最終更新日:2019/10/11

(株)JR西日本テクシア【JR西日本グループ】

業種

  • 設備工事
  • 機械
  • 建設
  • 整備・メンテナンス

基本情報

本社
兵庫県
資本金
1億円
売上高
339億円(2018年度実績)
従業員
629名(2019年4月時点)
  • 業種 設備工事、機械、建設、整備・メンテナンス
  • 本社 兵庫県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 339億円(2018年度実績)
  • 従業員 629名(2019年4月時点)

安全・快適・便利な未来駅を創造します。

会社紹介記事

PHOTO
JR西日本の昇降式ホーム柵は当社で開発から保守に至るまでトータルサポートを行っています。今後も改良を加え、主要な駅へ設置を予定しています。
PHOTO
工事や保守の計画、現場監督が当社の主な業務となります。他部門との調整や打ち合わせを行い、安全はもちろん、高品質な機械設備をお客さまへ提供します。

機械設備を通じて、お客さまに安全・快適にご利用頂ける駅を目指します。

PHOTO

当社はJR西日本グループとして、駅にある可動式ホーム柵や改札機などの鉄道関連の機械設備を専門に工事、保守、開発に至るまで幅広くサポートしています。

工事部門では、北陸新幹線やおおさか東線開業に伴う駅の設備新設工事や、広島駅の大規模リニューアル工事など、多くのプロジェクト参画してきました。現在は北陸新幹線の敦賀延伸や北梅田駅(仮称)の地下新駅プロジェクト参画に向け、準備を進めています。

保守部門では、JR西日本エリアの駅や車両基地の設備を管理しています。自社にて、機械設備の計画作成や定期点検、故障対応などを行い、機械設備の安定稼動に努めています。

開発部門では、扉の位置が異なる車両に対応したホーム柵や、ワンマン列車内にて交通系ICカードを利用可能にした車載型ICOCA改札機の開発を行い、実用化してきました。現在も最先端技術やお客様のニーズを元に、新たな鉄道関連の機械設備の開発を進めています。

このように、私たちは鉄道関連機械設備のPDCAサイクル全てに関わり、JR西日本の機械設備を支えてきました。
今後も『未来駅の創造』をキーワードとして、これまで培ってきた技術ノウハウに、先端・高度技術を柔軟に取り入れ、安全快適で便利な設備やシステムをお客さまに提供します。

会社データ

事業内容
●駅設備及び駅付帯店舗設備、車両基地設備等の設計、製作、設置工事、保守管理、開発、改良
 ー駅務機器(券売機・改札機・精算機等)
 ー昇降機(エスカレータ、エレベータ)
 ー可動式/昇降式ホーム柵
 ー交通系ICカード(ICOCA)及び関連機器
 ー空調設備、車両洗浄装置
 ー融雪装置、排水処理設備
 ー遠隔監視カメラ設備
 ーその他鉄道関連機械設備

●電気通信事業
 ー公衆用/業務用無線LAN

●環境測定事業
本社郵便番号 661-0976
本社所在地 兵庫県尼崎市潮江1-1-33
本社電話番号 06-4960-7924
創業 1977年2月
設立 2009年10月
資本金 1億円
従業員 629名(2019年4月時点)
売上高 339億円(2018年度実績)
勤務地 ●本社:兵庫県尼崎市潮江1-1-33
●支店・営業所:大阪、兵庫、石川、京都、岡山、鳥取、広島、山口、福岡 等
株主構成 ●西日本旅客鉄道株式会社
●株式会社JR西日本テクノス
●川崎重工業株式会社
●近畿車輛株式会社
●ナブテスコ株式会社
●株式会社日立製作所
●東芝インフラシステムズ株式会社
主な取引先 西日本旅客鉄道株式会社

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)JR西日本テクシア【JR西日本グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)JR西日本テクシア【JR西日本グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ