最終更新日:2020/7/20

  • 正社員
  • 既卒可

(株)唐津プレシジョン

業種

  • 機械
  • 機械設計
  • 精密機器

基本情報

本社
佐賀県
資本金
1億円
売上高
25億円
従業員
138人(男性123人、女性15人)
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、機械設計、精密機器
  • 本社 佐賀県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 25億円
  • 従業員 138人(男性123人、女性15人)
  • 募集人数 1~5名

【機械設計/電気設計】世界で活躍するKARATSブランド。

採用担当者からの伝言板 (2020/02/15更新)

弊社説明会等はこちらのページからご案内します!

会社紹介記事

PHOTO
大型の工作機械を中心に扱うため簡単に商談がまとまるものではないが、契約に至った時の達成感は大きなもの。顧客のニーズを満たす高い技術力が、営業を後押ししている。
PHOTO
CADを使った設計に数カ月、設計開始から取引先への納入までは半年以上の期間を有する大掛かりな仕事が中心。設計者が製造、組立にまで携わり、視野を広げることができる。

各部署で若いうちからスケールの大きな仕事にチャレンジできます!

PHOTO

■保利 涼/技術部歯切盤グループ設計担当(2013年入社/佐賀大学理工学部卒業)
自動車部品や建設機械、工業用ロボットなどで使用される様々な歯車を加工する工作機械の設計を担当しています。基本となる構造は同じでも、作業内容に応じて細かくオーダーメイドされた機械を設計できるというのが当社の強み。お客様と密にコミュニケーションを図り、ニーズを丁寧に深堀りすることが求められます。
設計して終わりではなく、製造、組立まで一連の工程に携われるというのが設計担当者としての大きな醍醐味。製品はすべてオーダーメイドなので、設計者である私にしか分からないことも多くあります。機械工作、組立工程のことまで考えた図面のわかりやすさ、製造のしやすさ、コスト面など複合的な要素を考慮して設計図を完成させる仕事にやりがいを感じています。取引先の工場で実際に自分が設計した機械が稼働している様子を目にすると、スケールの大きな仕事に携わっているんだなと実感しますね。また、顧客の要望に応じた異なる設計をするので、毎回の仕事が新たな挑戦の連続。技術者としての面白みをいつも味わうことができています。


■平田 凌雅/営業部唐津営業グループ(2017年入社/福岡大学商学部卒業)
私は唐津出身で、地元でモノづくりに関連する企業を探していたところ当社に出会いました。正直、就職活動を始めるまで当社について深くは知らなかったのですが、企業研究を進めるにつれて、地元にこんなに歴史があって、高い技術力を有する企業があったんだと驚きました。
営業として私が担当しているのは、世界有数の大型鋳鍛鋼品を扱う企業で、当社の工作機械を10機以上使用していただいています。そんな大切な取引先を入社2年目の私が担当することになり責任重大ですが、当社製品の品質に大きな信頼をいただいていることが心強いですね。時に機械の不具合に関する連絡をいただくこともあります。取引先の業務がストップしている状態なので一刻も早く復旧する必要があるのですが、設計、製造など各担当者のチームワークで迅速に対応することができ、いつも助けられています。まだ担当して間もないため、新規で工作機械を購入していただくことが当面の大きな目標。1台で億単位の大きな商談になるので、上司にサポートしてもらいながら営業戦略を構築している最中です。

会社データ

プロフィール

「用うるに利あるをつくり、売るに利有るものを追わず」という創業理念のもと、“こだわりのモノづくり”に徹し、次の100年を目指しています。

事業内容
1909年創業。国内有数の先駆メーカーとして唐津の地で108年間工作機械を専門に製作してきました。
現在は大型・超大型NC旋盤、研削盤と歯車加工機械製造に特化しグローバルに製品展開を行っています。品質第一主義に徹して、技術に真心をこめてお客様のニーズに応えています。
本社郵便番号 847-0861
本社所在地 佐賀県唐津市二夕子3丁目12-41
本社電話番号 0955-72-1111
創業 1909年4月
設立 1916年4月
資本金 1億円
従業員 138人(男性123人、女性15人)
売上高 25億円
事業所 唐津工場:佐賀県唐津市
東京営業所:東京都港区
大阪営業所:大阪市西区
主な取引先 新日本製鐵、日立製作所、神戸製鋼所、三菱重工業、SSK、日本鋳鍛鋼、ホンダ、ジャトコ、ジェイテクト、KYB、東亜工機
関連会社 上海事務所:中国
沿革
  • 創業
    • 創業者竹内明太郎は、全国に優良鉱山を持つ経営者で、工業立国の理念の先覚者だった。機械工業を興すべきだと考え、1909年(明治42年)に芳谷炭坑(株)唐津鐵工所が創業された。
  • 独立
    • 1916年(大正5年)に独立して、(株)唐津鐵工所となった。
      2016年(平成28年)8月10日に(株)唐津プレシジョンに商号変更。
  • 沿革1
    • 1911年(明治44年) 米国プラットアンドホイットニー社モデル6尺旋盤を製造
      1916年(大正5年) 大型旋盤、プラノミラー、ロール研削盤などの大型機械を開発
  • 沿革2
    • 1921年(大正10年) 歯車ホブ盤を開発
      以後、歯切り機械の分野を充実させるとともに、大小各種の工作機械の開発を進める
  • 大型機械1
    • 1938年(昭和13年) 砲身中ぐり盤を完成
      1967年(昭和42年) 製鉄用強力高精度ロール研削盤を開発
  • 大型機械2
    • 1971年(昭和46年) 大型旋盤を開発
      1975年(昭和50年) 大型歯車形削り盤を開発
      1991年(平成3年) タービンロータシャフト仕上加工用大型CNC旋盤を開発
  • 小型機械
    • 1989年(平成元年) 精密歯車研削盤を開発
      現在はギヤスカイビングマシンを開発し、機種拡充中
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 19時間

採用データ

問い合わせ先

佐賀県唐津市二夕子3-12-41
(株)唐津プレシジョン 総務部 総務グループ
電話:0955-72-1111
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp228443/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)唐津プレシジョンと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)唐津プレシジョンを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ