最終更新日:2020/12/16

  • 正社員
  • 既卒可

公益財団法人埼玉県学校給食会

業種

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • 財団・社団・その他団体
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
埼玉県
資本金
4億3,484万3,000円
売上高
117億円(2019年3月)
従業員
40名
募集人数
若干名
  • 業種 公益・特殊・独立行政法人、財団・社団・その他団体、給食・デリカ・フードビジネス
  • 本社 埼玉県
  • 資本金 4億3,484万3,000円
  • 売上高 117億円(2019年3月)
  • 従業員 40名
  • 募集人数 若干名

おいしさと やさしさと あんぜんを

採用担当者からの伝言板 (2020/12/16更新)

こんにちは。採用担当の鷲谷(わしや)です。 

令和3年4月採用の二次募集を開始しました。
本会は、埼玉県から公益認定を受けた公益財団法人で、給与を始めとする労働条件等は埼玉県職員の規程を準用しているため、長期間安定して勤務できる団体です。
 また、職場は埼玉県の北本市にあり、転勤がなく仕事が出来ます。職員はパート職員も含め40名と小規模ですが、家庭的で、風通しの良い職場です。将来を担う子供たちの健康のために仕事をしているとてもやりがいのある職場です。やる気のある、前向きで健康的な協調性のある若者は是非ともご応募ください。
 なお、職場見学を令和2年12月15日(火)から令和3年1月15日(金)まで行いますので、本会担当者までご連絡ください。

会社紹介記事

PHOTO
埼玉県の学校給食を支えている当法人。子供の「おいしい」はここから!
PHOTO
公益財団法人と聞くと硬いイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、職員同士は仲もよく相談しやすい風通しの良い職場になっています。

食を通じて子供の未来に携われる仕事です!

PHOTO

《埼玉県学校給食会に入会した理由》
将来を担う子供たちに学校給食を通して携われることに魅力を感じました!

小学校、中学校と食育に力を入れていた学校だったこともあり、学校給食はとても身近に感じていました。その体験もあり私も食育を通して子供たちに貢献したいと思いました。

《埼玉県学校給食会の仕事って?》
学校や学校給食センターからの食材の受注処理をしています。
業務担当と一緒に学校ごとの特色に合わせてご提案をさせて頂いております。

《仕事のやりがい》
自分の仕事が埼玉県の学校給食を支えていると思うとやりがいを感じます。
子供たちが何を求めているのか常に考え、学校給食を食べた子供たちが喜んでくれることが1番嬉しいです。

《就職活動中の皆様へメッセージ》
大変なことも多いですが、日々成長を感じることのできる職場です。
食育に興味がある方、食べることが好きな方にぜひ来ていただきたいです!

(Nさん/2017年入社) (Kさん/2015年入社)

会社データ

プロフィール

埼玉県学校給食会は、学校教育活動の一環として行われる学校給食の円滑な実施並びにその充実、発展に努めるとともに、学校における食育の推進を支援し、もって児童及び生徒の心身の健全な発達に寄与することを目的とした公益財団法人です。
 埼玉県内の公立小・中・特別支援学校・夜間定時制高校にパン・めん・ご飯等の主食や各種おかず類となる食材を提供しています。
 また、一般細菌検査、理化学検査、衛生管理講習会の実施により食材の安全確保や栄養教諭等を対象とした講習会・研修会や、親子を対象とした体験教室等の開催により、食育推進の支援に努めています。

事業内容
埼玉県内の学校等へ学校給食用食材の主食(パン・めん・ご飯等)及び副食(おかず類)を供給する事業。
栄養教諭等を対象とした調理講習会、研修会などの開催及び学校における食育の推進に関する支援を行っている公益法人です。
本社郵便番号 364-0011
本社所在地 埼玉県北本市朝日2丁目288番地
本社電話番号 048-592-2115
創業 1950年5月
設立 1956年3月29日
資本金 4億3,484万3,000円
従業員 40名
売上高 117億円(2019年3月)
平均勤続年数 11年(2019年度実績)
沿革
  • 昭和25年 5月
    • 埼玉県学校給食会(任意団体)として、 県庁内でスタート
      小学校を対象に学校給食用物資の供給を開始
  • 昭和31年 3月29日
    • 財団法人埼玉県学校給食会として設立
      学校給食用パンと脱脂粉乳の供給を開始
  • 昭和31年 8月16日
    • 文部大臣(当時)から県内唯一の学校給食用物資供給機関に指定
  • 昭和42年 9月 1日
    • 学校給食用ソフトスパゲティ式めんの供給を開始
  • 昭和49年 1月 1日
    • 学校給食用一般物資の取扱を拡大
  • 昭和51年 4月 1日
    • 学校給食用米穀供給業務を開始
  • 昭和57年11月 1日
    • 北本市に移転(仮設事務所)
  • 昭和60年 3月31日
    • 本館、常温・低温・冷凍倉庫が完成
  • 平成10年12月 1日
    • 学校給食用米穀を政府米からすべて県産米に切替えて供給を開始
      これを機に「地産地消」の推進が始まり県産農畜産物を活用した食品の開発を拡大
  • 平成11年 4月 1日
    • 県産小麦を100%使用した学校給食用めん「地粉うどん」の供給を開始
  • 平成11年11月 1日
    • 県産大豆を100%使用した「彩の国なっとう」の供給を開始
  • 平成12年 4月 1日
    • 県産小麦を100%使用した学校給食用パン「さきたまロール」の供給を開始
  • 平成15年 4月 1日
    • 県産小麦を50%と県産米の粉を50%使用した学校給食用パン
      「さきたまライスボール」の供給を開始
  • 平成16年 4月
    • 県産米彩のかがやきを使用した「発芽玄米」の供給を開始
  • 平成17年 4月
    • 発芽玄米の粉20%を使用した「発芽玄米入りパン」「発芽玄米入り蒸し中華めん」の供給を開始
  • 平成18年 4月
    • 狭山茶を使用した「マーブル食パン(抹茶)」の供給を開始
  • 平成18年11月
    • 埼玉県学校給食会設立50周年記念式典並びに食育フェアを開催する
  • 平成19年 4月
    • パン、ソフトめん用小麦粉の県産麦のブレンド比率を30%から50%に変更する。また、脱脂粉乳をオーストラリア・ニュージーランド産から国産(北海道産)に切り替える。
  • 平成22年1月26日
    • ISO22000・2005認証を取得
  • 平成22年7月1日
    • 「学校給食歴史館」を開設
  • 平成24年4月1日
    • 公益目的事業を行うことを主たる目的とする公益財団法人として認定され、「公益財団法人 埼玉県学校給食会」として新たに設立登記
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 11年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 6.3時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 7日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 2名 3名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 0名 1名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2020年
    • 20.0%(5名中1名)

採用データ

問い合わせ先

〒 364-0011
住所 埼玉県北本市朝日2丁目288番地
電話番号 048-592-2115
E-mail s.g.k@saigaku.or.jp
交通機関 高崎線北本駅東口下車、循環バス(15分)ワコーレ北本下車(目の前)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp241975/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
公益財団法人埼玉県学校給食会と業種や本社が同じ企業を探す。

公益財団法人埼玉県学校給食会を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ