最終更新日:2019/8/2

三和ボーリング(株)

  • 建設コンサルタント
  • 建設
  • 専門コンサルティング
  • その他メーカー
本社
富山県
資本金
2,000万円
売上高
7億4500万円(2017年3月度実績)
従業員
47人(2019年4月1現在)
  • 業種 建設コンサルタント、建設、専門コンサルティング、その他メーカー
  • 本社 富山県
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 7億4500万円(2017年3月度実績)
  • 従業員 47人(2019年4月1現在)

『自然と向き合い、SOZOする』地質・地すべりの調査や解析を通じて地域に貢献する技術者集団です!

会社紹介記事

PHOTO
地すべりの現場写真です。当社ではこのような自然の驚異を土木工学の理論で防ぐ、人々の生活に関わる大切な仕事をしています。
PHOTO
地質調査部のメンバーです!当社は年代関係無く、チームワークを大切にしています。若い年代でも第一線で活躍しています!

変化を好み、常に前向きに挑戦を続ける技術者集団でありたい

PHOTO

~ボーリング調査中~地中は未知の世界です。どのように掘り進めていくか…。未経験でも先輩に教わりながらしっかりと身に着けられます。

当社が目指すのは、特殊な専門領域で ”際立つ” ことです。


もし家を建てるとなったら・・・
この先何十年もその場所で暮らしていくことを考えると家だけでなくその土地が安全かどうかも重要になってきますよね。
当社では、そういった土地の調査や、地盤改良、さらには地すべり調査や対策工事、トンネル工事調査といった規模のものまで扱っています。

土地調査では、現場でサンプルを採集して持ち帰り土質等を調べるのですが、そのデータは今後の設計や施工において重要なものとなるため、目的に沿った高品質の地盤情報を提供できるよう心掛けています。そのため様々な知識や技術が必要となりますので、地球科学や火山学などの学術的な知識を持つ技術者の育成を目指し、勉強できる環境を整えています。

またボーリング調査となると、現場は地中という目に見えない所になります。そのため直接見て学ぶということが難しく、オペレーターが育ちにくいという現状がありますが、当社ではボーリング削孔実験所を常設し、訓練カリキュラムを組んで技能力の向上や資格取得を目指す環境を整えていますので、未経験者でも先輩に教わりながら安心して成長できます。また地層に合った削孔方法やツールスを体系的に整理してマニュアル化を図っています。


私たちが扱う「地面の中」や「構造物の中」は“見えない世界”。そして日本の地盤はとても複雑かつ多様で、地質に関わる自然災害が多い国です。だからこそ、これまでの経験と研究に裏付けられた想像力と創造力が仕事の質に表れると考えています。

私たちはこれからも、地質・地すべり調査や解析、各種工事、環境調査、住宅地盤事業等を通じて、地域に貢献できる企業でありつづけたいと考えています。

会社データ

事業内容

PHOTO

当社は地質・地すべりの調査や解析、各種工事、環境調査、宅地地盤改良事業等を通じて、地域に貢献できる企業でありつづけたいと考えています。

■地質調査、物理探査、土質試験、岩石試験

■斜面防災対策調査・解析・設計、軟弱地盤技術解析

■斜面防災対策工事(杭工、アンカー工、ロックボルト工、法面工ほか)

■落石・崩落土砂・雪崩対策工事

■住宅地盤調査、住宅地盤保証、地盤改良工事

■土木構造物 防水・保護・補修、橋梁補修工事

■土壌汚染調査・対策設計・対策工事
本社郵便番号 939-8072
本社所在地 富山県富山市堀川町464番地の2
本社電話番号 076-424-2617
創業 1967年5月4日
設立 1967年5月4日
資本金 2,000万円
従業員 47人(2019年4月1現在)
売上高 7億4500万円(2017年3月度実績)
事業所 【本社】
〒939-8072
富山県富山市堀川町464番地の2
tel:076-424-2617 fax:076-424-2749

【金沢営業所】
〒920-0364
石川県金沢市松島2丁目45番地
tel:076-256-2515 fax:076-256-2516

【東京営業所】
〒102-0081
東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル3階
tel:03-6261-7235 fax:03-6261-7236
建設業許可 とび・土工工事業 富山県知事(特-29)第1350号
土木工事業 富山県知事(般-29)第1350号
さく井工事業 富山県知事(般-29)第1350号
塗装工事業 富山県知事(般-29)第1350号
登録 建設コンサルタント登録(建30第6199号) 地質部門
地質調査業登録(質29第380号)
測量業登録(4)-28844号
環境省:土壌汚染指定調査機関(指定番号2003-4-1007)
関連会社 (有)ワンライフ土質試験所
ISO認証 適用規格:JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)
登録番号:JUSE-RA-695
審査機関:一般財団法人 日本科学技術連盟
所属学会 地盤工学会、地すべり学会
所属団体 全国地質調査業協会連合会、北陸地質調査業協会、富山県地質調査業協会、斜面防災対策技術協会富山支部、ハイパワーフェンス工法研究会、ビーズリンガーネット工法研究会、補強土植生のり枠工協会、レジテクト工業会
技術者 技術士:3名 技術士補:4名
RCCM:1名 地質調査技士:13名
一級土木施工管理士:12名 二級土木施工管理士:6名
地すべり防止工事士:10名 グラウンドアンカー施工士:1名
さくい技能士:2名 測量士:2名
地盤品質判定士:2名 住宅地盤主任技士:3名
平均年齢 44歳(2019年4月1現在)
平均勤続年数 8年(2019年4月1現在)
沿革
  • 昭和42年
    • 5月4日 株式会社として三和ボーリングを設立
      建設業として登録(のちの許可)
  • 昭和52年
    • 現在地(富山市堀川町)に移転
  • 昭和63年
    • 砂田卓也が代表取締役社長に就任
  • 平成元年
    • ロータリーパーカッションドリルを導入、グラウンドアンカーの施工をスタート
  • 平成3年
    • 富山市月岡に第2倉庫を建築
  • 平成5年
    • ダウンザホールハンマーを購入し、大口径ボーリングを強化
  • 平成7年
    • 本社社屋を増築
  • 平成10年
    • 建設コンサルタント登録
  • 平成11年
    • 法面工事(緑化吹付工)に参入
  • 平成14年
    • ISO9001の認証を取得
  • 平成15年
    • 土壌汚染指定調査機関登録
      測量業登録
  • 平成17年
    • 落石・雪崩防護柵の施工に着手
  • 平成20年
    • 住宅地盤調査・改良工事に参入
  • 平成24年
    • ジャパンホームシールドのFCに加盟し、住宅地盤保証をスタート
  • 平成25年
    •  9月 大高建設とグループ化
      12月 湯川雅昭が代表取締役社長に就任
  • 平成27年
    • レジテクト工業会に加盟し、土木構造物の保護・補修事業に参入
  • 平成28年
    • RPD-100NKS(オリジナル機)導入
      RPD-160C(オリジナル機)導入
  • 平成29年
    • 中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定
      千代田区四番町に東京営業所を開設
  • 平成31年
    • 富山市大沢野にテクニカルセンター北陸を開設(予定)
平均勤続勤務年数 8年1カ月(2019年4月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三和ボーリング(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
三和ボーリング(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ