最終更新日:2020/4/8

  • 正社員
  • 既卒可

東洋検査工業(株)

業種

  • サービス(その他)
  • 専門コンサルティング
  • 建設
  • プラント・エンジニアリング
  • 建築設計

基本情報

本社
和歌山県
資本金
4,000万円
売上高
16億1,300万円(2019年6月)
社員数
172名
募集人数
6~10名
  • 業種 サービス(その他)、専門コンサルティング、建設、プラント・エンジニアリング、建築設計
  • 本社 和歌山県
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 16億1,300万円(2019年6月)
  • 社員数 172名
  • 募集人数 6~10名

非破壊検査とインフラ調査で社会の安心と安全を守る会社です!【新型コロナウイルスへの対応は伝言板をご確認ください】

未経験者……でも、大丈夫!! (2020/04/08更新)

PHOTO

~新型コロナウイルス感染拡大に対する当社の対応について~
政府から「緊急事態宣言」が発令されました。
当社は、大阪府堺市に大阪支店があります。
また、本社のある和歌山市や鹿島営業所のある茨城県神栖市も、それぞれ緊急事態宣言の対象地域である大阪府や千葉県に接しております。
そのため、対象地域から、または対象地域を通過しての来社となることが多く、新型コロナウイルス感染のリスクという観点から、4月中の会社説明会やインターンシップの開催を中止いたします。


~採用担当者より~
大学等において、非破壊検査やインフラ調査に関し授業で取り扱っているところは非常に少ないため、最初は全員が未経験者ですので、未経験者でもまったく問題ありません。
非破壊検査やインフラ調査に興味がありましたら、ぜひ一度、会社説明会にお越しください。

会社紹介記事

PHOTO
2020年2月に移転したばかりの本社はキレイで快適! 各営業所には研修室を備えており、「非破壊試験技術者」などの資格取得に向けて自習できる環境も整っています。
PHOTO
毎年新卒採用を行い、積み重ねた技術を継承。20代の若手技術者が多数活躍しているので、わからないことがあれば年齢の近い先輩がいつでも気軽に相談に乗りますよ!

社会の安心・安全を守る仕事で貢献!成長市場で力を発揮しませんか

PHOTO

「現場での検査・調査は単独またはグループでの活動が多く、安全に作業を行うことが必須。だからこそ沈着な判断力、協調性、積極性のある方を求めています」(森本社長)

【非破壊検査×インフラ調査の複合検査・調査が強み】
非破壊検査とは、ものを壊さず表面や内部の状態、劣化の状況を調べる技術のこと。当社は従来より、鋼構造物やタンク・配管、プラントなどを検査する「非破壊検査」と、トンネルや橋梁、コンクリート構造物などを調査する「インフラ調査」の両方を手掛ける複合検査・調査を強みとする総合検査会社として成長してきました。非破壊検査に携わる企業は全国に大小合わせて200社以上あると言われていますが、当社のように1社で複合検査・調査を実施できる企業はごくわずか。ワンストップでお客様のニーズに応えられるのも東洋検査工業の特長です。

【プラントはもちろん、意外と身近なテーマパークでも活躍中】
和歌山・大阪・茨城に事業所を展開する当社ですが、「インフラ調査」では拠点に縛られず日本全国津々浦々をフィールドに活躍できるのが魅力です。一方、「非破壊検査」では多彩な施設で活躍できるのがポイント。例えば、日本を代表する鉄鋼メーカーの製鉄所や総合化学メーカーのプラント、国内トップクラスの規模を誇る製油所から、学生のみなさんにも身近な人気テーマパークの大型遊具まで、幅広い施設で当社の技術が生かされています。

【非破壊検査、インフラ調査のニーズは今後ますます増大】
非破壊検査の実施は各種法令で定められ、危険物の規制に関する規則や道路法施行規則の改正などにより、非破壊検査・インフラ調査のニーズは年々増加しています。検査・調査の対象物が増えることに伴い、当社に寄せられるオファーも増加。つまり、技術者の活躍の場もどんどん広がっているのが現状です。

そんな将来性ある市場で一から知識や技術を学び、世の中の安心・安全を守る仕事で力を発揮しませんか。かかわった仕事が形に残り、目に見えるからこそやりがいは抜群。オフィスでのデスクワークとは違い、屋外で常に新たな課題と向き合い、改善を図る毎日は変化に富んでいます。日本全国、グローバルでも活躍できる環境はとても面白いですよ!
(代表取締役社長/森本 量也)

会社データ

プロフィール

当社は、非破壊検査・インフラ調査・プラント検査の手法を有効に組み合わせた複合検査・調査を得意とする総合検査会社です。21世紀社会が求める安心と安全を守るために和歌山・大阪・鹿島を拠点とし、最新の機器と技術、ISO9001の品質管理システムをベースに、検査機関として信頼される技術サービスを提供しております。

事業内容

PHOTO

“もの”を壊さずに、表面や内部の状態を調べる非破壊検査やインフラ調査を行う総合検査会社です。

・鋼構造物の非破壊検査(放射線,超音波,磁気,浸透,目視 他)
・コンクリート構造物調査、トンネル調査、橋梁点検調査、地下埋設物レーダ調査、地盤調査、地質ボーリング、漏水調査、測量
・タンク・プラントの保安検査
本社郵便番号 640-8306
本社所在地 和歌山市出島31-5
本社電話番号 073-471-1311
創業 1972(昭和47)年11月
設立 1973(昭和48)年7月
資本金 4,000万円
社員数 172名
売上高 16億1,300万円(2019年6月)
事業所 本社 : 和歌山市出島31-5
大阪支店 : 大阪府堺市西区浜寺石津町西4-7-7
和歌山営業所/技術ソリューション部 : 和歌山市出島34-21
インフラ技術センター : 和歌山市岩橋564-1
鹿島営業所 : 茨城県神栖市深芝2839-58
沿革
  • 1972年11月
    • 株式会社 湊組の業務部検査班として、溶接鋼管製造ラインでの非破壊検査業務を開始
  • 1973年7月
    • 株式会社 湊組から非破壊検査業務を継承し「東洋検査工業株式会社」を和歌山市にて設立。同時に和歌山営業所を開設。
  • 1974年11月
    • 茨城県鹿島郡神栖町(現 茨城県神栖市)に鹿島営業所を開設
  • 1977年4月
    • 大阪府堺市に大阪営業所を開設
  • 1985年7月
    • グループ会社「東洋ビイック地下探査株式会社」を堺市にて設立
  • 1985年10月
    • (社)日本溶接協会「溶接構造物非破壊検査事業者」認定取得
  • 1996年7月
    • グループ会社の東洋ビイック株式会社を調査技術部(現 インフラ技術センター)として吸収合併
  • 1998年8月
    • 「ISO9002」の認証取得
  • 2004年4月
    • 「ISO9001」の認証取得
  • 2005年4月
    • 保全環境部(現 技術ソリューション部)を新設
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 14.4年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 20時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 6.3日

採用データ

先輩情報

鉄の検査屋さん
N.Tatsuya
2012年入社
30歳
神戸国際大学
経済学部 経済経営学科 卒業
和歌山営業所
非破壊検査
PHOTO

問い合わせ先

〒640-8306 
和歌山市出島31-5
東洋検査工業株式会社 総務部
TEL 073-471-1311(担当 島)
URL http://www.toyo-kensa.co.jp/
マイナビに掲載しきれていない当社の情報が盛りだくさんです。
ぜひ一度ご訪問ください。
交通機関 JR和歌山線 田井ノ瀬駅から徒歩約15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp239547/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

東洋検査工業(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

東洋検査工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ