最終更新日:2019/11/3

エフティテクノ(株)【アイシングループ】

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 機械設計
  • 輸送用機器
  • 金属製品
  • 非鉄金属

基本情報

本社
愛知県
資本金
2,350万円
売上高
113億円(2019年3月期)
従業員
820名(2019年10月1日現在)
  • 業種 自動車・自動車部品、機械設計、輸送用機器、金属製品、非鉄金属
  • 本社 愛知県
  • 資本金 2,350万円
  • 売上高 113億円(2019年3月期)
  • 従業員 820名(2019年10月1日現在)

「いいクルマ作りに貢献する」試験評価のスペシャリストを目指せ!

会社紹介記事

PHOTO
エフティテクノは、1999年の設立以来、全国各拠点にて、様々な開発車両や開発車両部品の試験評価を行っています。写真は愛知県安城市にある技術センター。
PHOTO
「これからのクルマづくりに貢献していくのは私たちです!」と意気込む若手社員たち。日々、進化していく自動車業界を最前線で感じられる仕事です。

私たちの仕事に必要なのは、クルマへの興味と、品質・安全性への探究心!

PHOTO

2014年入社の植村知幸さん(写真左)2018年入社の彦坂彩菜さん(写真右)活躍中の若手社員二人に、その仕事ぶりを語ってもらいました。

【エフティテクノを選んだ理由】
植村:大学入学時より、学生フォーミュラ研究会に所属しており、スポンサーとしてエフティテクノの社員がサポートに入ってくれていました。そこで実際に、部品の測定を行っている姿を目の当たりにしたことをきっかけに、試験評価という仕事に魅力を感じたことがきっかけです。
彦坂:もともと車の運転が好きで、自動車業界で働きたいと思っていました。その中でエフティテクノでは、開発段階の車両にも携われるチャンスがあることが入社の決め手に!また、長期的な働き方を考えた際に、産休育休といった福利厚生制度が整っている点も理由の一つでした。

【入社からのステップアップ】
彦坂:車の構造については知識ゼロからのスタートでしたが、新人研修に加えて配属先で直接、一からしっかりと指導を受けました。部品名はもちろんのこと、工具の名前から使い方まで先輩社員について学んでいくので、安心して仕事を覚えることができています。
植村:私は、AVS(制御サスペンション)の設計、開発、車両適合業務や、AMT(オートマチックマニュアルトランスミッション)の試験評価などの経験を積んできました。現在は、電動コラム、エアサス用コンプレッサーのベンチ試験や性能評価など幅広い仕事を任せてもらっています。難しそうな業務に思われるかもしれませんが、チームで協力したり、様々な現場をみたりすることで自身の技術力を高めています。

【やりがい】
植村:特に高級車に多く採用されているシステムや部品を担当しているため、適合や評価も複雑です。万一のクレームやリコールに繋がらないよう、責任は重大ですが、その分やりがいも大きいです。
彦坂:自身が苦労して試験した製品が車に搭載される喜びはひとしおです。そしてその車が市販されて、街中で走行している姿を見て、私の仕事が世の中の安全に貢献できていると感じられるのもこの仕事の醍醐味です。

【社風】
彦坂:難しい内容もまだまだありますが、何でも質問しやすい雰囲気で、コミュニケーションが盛んな職場です。積極的に聞くことで知識も増え、新たな仕事にどんどん取り組んでいけます。
植村:得意先の方々含め、車好きが多く、人との関わりも楽しめる環境です。試験評価専門会社の社員としてのプロ意識を高く持ち、より良い成果を出すべく、日々試行錯誤しています。

会社データ

事業内容
■車両試験評価業務
発売前のクルマを悪路で徹底的に走らせ、耐久性を分析しています。世界各国で発売されたクルマはその国独特の道を走ることになるので、路面を選ばない快適な走行性能が求められます。そのため、開発段階から石畳路・砂利路・波状路・深水路、他7種類の道路を走行し、多くの試験を重ねてデータを分析し評価します。
・車両総合評価
・車両耐久試験
・車両性能評価
・車両運転教育

■賃貸業務
開発されたクルマが世界各地で使われることを想定し、それぞれの環境に対応できる高い性能を実現するため、気温などを想定した環境試験設備を用意しています。当社は低温室、高温室という特殊な試験室を始め、室内で衝突シュミレーションができるスレッド試験機や電波暗室、テストコースを有しており、それらの設備の貸し出しも行っています。
・試験車両・特殊車両
・計測器
・電波暗室・スレッド試験機
・テストコース
・低高温室

■設備維持管理業務
自動車業界の技術は日々進化するので、安全を保証する厳しく的確な試験を行うためには、試験設備や検証方法も進化しなければなりません。そのため、私たちはテストコースや試験設備を随時見直し、再設計・施工を行っています。
・テストコース・評価設備
・付帯設備(宿泊施設含む)
本社郵便番号 470-0424
本社所在地 愛知県豊田市御作町坂下918-11
本社電話番号 0565-75-1441
設立 1999年9月1日
資本金 2,350万円
従業員 820名(2019年10月1日現在)
売上高 113億円(2019年3月期)
事業所 [ 本社・藤岡事業所 ]
〒470-0424 愛知県豊田市御作町坂下918番地11
TEL/0565-75-1441 

[ 豊頃事業所 ]
〒089-5308 北海道中川郡豊頃町湧洞1378番地2
TEL/015-574-4000 

[ 刈谷事業所 ]
〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地
TEL/0566-24-9315 

[ 安城技術センター ]
〒446-0057 愛知県安城市三河安城東町2丁目6番地2
TEL/0566-71-3030 
株主構成 アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュ
主な取引先 [ 自動車関連 ]

アイシン精機
アイシン・エィ・ダブリュ
旭硝子
アドヴィックス
いすゞ中央研究所
オムロンオートモーティブエレクトロニクス
シロキ工業
ジェイテクト
スズキ
住友ゴム工業
住友電気工業
住友電装
ソニーイーエムシーエス
ダイハツ工業
デンソー
東海理化
トヨタ自動車
トヨタコネクティッド
トヨタ車体
豊田自動織機
豊田中央研究所
トヨタテクニカルディベロップメント
トヨタ紡織
トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント
日産自動車
日本自動車研究所
パナソニック
日立オートモーティブシステムズ
日野自動車
フォルクスワーゲングループジャパン
プライムアースEVエナジー
ブリヂストン
マツダ
三菱自動車工業
村田製作所
ヤマハ発動機
レカロ
AZAPA
BMW
NEC
SUBARU

[ その他産業 ]
岩谷産業
大阪ガス
東京電力ホールディングス
東邦ガス
名古屋大学
日本車輌製造
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 21時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 15.7日

先輩情報

世界一の評価スペシャリストを目指しています!
鈴木 健太
2018年入社
日本大学
理工学部 物理学科
第2パワートレーン実験部
どんな環境にも対応しているか調べています!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

エフティテクノ(株)【アイシングループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
エフティテクノ(株)【アイシングループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ