最終更新日:2020/8/29

  • 正社員
  • 既卒可

(株)山陰ビデオシステム

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 放送

基本情報

本社
鳥取県
PHOTO

プライベートに仕事を、仕事にプライベートを持ち込まない!

田中 寛進
2009年入社
京都コンピュータ学院
映像アートコース
制作部
カメラマン、ディレクター

この会社で活かせている自分の強み

僕自身自分の強みが何なのかと聞かれても、正直分かりません。就活の時も当たり障りのないことを言った記憶しかありません。とはいえ就活の面接のとき、普通に受けていたわけではありません。同じ面接グループの人と、面接官の質問に答えつつコミュニケーションをとってみたり、服装を派手にしてみたり、色々な試行錯誤をして、自分が楽しくできる状況を作っていた気がします。今思えば、それこそが自分の強みだったかもしれません。会社での仕事はカメラマン、ディレクターをしていますが、映像を見る人に楽しんでもらうことが前提にあると思います。今の仕事が天職だと感じたこともないですし、すごく好きかと言われると普通です。ただ、自分が楽しくできる状況を作ることが出来るという部分においては、少なくとも今の仕事で良かったかもしれないなと、最近になって思えるようになりました。強みという言い方は大雑把ですが、人より少し違うということが、案外大きな強みにもなったりします。小さなこと、どうでもいいことも含めて、人と違う部分が大きな武器になるかもしれません。


オフの過ごし方

大体何もしていません。ソファでゴロゴロしながら、本を読むかスマホをいじっています。
休みだからと言って、何か特別なことをする必要はありません。気の赴くままにダラダラしています。
そんな大人がいても良いですよね。


学生へのメッセージ

仕事や会社が自分に合う、合わないは大きな不安の一つかもしれません。さらに言えば人間関係もある意味運ではないでしょうか。なので、弊社を良い会社と大雑把にいうのもどうかと思います。ということで、一般の会社と違うところを挙げようと思います。
・時間が不規則…取材先の都合などもあるので朝早い時もあれば遅い時もあります。時間通りに生きている人には辛いかもしれません。大雑把な人は向いているかも。
・服装が決まっていない…服を選ぶ時間がもったいないという、スティーブジョブスみたいな人は向いてないかもしれません。とはいえ最低限TPOは必要。
・運転が多い…運転好きはぜひウチの会社に!山陰は横に長いので、否が応でも移動が長くなります。
以上です。興味がある方、是非弊社を受けてみてください!


ページTOPへ