最終更新日:2019/9/7

(株)マツザワ

業種

  • 精密機器
  • その他メーカー

基本情報

本社
秋田県
資本金
4,000 万円
売上高
4億円 (2018年度)
従業員
21 人
  • 業種 精密機器、その他メーカー
  • 本社 秋田県
  • 資本金 4,000 万円
  • 売上高 4億円 (2018年度)
  • 従業員 21 人

世界の産業界を縁の下で支える硬さ試験機の総合メーカー。「技術力のマツザワ」という有難い評価を得ており、革新的な新製品等ユニークなモノづくりを行っています!

会社紹介記事

PHOTO
秋田空港の近く、河辺地区の高台のアジサイロードに面して本社工場を構えています。自然に囲まれた工業団地にあります、、、クマ注意!? お越しの際は自動車推奨です。
PHOTO
20代の先輩社員や女性社員も多く在籍し、みんなで協力していい機械を作っています。「分からないことはどんどん聞いてね!」(女性社員率25 %) カフェスペース完備!

出荷検査に不可欠な高品質・高精度な硬さ試験機を、秋田から世界へ!

PHOTO

自社開発機を立上げ25年、メカやソフトウェア、電子デバイスを開発し、オンリーワンに拘ってます。我々と共に自慢の試験機を作りましょう! (代表取締役社長 安保 徹)

[人事担当より]

 先ずは簡単な自己紹介をさせていただきます。私は20代の頃、大手自動車メーカーで生産方法開発を行っていました。右も左も分からないまま直ぐに実績を求められたためノルマなどに追われ、それでも必死に食らいつき成長し乗り越え、仕事の成果物として多くの特許を取得していました。これは私だけの努力では無く、上司や先輩をはじめ、関係業者の皆さんの信頼や協力が最重要でした。今でも有難く思っています。
 そんな折、2つの気づきがありました。1つは、実際にものづくりを行っているのは自分ではないということ。つまり産業発展を実働として担っているのは業務を依頼していた中小企業の皆さんでした。もう1つは当時の業務範囲の狭さで、自由が少ないと感じました。中小企業は従業員が少ないことで一人一人に任せられる業務内容が多岐に渡り、それらを苦しみながらイキイキと行っているのです。例えば、製品開発を行いながら営業、企画を担当しながら社内システム開発、などです。私は皆さんのパワーと自由さに惹かれていました。それで転職を決心し紆余曲折あり今に至ります。

 当社では、初めは設計のみで次第に製品開発も担い、2年が経つ頃には品質管理や業務改善、中途採用の面接官など多種多様な業務を主導していました。今では更に仕事の幅が増えています。正に願っていたように、自分のアイデアを存分に生かし披露する自由な機会をたくさん得ることができています。今ではこの小さなメーカーに転職して良かったと思います。

 当社は試験機というニッチな製品の専業メーカーで、市場規模はそれほど大きくありません。なので地元に絞って顧客を確保する事業形態は成立せず、秋田にありながら顧客層は全国、全世界に及びます。そのため新規社員が困難に直面する機会は他の地元企業より多くなると思いますが、裏を返せば成長機会に恵まれているということになります。私の例のように、社内風土は若いアイデアに対して寛容です。更に今では私が先頭に立って新しいアイデアを全力サポートします。

専務取締役 竹田 政貴

会社データ

事業内容

PHOTO

新製品の電動型硬さ試験機、Ria とVia。従来機に比べて多機能・高性能・省スペースで、見た目のクールさも際立っています。

[概要]

硬さ試験機に関する総合的な業務(以下参照)
 ・開発、設計
 ・製造
 ・販売
 ・改造
 ・メンテナンス(修理、校正)
 ・特別仕様品の設計・プレゼン・製造販売・メンテナンス

[市場]------------------

 「硬さ試験機」という製品は、引張試験機や曲げ試験機などと同じ材料試験機業界に属する製品で、主に金属製品の出荷検査に用いられています。

 材料試験機と言われてもあまりピンとこないかと思いますが、自動車、鉄道、ビルなど金属を用いた製品は世の中のありとあらゆる場面にあり、それらに用いられている金属材料の出荷検査の良否を検査するのが、材料試験機と呼ばれる商品群になります。つまり、産業界を下支えしている重要な機械で、皆さんの生活を支えている機械の一つだといっても過言ではありません。

[顧客]------------------

 金属製品の材料を取り扱っている鉄鋼メーカーが主要な取引先となりますが、それ以外にも金属材料を加工する部品製造業者、焼入れや表面処理などを行う業者など、大小を問わず様々な顧客が全国に存在します。また、そのような産業は日本国外にも当然ありますので、例えばアメリカ、フランス、メキシコ、インド、台湾など、当社の試験機ユーザーは全世界にいます。海外にも硬さ試験機メーカーは幾つか存在しますが、その中でも日本のメーカーは技術力と信頼性で評価を得ています。

[ものづくり精神]-------------

 当社は2019年時点で、硬さ試験機業界のリーディングカンパニーではありません。しかし最先端の電動型試験機の開発や、ユーザ要望に答えた特注「硬さ試験設備」の国内トップシェアを誇り、業界内では「技術力のマツザワ」として有難い認識をいただいております。

 2016年には当社新製品の電動型ロックウェル硬さ試験機Riaが、日本ものづくり大賞-東北経済産業局長賞を受賞いたしました。

 このように弊社のものづくり精神は他者から認められるものであり、企業の戦略や方針を決定する基礎として、最も大事にしている指針であります。新しい価値を生み出す柔らかい発想と、精密なものを作り上げる地道な努力と拘り、この両輪で邁進していきます。
本社郵便番号 019-2611
本社所在地 秋田県秋田市河辺戸島字七曲台120-19
本社電話番号 018-882-4580
創業 1995 年
資本金 4,000 万円
従業員 21 人
売上高 4億円 (2018年度)
主な取引先 [鉄鋼]
 ・日本製鉄グループ
 ・JFEスチールグループ
 ・(株)コベルコ科研
 ・日立金属(株)
 ・大同特殊鋼(株)

[二輪・四輪自動車]
 ・トヨタ自動車グループ
 ・本田技研工業グループ
 ・日産自動車(株)
 ・マツダ(株)
 ・ダイハツ工業(株)
 ・富士重工(株)
 ・現代モータ―

[自動車パーツ]
 ・ボッシュ(株)
 ・アイシングループ
 ・(株)ジェイテクト
 ・(株)豊田中央研究所
 ・豊田自動織機(株)
 ・トヨタ紡織(株)
 ・旭硝子(株)

[電気機器]
 ・(株)日立製作所
 ・パナソニック(株)
 ・三菱重工業(株)
 ・キヤノン(株)
 ・京セラ(株)
 ・日本電産グループ
 ・サムスン

その他、国立研究機関や大学、各都道府県の公設研究機関など

上記以外にも、部品加工業や熱処理業など、産業に関わる多くの企業への納入実績あり。
平均年齢 38.8 歳
平均給与 360 万円
年間休日 124 日 (2019年度実績)

・土、日、祝日 ※稀に土曜出勤あり
・GW休暇  10日間
・夏季休暇  9日間
・冬期休暇  9日間

秋田県内企業と比べて、休日数が多いのが特徴です。
オン/オフをしっかり区別したい若い世代の皆さんに好評いただいています。
勤務時間 8:30 ~ 17:15

※10時、12時、15時に休憩時間あり

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)マツザワ と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ