最終更新日:2019/10/23

吉村建設工業(株)

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 住宅
  • 設備工事

基本情報

本社
京都府
資本金
7,500万円
売上高
66億7,000万円(2018年09月期)
従業員
50名 (女:6名、男:44名)(2018年9月時点)
  • 業種 建設、建築設計、住宅、設備工事
  • 本社 京都府
  • 資本金 7,500万円
  • 売上高 66億7,000万円(2018年09月期)
  • 従業員 50名 (女:6名、男:44名)(2018年9月時点)

”100年後に残るもの”を造る

会社紹介記事

PHOTO
JR山陰線二条駅 徒歩4分 、京都市営地下鉄二条駅 徒歩6分にあり、通勤には便利。また、駐車場も広く車の利用も可能。
PHOTO
創業110周年には、台湾へ社員旅行に行きました。

創業111年を迎えた老舗企業です。豊富な経験・知識・技術があり長い間の信頼関係のある得意先が多くあります。
国土交通省・京都府・京都市等官庁工事や、JR西日本・阪急電鉄・京阪電気鉄道・近畿日本鉄道・京福電気鉄道等の鉄道工事や、同志社大学・立命館大学をはじめとする学校建築等多くの施工実績があります。また、サスティナブル事業として、近年注目をあびているCLT等の木造建築にもチャレンジしています。是非弊社のホームページを御覧下さい。(http://www.yoshimurakensetu.co.jp)
若手社員の資格取得のための支援制度もあります。

会社データ

事業内容
<土木部>土木一式工事
・道路・河川等一般土木工事
・鉄道及び上下水道工事
・整地及び土地造成工事
・舗装・しゅんせつ工事
・石工事、その他

<建築部>建築一式工事
・鉄筋コンクリート・鉄骨及び木造等
・一般建築工事
・石造装飾工事、その他
本社郵便番号 604-8414
本社所在地 京都市中京区西ノ京小倉町135番地
本社電話番号 075-802-1360
創業 1908(明治41)年1月1日
設立 1954(昭和29)年11月8日
資本金 7,500万円
従業員 50名 (女:6名、男:44名)(2018年9月時点)
売上高 66億7,000万円(2018年09月期)
事業所 【本社】京都市中京区西ノ京小倉町135番地

【大阪営業所】大阪府藤井寺市大井4丁目11-62-B101

【福知山営業所】京都府福知山市厚東町182-203

【姫栗出張所】岐阜県恵那市笠置町姫栗
沿革
  • 1908年
    • 初代吉村小右衛門が、京都市中京区西ノ京小倉町1番地の敷地に石材問屋を開業。
  • 1954年
    • 吉村石材工業(株)を設立し、建設業者として諸種の土木工事を請け負いました。
  • 1966年
    • 社名を吉村建設工業(株)と改め、同時に大阪営業所を設置。
  • 1968年
    • 京都労働者住宅生活協同組合より城陽南団地造成工事を受注、大型土木工事に参入しました。
  • 1979年
    • 京都市の堀川改修工事や下水道工事等、施工条件の困難な工事を克服、都市土木の実績を積み重ね、京都を代表する業者になりました。
  • 1990年
    • 平成に入り、京都市建都1200年事業の一環である地下鉄東西線工事や、西日本旅客鉄道(株)の山陰線複線高架化工事を受注。
      また建築部門も充実し、厚生年金休暇センター新築工事や吉祥院処理場建設工事を受注し、総合建設業者としての力を高めました。
  • 1993年
    • 同志社大学より紫苑館新築工事を受注、建築部門を拡充し建築部を設立しました。
      また、土木工事ではニューマチックケーソン工法による、 京都府の京都縦貫道舞鶴2号橋を施工。
  • 1998年
    • 土木工事では、NATM工法による京都府の殿田トンネルを施工。
  • 2000年
    • 建築工事では、京都市の大学センターを施工、また土木工事では京阪電気鉄道のガーデンミュージアム比叡を施工。
  • 2001年
    • 品質の国際規格であるISO9001の認証を取得しました。
  • 2002年
    • 土木工事では、大規模土工事である第二名神高速道路小佐治工事を施工。
      建築工事では、京都大学の桂キャンパス管理棟新築工事、京都市の西京商業高校改築工事や同志社大学新町新別館建設工事等の校舎新築工事を施工。
  • 2005年
    • 土木工事では、東宇治浄化センター建設工事、建築工事では同志社小学校建設工事、立命館本部(朱雀キャンパス)の施工。
  • 2006年
    • 環境の国際規格であるISO14001の認証を取得しました。
  • 2007年
    • ISO9001とISO14001の統合をしました。
      土木工事では、第二名神高速道路笹路工事下吉田トンネル、建築工事では、京都第二維持出張所を施工。
  • 2008年
    • 土木工事では、第二名神高速道路甲賀西工事を施工。
      京都府道路公社の長大トンネル施工現場において、土木学会関西支部技術賞を受賞しました。
  • 2009年
    • 京都市で3番目のPFI事業である、京都市音楽高等学校を施工しました。
      土木工事では、地元業者として初めてシールド工事である大手筋南幹線公共下水道工事を施工。
  • 2010年
    • 国土交通省京都国道事務所より、優良工事の表彰を受賞しました。
  • 2012年
    • 同志社大学今出川キャンパス構内のシンボルであり、重要文化財の礼拝堂の改修工事を施工。
      土木工事では、京都地元業者だけの初めてのJVのメイン企業として828mの山岳トンネル:二ノ瀬バイパストンネル新設工事を受注。
  • 2013年
    • 京都市上下水道局の砂川ポンプ場雨水滞水池築造工事を施工。
  • 2014年
    • 木造とRC造を組み合わせたハイブリッド構造で京都市八瀬小学校建築工事を施工しました。
      また、同志社大学京田辺キャンパスのランドマークである礼拝堂(チャペル)建設工事の施工をしました。
  • 2015年
    • 京阪深草駅改良工事や地元木材を利用した京都初の木造4階建の京都木材会館も施工をし、農林水産大臣賞を受賞しました。
      当社2回目のPFI事業である京丹波町地域振興拠点施設整備事業を受注。
  • 2016年
    • 弊社の2回目のシールド工事である、朱雀北幹線(その2)公共下水道工事を施工。
      土木工事では、JR奈良線(玉水~山城多賀間)複線化工事を受注し現在施工中です。
  • 2017年
    • 京都 精華学園中高校舎改築工事及び人工芝グランドの工事は、建築と土木を融合させた施工でした。
      河川のシールド工事で旧安祥寺川改修工事を受注。
      弊社の得意とする鉄道土木に建築を融合させた、新京福西院ビル新築工事を施工。
  • 2017年
    • 建築では、同志社女子大学京田辺キャンパスの聰恵館増築及び改修、新食堂棟新築工事を施工。
      また、CLT工法を用い、社福)京都明星福祉会保育園建設工事を施工。
  • 2018年
    • 下水のシールド工事で花見小路幹線下水道工事を施工。 

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

吉村建設工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
吉村建設工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ