最終更新日:2020/5/1

  • 正社員
  • 既卒可

サンデン・リテールシステム(株)

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 機械
  • 半導体・電子・電気機器
  • その他電気・電子関連
  • 設備工事

基本情報

本社
群馬県、東京都
PHOTO

マメで細かい人、向いていますよ

T. N.
2018年入社
26歳
群馬大学大学院
理工学府 修了
開発本部 製品開発部 製品開発3課

現在の仕事内容

私は、コーヒーマシンのソフト開発を担当しています。
入社当時はソフト開発を担当すると聞いて、プログラミングばかりやることになるのかなと思っていましたが、実際にはそれだけではありません。自分たちで作ったプログラムが仕様通りに動くかどうか評価をすることも私たちの仕事です。入社して日の浅いうちは、そのような評価をすることの方が多いです。
評価とはどのようなことをするかというと、例えばメニューボタンを押したときに、押したボタンに割り当てられている通りの飲料が出てくるか、その量が適切であるかを確認したり、表示灯が仕様通りに点いているかを見たりします。つまり、この仕事は「バグ探し」をすることなので、マメで細かい人や疑り深い性格の人に向いていると思います。


今の仕事のやりがい

一番やりがいを感じるのは、コンビニエンスストアなどの市場で実際にコーヒーマシンが動いているのを見た時です。お店によっては、入店してすぐ目の前のカウンターに設置されていることもあり、自分たちの作った機械で淹れるコーヒーを看板商品として置いていただいているということは、大変うれしく思います。またそれは、自分の仕事に対する責任感を自覚する瞬間でもあります。
また、仕事を覚え始めて自由に作業を進められるようになった時や、少しレベルの高い仕事を任されたときなどに、仕事の楽しさを感じます。自分の考察が当たっていた時や新しい知識を学んだ時は、やっぱり気持ちがいいし、やりがいや楽しさを感じます。


この会社に決めた理由

私は人々の役に立てる仕事をしたいと考えていました。そこで、サンデン・リテールシステムでは自動販売機やショーケースなどの生活に欠かせない製品を作っているので、この会社に入社すれば、多くの人に自分が作った製品に触れてもらうことができると思いました。また、自分自身が利用する立場になることも多く、自分の仕事が世の中の生活の一部になっていることを実感しやすいと思ったからです。
群馬県に拠点を置いている企業なので、自宅から通勤できるというのも大きな理由です。


オフの過ごし方

土曜日は買い物に出かけたり、友人と会って外食に行ったりします。日曜日は体を休めるために家で過ごすことが多いです。どちらの曜日も趣味に充てる時間が多いです。


職場の雰囲気

私の職場の雰囲気を一言で表現しようとすれば、「報連相がしやすい雰囲気」だと思います。職場の人たちは気さくな人が多く、話しかけやすい雰囲気です。仕事をしていて分からないことがあって相談した時は、いつでも丁寧に教えていただいています。また、他の部門の人とのやり取りがあった後に、そのやり取りの内容を上司に報告すると、「報告ありがとう。」と言っていただけます。そのような一言も報連相がしやすい雰囲気を作り出しているのだと思います。
しかし、がやがやしていたりうるさいということではありません。基本的には皆、集中して自分の仕事をしています。集中したいときに集中できる環境でもあります。


ページTOPへ