最終更新日:2020/9/25

  • 正社員
  • 既卒可

(株)トライエース

業種

  • ゲームソフト
  • ゲーム・玩具・アミューズメント製品
  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • インターネット関連

基本情報

本社
東京都
PHOTO

自然体でいられる環境で仕事をする

A.K
2019年入社
23歳
武蔵野美術大学
造形学部彫刻学科
3Dエンバイラメントモデルユニット(背景)
背景3DCG制作

現在の仕事内容を教えてください

現在進行中のプロジェクトにおいて、背景班は新しいワークフローを構築しようと考えています。そのため、背景制作に役立つプロシージャルツールの習得が現在の主な仕事です。
本番の制作でも活用できるように、近しいテストデータを作成しながら、都度発生した疑問や不具合をひとつづつ解決していきます。一人ではとても難しいですが、先輩方と協力して学んでいっています。
加えて、新しくツールを触る人が始めやすいように、勉強したツールのドキュメント作成もしています。使用するツールは多岐にわたるので、学んだ知識を忘れないように、会社の財産として積み重ねていくことも大事な仕事です。


1日のスケジュールを教えてください

始業時間ごろには、プロジェクトの背景づくりに関わるメンバーと研究開発の方で朝会をしています。昨日やった事柄の報告をして、各人の作業進捗を皆で把握します。また、相談事や問題点もこのタイミングでよく話し合われます。コミュニケーションツールでいつでも連絡を取り合うことはできますが、1日に一回顔を合わせることで、充実したミーティングを行うことができます。
そのあとは自分の担当する仕事をしていきます。途中で躓くことがあっても、付近に背景班の人がいるのですぐ相談ができる環境になっています。
夕方には、メンターの方と今日の作業内容の進捗報告や相談を行います。
日報を書いたら、一日の業務は終了です。1年目ということもありますが、見てもらえたり報告したりする機会が多いので、現状を把握しやすく、安心して仕事をすることができます。


トライエースに決めた理由は何ですか

元々3DCGの仕事がしたいと思っていたので、その分野で力が発揮できそうなところを探していました。中でもトライエースは、就職説明会や面接のときに、社員の方が自然体でいらっしゃったことが強く印象に残っています。
社員さんと接するうちに、就活時には私自身も飾らない状態でお会いすることができました。その上で採用していただけたので、きっと会社の雰囲気に馴染みやすいのではと考えました。
一日の中で、会社で過ごす時間は3分の1以上になりますから、その間、過ごしやすい環境にいられるかというのはかなり重要なことだと思います。実際に、リラックスした状態で仕事ができているので、人柄や雰囲気の合ったところにしてよかったと思います。


サークル・福利厚生について教えてください

部活はいくつか存在していますが、私は造形部とデッサン部に所属しています。
造形部では、終業後にプラモデル、プラバン、アイロンビーズ、人形など各々が作りたいものを作っています。デッサン部では、昼休みの時間を使って人物クロッキーや鉛筆デッサンなどをしています。普段の業務はデジタルですので、こういったアナログに触れる時間をもうけて、技術向上を図っています。
また、希望者は英会話の授業を受けることができます。社内には日本国外からやってきた仲間もいるので、コミュニケーションがたくさん取れるようになりたいと思い、受講しています。
部活や英会話教室は、他プロジェクトの方や違う職種の方と交流することができる場なので、コミュニケーションの輪が広がってとても楽しいです。


学生へのメッセージをお願いします。

就職活動を始めたばかりの頃は、自分の持っているアートの技術をいかに見せていくかに重きを置いていました。
しかし、就活を続けていくうちに、仕事に対する姿勢や、コミュニケーションの取り方がとても重要だということを知りました。自分がどうしたいかを伝えるのも大事ですが、相手がどういったものを求めているのかも考えなければならないということです。
コミュニケーションに関する能力は、どんな肩書であるかに関係なく、生涯を通して必要で、アップデートしていくべき能力です。学生の頃は、「社会人」の肩書になったらどう変わるのだろうと不安に思っていまたが、実際になってみて感じるのは、人として取るべき行動をしっかりと積み重ねていくことが大事だということです。当たり前のことですが、それを続けることが芯の強さにつながると思っています。
就職活動は緊張や失敗で辛く感じることが多いと思いますが、目の前にいる方と向き合うようにして頑張ってみてください。


ページTOPへ