最終更新日:2020/11/20

  • 正社員

(株)高本損害鑑定事務所

業種

  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 損害保険

基本情報

本社
東京都、福岡県
資本金
1億円
売上高
11億3,000万円(2019年6月度)
従業員
73名
募集人数
1~5名
  • 業種 専門コンサルティング、シンクタンク・マーケティング・調査、損害保険
  • 本社 東京都、福岡県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 11億3,000万円(2019年6月度)
  • 従業員 73名
  • 募集人数 1~5名

【福岡と東京で説明会開催】損害保険の鑑定業務を通じて、災害で傷ついた方の心に小さな灯りを灯し、社会に貢献する。

【東京・福岡にて開催】選考情報を更新しました! (2020/11/20更新)

こんにちは、高本損害鑑定事務所の採用担当です。

東京・福岡ともにエントリーを受け付けております。
※SPIを含めた書類選考を最初のステップとさせていただきます。
※エントリーいただいた方へ個別に案内を送っております。

皆様からのエントリーを担当一同お待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
「損害保険を通して社会に貢献する」。創業八十余年という業界トップクラスの歴史と実績があります。
PHOTO
「損害保険を通して社会に貢献する」の理念のもと、SDGs(国連で採択された解決すべき国際目標)の考え方に賛同し、事業を通じて寄与できるよう取り組んでいます。

お客様を思う気持ちを胸に、損害鑑定に取り組む社会性の高いプロ集団。

PHOTO

大切なのは、「一生の仕事」として学ぶ意欲と、お客様を思う気持ち。ながい時間をかけてプロフェッショナルへと成長する体制も整っています。

●仕事内容は?
「損害保険登録鑑定人」の仕事とは
火事や事故、自然災害などが起きた際、
損害保険会社からの依頼によって
 ・建物や動産の損害額の算定
 ・保険価額の評価
 ・原因の調査
…などを行うお仕事です!

言い方を変えれば、事故や災害に遭われた
お客様の不安に”少しの灯りを灯す仕事”と
いえるかもしれません。

国内においても大規模な自然災害が頻発しているため
損害保険の注目度が上がっており、それに伴い、私たち
鑑定人の役割もより重要なものとなっています。

●当社の特徴は?
当社では、鑑定技術を日々着実に高めることを
基本に、お客様のニーズの変化に対応できる
高次元のプロ集団であり続けるため取り組みを
続けております。
また、業界では老舗と言える八十余年の歴史と実績を
誇りに、地元九州に限らず、関東・東北といった
国内拠点をさらに充実させることにも注力しております。

●キャリアイメージは?
登竜門の三級鑑定人の資格取得を皮切りに経験を重ね、
昇級や各種専門鑑定人へのステップアップを目指しています。
しっかりと時間をかけ、着実に鑑定のプロフェッショナルへ
成長していただくバックアップ体制が整っています。

●どんな人が向いている?
学ぶ事がたくさんある一方、文理は問いません。
大切なのは一生の仕事として学ぶ意欲と、
お客さまを思う気持ち。
思わぬ災害や事故に遭われたお客さまのところに
いち早く駆け付け、時にはその不安に寄り添うことで
それを少しでも希望に変える。
その心を忘れず、魂を込めた仕事をしたいという方に
ぜひお会いしたいと思っております!

【SDGsへの取り組み】
当社は、SDGsに賛同し、その実現に向けて事業を展開して
いくことが重要だと考えます。
現在、その17の目標のうち、下記の目標について達成しており
その理念の通り、「持続可能な開発目標」を通じて「社会課題の
解決」に寄与できるよう、引き続き取り組んで参ります。
(目標4)
「質の高い教育をみんなに」においては、私たちの世界を引き継ぐ
次の世代を担う方々に、のびのびと学んで頂くためのお手伝いを
させて頂いております。
(目標12)
「つくる責任 つかう責任」においては、プライバシーマークを
2008年に取得・継続しており、個人情報を多く扱う会社として
安心が皆様に見えるかたちで取り組んでおります。

会社データ

プロフィール

1933年の設立以来、当社は損害鑑定の専門家として、
数多くの保険会社から信頼を集めてきました。

「損害保険登録鑑定人」が全国でも
約1,000人ほどしか稼働していない現在、
業界で3本の指に入る所属鑑定人を抱える当社には、
国内の損害保険会社をはじめ、外資の保険会社からも
毎日多くの依頼が舞い込んでいます。

テレビなどで広告を流すような派手な業界ではありませんが、
損害保険業界にとって、なくてはならない仕事と言っても
過言ではないでしょう。

近年、多くの災害が発生してしまっている状況の中で、
社会から求められるニーズに応えることができる鑑定人に
育っていただくため、参考書の支給や受験料の負担をはじめ、
試験合格まで導くフォローなどの資格取得サポートから、
合格後に行う基礎の研修まで、一人前の鑑定人になるまで
学んでいただける環境が当社にはあります。

また、ITなど日々進化する新しい技術を鑑定業務に活かす
視点を持つなど、シンボルマークにデザインされた「邁進」
する姿勢を持ち続けることで伝統と進化の社風を培っています。

鑑定人として、
思わぬ災害などで不安な日々を過ごす方々を
サポートする仕事に挑戦しませんか?

事業内容
私たちの業務には、次の3本の柱があります。

●損害鑑定/
火災保険・新種保険・自動車保険等の保険事故による保険目的物件の損害鑑定
●評価鑑定/
火災保険契約締結に際し保険目的の適正価額の評価鑑定
●建物設計監理/
建物の調査診断(一級建築士事務所登録済)

  ■損害鑑定とは…
    火災によって住宅が焼失してしまった。
    台風によって建物が破損した。
    地震によって工場が倒壊した…
    などの突然の災害による被害や、
    交通事故などの賠償事故の際に、
    「金額にしてどのくらいの被害であるか」を適正に鑑定し、
    保険金の支払額のアドバイスを行うことです。

  ■評価鑑定とは…
    保険契約の対象となる建物や設備、機器が
    「どのくらいの価値を持っているか」
    を適正に評価し、適切な保険金額の設定の
    アドバイスを行うことです。
    ホテルや映画館、病院や学校などの教育施設をはじめ、
    音楽イベントやスポーツが行われる施設、
    航空機が発着する空港など、大きなビル・工場などの
    特殊な物件について行われるケースが多くあります。

建物などの不動産だけでなく、食品業界やアパレル業界、
化粧品業界、ゲーム業界や玩具業界などで扱われる商品を
はじめとする動産にも保険がかけられていることが多いので、
意外と身近な存在である、と言えるかもしれません。

また、鑑定業務の多くは、鑑定書を作成し提出することで
完結しますが、鑑定書の作成には、鑑定人としての”眼”に加え、
事務処理のスキルも必要となってきます。

保険会社と被保険者(契約者)の双方において、
中立の立場を貫き、適正な損害の額を鑑定するプロフェッショナル。

それが損害鑑定人です。

すべての案件にふたつとして同じものはなく、
ひとつひとつの案件を通して得た経験と知識、
かかわる全ての人たちとのコミュニケーションなどの
全てから蓄積された、鑑定人としてのノウハウによって
中立・公正な額を算出する役割を担っています。
本社郵便番号 812-0025
本社所在地 福岡市博多区店屋町2-33
本社電話番号 092-283-7384
資本金 1億円
従業員 73名
売上高 11億3,000万円(2019年6月度)
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 1名 0名 1名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 1名 0名 1名

採用データ

問い合わせ先

採用担当:大久保
電話番号:092-283-7384
メールアドレス:ookubo@takamotokantei.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp235091/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)高本損害鑑定事務所と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)高本損害鑑定事務所を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ