最終更新日:2020/5/22

  • 正社員
  • 既卒可

協栄産業(株)

業種

  • 環境・リサイクル
  • 化学

基本情報

本社
栃木県
資本金
1,000万円
売上高
92億円 2017年(平成29年)11月30日実績
従業員
127名
募集人数
1~5名
  • 業種 環境・リサイクル、化学
  • 本社 栃木県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 92億円 2017年(平成29年)11月30日実績
  • 従業員 127名
  • 募集人数 1~5名

協栄産業は、2011年日本で初めてメカニカルリサイクルによるペットボトルの「ボトルtoボトル」を実現しました。

会社説明会を再開しました。 (2020/05/22更新)

PHOTO

6月20日に会社説明会を行う予定です。
セミナー画面より、予約をお願いします!!

会社紹介記事

PHOTO
当社にしかできない独自性の強いビジネスを展開し、テレビや雑誌でも取り上げられる機会が多いリサイクル企業です。
PHOTO
オーダーメイドリサイクル樹脂。多彩な複合素材が生産可能なこの新素材は、新幹線の座席シート、全日空機内食の食器、ランドセルなどの原料等として活用されています。

世界基準を超える再生プラスチックの高度化リサイクル技術で、環境関連の受賞も多数!

PHOTO

吉原貴志さん(左)と上本彩夏さん(右)。「新しいリサイクル用途を考えるプロジェクトへの参加など、若手社員の感性やアイデアに期待し、挑戦させてくれる会社です」

■「ビジネスイノベーションアワード2011優秀賞」「2014年環境大臣賞企業活動部門金賞」、「東京商工会議所2017年勇気ある経営大賞優秀賞」などの受賞、さらに日本及び海外のテレビ局からの取材も20件以上。これらはすべて、ここ数年における当社のトピックスのほんの一部です。
私たち協栄産業は、「次世代のリサイクルを追求する」をテーマに、プラスチックリサイクルの分野で革新的な技術と製品づくりに取り組んでいる会社です。私が所属する製造部は、再資源化のために回収されたペットボトルを粉砕するなどして作られた処理材料から、プラスチック製品の原料となる粒状のペレットを作っている部門で、私の担当は工程管理。洋服、スポーツシューズ、ランドセルなど、お客さまが製造する製品の用途に合わせ、最適な条件設定を機械に打ち込んでいくオペレーションを任されています。
どのように工夫したら高品質な製品づくりができるのか。それを考え実現していくやりがいが、この仕事の面白さであり、達成感につながっています。
<吉原貴志さん 小山工場製造部 山形大学工学部機能高分子工学科卒業 2015年入社>

■当社は、メカニカルリサイクルという新手法を開発し、極限まで異物を取り除いたリサイクル原料の生産を実現。ペットボトルを再びペットボトルにリサイクルするという「日本初」の技術を確立した日本唯一の会社です。
品質管理室は、製造したペレットがお客さまから要求されたスペックに適合しているかをチェックする役割を担っていますが、私が主に担当しているのはIV測定という業務。樹脂の色、粘度、水分率、融点などを測定し、合否判定を出していきます。
原料がリサイクル材という特性上、不安定な面があるので、それをどう使いこなして安定した製品づくりにつなげていくかが技術テーマであり、腕の見せ所。これでいいというゴールのない仕事だけに、常に挑戦していくやりがいを感じますし、大学で化学を専攻してきた私にとっては、知識や興味が活かせる、最適な職場だと思っています。
<上本彩夏さん 小山工場品質管理室 宇都宮大学大学院工学研究科物質環境化学専攻修了 2016年入社>

会社データ

プロフィール

・協栄産業は、1985年の設立以来一貫してプラスチックのリサイクルを追求している会社です。とくに、ペットボトルリサイクルにおいては、取扱量や技術ともに日本のリーディングカンパニーです。
  
・2011年には、使用済みペットボトルを再びペットボトルに戻す「ボトルtoボトル」の技術を日本で初めて実現しました。
  
・また、当社のリサイクルPET(MR-PET)は原油由来のPET樹脂に比較して、63%以上のCO2排出削減(三菱UFJリサーチ&コンサルティング算定)をすることができます。
  
・この技術が評価され、2012年「環境型社会推進功労者」環境大臣表彰をはじめ、2014年経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」や2017年東京商工会議所「勇気ある経営大賞」優秀賞など多数の顕彰・表彰を受けました。
  
  
≪Facebookもやってます!≫
https://www.facebook.com/KYOEI.PETbottle/

事業内容
・合成樹脂(プラスチック)再生加工製造販売
・産業廃棄物収集運搬業
・産業廃棄物有効処理業
・産業廃棄物処理プラント製造販売
・物流資材販売
・一般貨物運送業
・倉庫業
・業務委託請負業
本社郵便番号 323-0807
本社所在地 栃木県小山市城東2-32-17
本社電話番号 0285-22-7988
設立 1985年10月
資本金 1,000万円
従業員 127名
売上高 92億円 2017年(平成29年)11月30日実績
事業所 本社
小山工場
MR・ファクトリー
栃木工場
東京営業所
滋賀事業所
静岡事業所
平均年齢 42.2歳
沿革
  • 1985年10月
    • 栃木県小山市に協栄産業(株)を設立
  • 1994年8月
    • 栃木工場を開設(栃木県壬生町)
  • 1995年3月
    • 上海事務所を開設(中国上海市)
  • 2001年6月
    • 東京営業所を開設(東京都港区)
  • 2002年11月
    • 滋賀事業所を開設(滋賀県犬上郡豊郷町)
  • 2003年1月
    • 広島工場を開設
  • 2004年11月
    • 協栄産業グループ3サイトでISO14001認証取得
  • 2006年1月
    • 小山工場を開設(栃木県小山市)
      再縮合重合反応によるメカニカルリサイクルプラントを導入
  • 2006年11月
    • 三井物産、松下電工と廃プラのリサイクルネットワークの
      共同展開を開始静岡事業所を開設(静岡県富士市)
  • 2007年3月
    • 静岡事業所開設
  • 2009年10月
    • CO2排出実質ゼロ原料「カーボンニュートラルペレット」の
      販売開始
  • 2010年6月
    • 経済産業省・厚生労働省・文部科学省刊行「2010年版
      ものづくり白書」に掲載される
  • 2010年10月
    • 小山工場でISO9001認証取得
  • 2011年5月
    • 日本初 メカニカルリサイクル原料を飲料ボトルに供給開始
  • 2012年4月
    • 100% ボトルtoボトル原料をサントリーに供給開始
  • 2012年9月
    • MR・ファクトリーを開設(栃木県小山市)
  • 2014年
    • 経済産業省 「がんばる中小企業・小規模事業者300社」受賞
  • 2014年
    • 「2014低炭素杯」で環境大臣賞受賞
  • 2015年6月
    • 環境省刊行「平成27年度 図で見る環境白書・循環型社会白書
      ・生物多様性白書」に掲載される
  • 2017年11月
    • 東京商工会議所 「第15回勇気ある経営大賞」優秀賞を顕彰される
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 1.3%(160名中2名)

採用データ

問い合わせ先

〒321-0215
栃木県下都賀郡壬生町大字壬生乙4,036
総務部 総務課 田中・藤田
TEL:0282-83-0188
FAX:0282-83-0321
URL www.kyoei-rg.co.jp
E-mail n-tanaka@kyoei-rg.co.jp
交通機関 ・小山工場(見学・説明会)
JR小山駅東口より車で20分
・栃木工場(総務課)
東武宇都宮線 壬生駅より車で10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp223753/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
協栄産業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

協栄産業(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ