹底的にこだわり、製品は国産素材・国内縫製。海外に生産拠点を移す業界内の動きに逆行する挑戦でしたが、「コスト至上主義ではなく『付加価値』を認めてくださるお客様が存在する」という確かな手応えを実感できる結果となりました。

【早稲田大学とアシストスーツ「e.z.UP」の共同開発】
現在職業疾病の6割は腰痛と言われており、作業労働者の作業負担を軽減する各種補助装置が開発されています。これまでの補助スーツは腰のみを補助するものやモーターなどの駆動装置を使用した高価かつ高重量で長時間装着が難しいものがほとんどでした。
そこで早稲田大学理工学術院大学院情報生産システム研究科の田中英一郎教授の研究グループと弊社が産学連携で開発を進め、腰だけでなく腕も補助し、1分程度で装着可能な上に軽量で長時間装着可能、洗濯もでき、メンテナンスも簡単というアシストスーツ「e.z.UP イージーアップ」を製品化しました。
持ち上げ動作時にゴムベルト及び布の変形収縮により腕と腰を補助するもので大学研究の理論と繊維会社の技術の融合として2019年1月の発売以来大きな反響を呼び、幅広い業界から問い合わせをいただいています。
これから先も一つひとつのことに地道に取り組み、その分野の先駆者であり、オンリーワンの存在であり続けたいと願っています。

(代表取締役社長/児玉賢士)

会社データ

プロフィール

安全性・快適性・視認性・デザイン性など、ワークウエアには様々な性能が要求されます。それらの各性能を高い次元で融合させ働く人に最適なワークウエアをお届けしているのが私たちアサヒチョウです。
アサヒチョウは創業80周年。この長い年月で積み重ねてきた経験と実績を生かし、ものづくりの町として知られる備後府中から先進のワークウエアを発信しています。働く人のより厳しい選択眼に応えられるよう、ワークウエアに必要なあらゆる要素をブラッシュアップさせ、働くすべての人に満足していただけるワークウエアを提供する…これがアサヒチョウのゆるぎないものづくりの姿勢です。

事業内容

PHOTO

働く人すべてに最適ワークウエアを届けます!着てみて分かるその違い。安全、快適、そしてなによりカッコいい!

<事業内容>
ワークウエア企画・製造・販売

<企業理念>
AS A HIger CHOice
より高い品質を追求し、働く人に常に寄り添い、最良で最適なワークウエアを届けたい。

素材、デザイン、加工方法、日々改良、開発の努力が必要です。
古くて新しいのが繊維メーカー。
まだまだ可能性は無限大です。
デニム、高視認、ポケットレスなど既存の常識にとらわれず、常にチャレンジングな製品を市場に送り出しています。

必要なときに全サイズきれいにそろえてきちんと納品。
ユニフォームはどんなサイズにもNOと言いません。
それを支えるのが6か所の直営工場を始めとする国内製造部です。

多品種、小ロット、短納期
厳しい注文にも全力で対応します。
「日本の魂」で貫くひとクラス上のモノづくり
それが私たち旭蝶繊維の企業活動スタイルです。
本社郵便番号 726-0004
本社所在地 広島県府中市府川町110
本社電話番号 0847-45-4354
創業 1937年
設立 1942年
資本金 5,300万円
従業員 134名(2020年2月時点)
売上高 25億8,900万円(2019年11月実績)
事業所 ■本社 / 広島県府中市府川町110
■配送センター / 広島県府中市府川町
■本社工場 / 広島県府中市高木町
■福山ミナト工場 / 広島県福山市三吉町
■大東工場 / 島根県雲南市大東町
■飯石工場 / 島根県雲南市吉田町
■出雲工場 / 島根県出雲市
業績 2019年11月 売上高 25億8,900万円 経常利益 3億2,100万円
2018年11月 売上高 25億5,000万円 経常利益 3億4,700万円
主な取引先 伊藤忠商事(株) 丸紅(株) 東洋紡STC(株) (株)チクマ
関連会社 双三縫製(株)
沿革
  • 1937年
    • 児玉三郎が広島県府中市で児玉被服工業を創業
  • 1942年
    • 企業統制令で、備後第21被服(有)を設立し、これに企業統合
  • 1954年
    • 現在地に本社を新築移転
  • 1959年
    • 大阪営業所を新設
  • 1964年
    • 本社新社屋ビル完成
  • 1965年
    • 組織変更し、旭蝶繊維(株)と社名を改名
  • 1974年
    • 東京都内に東京連絡所を開設
  • 1981年
    • 児玉廣造が社長に就任
  • 2002年
    • ISO140001認証取得
  • 2011年
    • 児玉賢士が社長に就任
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 1名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 1名 2名

採用データ

問い合わせ先

〒726-0004
広島県府中市府川町110
旭蝶繊維(株) 本社
総務 栗原
0847-45-4354
jinji01@asahicho.co.jp
URL https://asahicho.co.jp/
交通機関 JR福塩線 鵜飼駅 徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp223331/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
旭蝶繊維(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

旭蝶繊維(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

旭蝶繊維(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ