最終更新日:2020/11/30

  • 正社員
  • 既卒可

(株)石山組

業種

  • 建設

基本情報

本社
北海道
資本金
4,000万円
売上高
36億9,000万円
従業員
49名
募集人数
若干名
  • 業種 建設
  • 本社 北海道
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 36億9,000万円
  • 従業員 49名
  • 募集人数 若干名

【札幌勤務×建設】私たちと一緒に「北海道」を「建設業」を通して「社会貢献」しませんか!!

  • 積極的に受付中

【冬採用実施中】石山組2021新卒採用受付開始致しました! (2020/11/30更新)

PHOTO

当社のページをご覧いただきありがとうございます。
新卒採用の受付を開始しました!

札幌勤務で技術系総合職を募集しておりますので
興味のある方はまずエントリーを!

沢山の出会いをお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
20代からベテランまで、幅広い年代の社員が働いていてアットホーム感のある職場です。「和して同ぜず」を合言葉に個性や長所を大事にする会社づくりをしています。
PHOTO
土木部門では高速道路や北海道新幹線など大型プロジェクトにも関わっています。簡単な作業から現場の雰囲気に慣れてください。

学部・学科は不問です。新生・石山組を盛り上げてくれる若い力に期待しています。

PHOTO

会計事務所に勤務後、さまざまな企業の経営を経験。38歳という若さで石山組を率いる石山公介社長。「100年企業に向けて石山組の歴史をつくっていきましょう!」

当社は道北の天塩町で創業して、約70年の歴史のある総合ゼネコンです。土木も建築もバランスよく手がけていて、過去には「札幌市中央卸売市場」「札幌市ウタリ交流施設」「札幌競馬場」「滝野すずらん丘陵公園」「北海道新幹線」といった数々の実績があります。最近は建築部門のニーズが増えていて、賃貸マンション、老人ホーム、商業施設などの工事を積極的に獲得しています。

2017年に会社を吸収分割、そして私が代表に就任して、新たな歴史がスタートしています。将来的には社員70名以上、売上高100億円を目標に、道内の建設業の中で準大手クラス入りを目指しています。そのためにも若い人材を育成して、攻めの経営に舵を切っていこうとしています。

当社の社風はいい意味でおおらかです。「和して同ぜず(和而不同)」が社是になっていますが、一人ひとりの個性を大事にしながら、目標に向かって一丸になるという思いを込めています。工事の現場でも、できるだけ担当の技術者に裁量を持たせて、自分の長所や知識・経験を最大限に発揮できるようにしています。

新人社員もこうした社風の中でのびのび成長できるよう、研修にも力を入れています。特にOJTではいろいろな先輩に同行して現場を見てもらうので、それぞれの先輩のいいところを吸収できることも魅力です!会社全体で大切に育てていきますよ。

さて、みなさんは建設業界にどんなイメージがあるでしょうか。様々な言葉を連想するかもしれません。しかし、当社では公共工事を元請けしていることもあり、安全面や健康面はもちろん、労働時間もきちんと管理しています。私がこの会社に入社した当初は、「ここまでしているのか」と正直驚きました。

また、仕事の成果が形になり、造ったものが何十年も残ることがやりがいです。道路、橋、河川、鉄道といったインフラを縁の下で支えるという社会貢献や誇りを感じることもできます。こうした建設業の魅力をもっと多くの方に知ってほしいですね。

採用については文理・学部は問いません。文系の方にも本社部門から現場の技術者を支えるポジションがあります。しっかりと育てていきますので、ひとつのことをとことん追求したい方や、コミュニケーションの取ることが好きな方にぜひ、イチから成長してほしいと思っています!

(代表取締役・石山公介)

会社データ

プロフィール

(株)石山組は、昭和25年の創業以来、激動する社会情勢の中、社是である「和而不同」の精神で様々な困難を乗り越え、北海道の発展に貢献してまいりました。

さて現在、他の業界と等しく、私共建設業界を取り巻く環境も大きく変化し、それにより私共の役割も多様化し、地域における企業としての責任・重要度も日々増しております。
 
しかし、環境がいかに変わろうと、私共はものづくりを通じて地域社会に貢献し、皆様に信頼されるよう、「安全に高品質なものをつくる為に技術力の向上」をこれからも努め、「新しいものを創造できる活力溢れる企業」を創ってまいります。

事業内容
土木建築業
本社郵便番号 062-0904
本社所在地 札幌市豊平区豊平4条3丁目3番10号
本社電話番号 (011)887-0955
創業 1950年1月30日
設立 2017年3月31日(吸収分割)
資本金 4,000万円
従業員 49名
売上高 36億9,000万円
事業所 ・本社
札幌市豊平区豊平4条3丁目3番10号

・本店
天塩郡天塩町新栄通4丁目1143番地2

・留萌支店
留萌市旭町3丁目(2階)

・函館営業所
函館市富岡町1丁目19番5号

・胆振営業所
苫小牧市船見町2丁目2-2
レオパレスハーパー102
主な受注先 ■官公庁関係
・札幌開発建設部  ・留萌開発建設部 ・旭川開発建設部
・稚内開発建設部  ・室蘭開発建設部 ・小樽開発建設部

◇北海道庁
建設部
・各建設管理部  … 札幌・留萌・旭川・小樽・釧路・室蘭・函館
・建築局

・農政部 … 留萌・空知・石狩 各振興局
・水産林務部 … 留萌
・企業局
・北海道教育庁
・北海道警察

◇防衛施設庁   ・札幌防衛施設局
◇日本郵政公社  ・北海道支社
◇林野庁     ・北海道森林管理局

■市町村関係
・札幌市 ・留萌市 ・旭川市 ・石狩市 
・函館市  ・天塩町

■その他
・(財)北海道農業開発公社
・北海道職員共済組合
・北海道住宅供給公社
・エスケイエンジニアリング(株)
・北るもい漁業協同組合
・日本中央競馬会
・NTTドコモ
・北海道電力
・JR北海道
・東日本高速道路(株)
・石狩西部広域水道企業団
・日本下水道事業団
沿革
  • 昭和25年1月
    • 石山直行個人にて天塩郡天塩町新栄通4丁目に於いて土木建築請負業創業。
      「石山組」と称す。
  • 昭和33年2月
    • 上記住所にて資本金三百万円也をもって(株)石山組に改組し、石山直行代表取締役社長に就任。現在社主。
  • 昭和51年4月
    • 本社を現本店所在地(天塩郡天塩町字テシヲ5番地2)に移転。
  • 昭和55年4月
    • 札幌出張所(札幌市中央区南大通18丁目島田ビル内)を開設。
  • 昭和57年7月
    • 北海道開発局より優秀工事者として表彰を受ける。
  • 昭和57年7月
    • 石山直行、建設大臣より建設事業の振興、公共福祉の増進に貢献したことにより表彰を受ける。
  • 昭和59年10月
    • 札幌出張所を札幌支店に昇格。札幌市中央区北5条西6丁目1番23道通ビルに移転。
  • 昭和59年11月
    • 石山直行「黄綬褒賞」を受賞。
  • 平成2年4月
    • 旭川支店を旭川市富岡5条2丁目9番14号に移転。
  • 平成4年6月
    • 札幌支店を札幌市豊平区平岸2条6丁目三慶ビルに7階に移転。
  • 平成5年11月
    • 石山直行 代表取締役会長に就任。
  • 平成6年5月
    • 北海道知事より優秀施工業者として感謝状を受ける。
  • 平成13年10月1日
    • 本社を札幌市中央区北10条西20丁目1番1号に移転。
      旧天塩本社を同日天塩本店に変更。
  • 平成16年7月
    • 石山雅博 代表取締役社長に就任。
  • 平成18年10月
    • 建設業労働災害防止協会より安全衛生表彰 優良会社賞 受賞
  • 平成19年7月
    • 旭川開発建設部部長表彰
  • 平成19年8月
    • 北海道より工事等優秀者(建築部門)表彰の受賞
  • 平成20年11月
    • 新設分割により新会社設立(商号引継ぐ)
  • 平成21年7月
    • 北海道開発局長表彰
  • 平成22年12月
    • 留萌開発建設部災害感謝状
  • 平成23年7月
    • 札幌開発建設部部長表彰
  • 平成24年7月
    • 稚内開発建設部優良工事表彰
  • 平成25年12月
    • 北海道より工事等優秀者(土木部門)表彰の受賞
  • 平成29年3月
    • 吸収分割により承継会社として商号含め引継ぐ
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 22年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 25時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 7日

採用データ

問い合わせ先

〒062-0904
札幌市豊平区豊平4条3丁目3番10号
TEL  011-887-0955
FAX  011-887-0956
担当 : 管理部門 石田
E-mail info@ishiyamagumi.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp231330/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)石山組と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)石山組を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ