最終更新日:2020/6/24

  • 正社員

栄光テクノ(株)

業種

  • 建設

基本情報

本社
岡山県
資本金
5,000万円
売上高
21億円 (2019年8月実績)
従業員
50名
募集人数
1~5名
  • 業種 建設
  • 本社 岡山県
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 21億円 (2019年8月実績)
  • 従業員 50名
  • 募集人数 1~5名

『真ん中に人がいる』をスローガンに人が主役世の中に必要とされる仕事がここにあります。建設の現場を一緒に変えていきましょう。

  • 積極的に受付中

採用担当者からの伝言板 (2020/03/16更新)

PHOTO

当社のページをご覧いただきありがとうございます。
随時、説明会を開催しています。セミナー画面をチェックしてください!
ご興味のある方は、エントリーをお願いします。
こちらから折り返しご連絡いたします!

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

会社を支える若手社員に今のお仕事について聞いてみました

PHOTO

「体を動かして働くことは、本当に気持ちいいです」と福嶋さん(上)。「早めに作業が終わると、午後からは割と自由に時間を使っています」と赤木さん(下)。

■社会に貢献できることが、仕事のモチベーションになっています。
現在、下水道管の修繕を主に担当しています。下水道の工事と言えば、マンホールの中に入って作業をするイメージがあるかもしれませんが、実際は地上での作業が大半で、様々な工法や機械を駆使しながら管の推進施工をしています。5~6人でチームを組んで作業をすることが多く、事前準備・下処理・仕上げのプロセスを経て、ひとつの工事が完了するまでに3日ほどかかります。仕事をやり遂げた時の達成感は大きいですね。
上下水道管は、全国各地で老朽化が進み、近い将来、私たちの生活に大きな影響を与えます。仕事を通じてインフラの整備に係わり、社会に貢献できることが、やり甲斐や使命感につながっています。また、部署は違うのですが、台風の被害があった真備町の復旧作業に応援に行きました。建物の解体作業を何度か手伝うことで、人の役に立てていることを実感しました。
仕事や人生の経験を積んだ先輩たちばかりなので、学ぶ姿勢と敬意を持って接するように気をつけています。入社2年目、まだまだ知らないことも多いので、いろいろな知識を吸収して、経験値を高めていきたいです。
【土木部/2年目/福嶋 歩】

■現場でのスキルを積み重ねて、一級土木施工管理技士を目指したい。
現在の仕事は、水道管工事の施工管理。重機を使って工事するための立坑という穴を掘り、その場の状況に合った推進工法を駆使しながら、水道管を敷設しています。また、役所に提出する完工書類の写真管理も私の担当です。最初の頃は工事の内容や仕事の段取り、道具の使い方も分かりませんでしたが、最近はできることが少しずつ増え、仕事も体も慣れてきました。
その日の工事が無事に終わるように安全管理には気をつけています。特に、現場が大きくなれば、取り扱うモノも大きくなり、事故のリスクが高まります。また、工事周辺の状況をよく観察して、不慮の事故が起こらないように予防を徹底しています。クレーン車の上げ下げで電線が切断されると大変です。目配りと状況の判断を常に意識しています。
5年以内に一級土木施工管理技士の資格を取ることが目標。資格を取れば、仕事の範囲や権限が広がり、大きな仕事に携わることができるからです。手に職をつけられることが、この業界の良い所ですね。
【土木部/1年目/赤木 優太朗】

会社データ

プロフィール

近年、地震や台風の自然災害の頻発、道路や橋、上下水道などの老朽化による事故が多発して、全国各地に甚大なる被害をもたらしています。防災や減災など、国土の早急なる強靭化が必要とされています。その担い手となるのが、建設業に他なりません。

栄光テクノは、1971年に創業以来、一般土木工事や公共工事を中心に、建築工事や家屋解体工事など、インフラの整備を幅広く手掛けている建設会社です。半世紀近くに亘って現場の仕事にこだわり、現場発想でオンリーワンの新技術や新工法を開発できる点が特長です。日々、現場で先進の技術力を追求する“進取”の姿勢こそが、企業価値と顧客の信頼を高めて、当社の発展を支えてきたのです。

私たちが活躍する場所は、岡山をはじめ全国各地に及びます。特殊な施工技術を有する会社が全国的に少なく、ビジネスを展開する上での大きな強みになっています。また、災害時における協力協定を国と締結するなど、被災地の復旧にも尽力しています。ここ数年では、茨城の鬼怒川の決壊をはじめ、九州北部や埼玉、そして地元岡山など、全国各地に駆けつけて建設業のプロだからこそできる支援をしています。人の役に立てることが企業の使命であり、社員たちの誇りになっています。

企業スローガンに“真ん中に人がいる”に掲げています。これは、社員一人ひとりが主役の豊かな職場環境を作りたいという想いが込められています。70歳代で働く社員、親子で働く社員など、社員が家族のように大切な存在で、仲の良さが働きやすい企業風土を作っています。また、人とのつながりや絆を大切にしています。協力会社50社ほどで構成する“栄光会”は、30年間に亘ってビジスネスパートナーとして、互いに信頼関係の絆を深めてきました。こうしたつながりも当社の強みであり、大切な財産になっています。

当社が求める人材は、元気で明るい方です。学部学科は問いません。まずは現場で働くことになるので、建設業の現場に興味がある方を望んでいます。現場で経験を積んだ後は、本人の適性に応じて配置転換をしています。建設業界は今、無人化のロボットや重機など、AIやロボット化が加速して工事現場を大きく変えています。当然、多様な人材が必要であり、活躍できるフィールドが広がっています。私たちの仲間として、現場を通して新しいモノづくりに挑戦してみませんか。

(代表取締役 堀川 英治)

事業内容

PHOTO

一般土木工事・下水道管(その他配管)新設及び更生工事・ガス管新設(推進)工事・JR関係伏び工事

【一般土木】
下水道事業と並ぶ、栄光テクノのもうひとつのメイン事業。公共事業を中心に取り組み、 その内容は道路整備、河川改修、公園整備など。総工事高に占める割合を、年々高めています。

【公共工事】
一般土木工事と並ぶ当社の主要事業。 こと県下業界ではこの分野のスペシャリスト企業として広く知られています。 都市のバロメーターとも言われる下水道の普及は、快適な生活を送っていく上で不可欠な要素。 各家庭や事業所から出た排水を下水処理施設に導く「本管(ほんかん)・枝(えだ)管」と呼ばれる大口径管から小口径管までの施工を、現場に即したさまざまな工法を駆使して行っています。

【民間工事】
プラントメンテナンス・伏び・管ライニング補修・解体工事など 多くの実績で信頼に応えています。
本社郵便番号 700-0943
本社所在地 岡山県岡山市南区新福2丁目7-20
本社電話番号 086-265-1234
創業 1971年
設立 1973年
資本金 5,000万円
従業員 50名
売上高 21億円 (2019年8月実績)
事業所 大阪支店:大阪市天王寺区上本町8-7-10エリトービル207
東京営業所:東京都大田区蒲田5丁目43番10号3階
関連会社 (株) シンエイテック
地域貢献 旭川の清掃活動には社長をはじめ、社員が参加し、地元企業として地域に貢献する活動を毎年8月に行っています。
また、児島湖清掃活動、高梁川清掃活動等にも積極的に参加しています。
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 8.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 18時間

採用データ

問い合わせ先

〒700-0943
岡山県岡山市南区新福2-7-20
堀川 富士子
086-265-1234
f-horikawa@eiko-techno.co.jp
URL http://eiko-techno.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp243414/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
栄光テクノ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

栄光テクノ(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

栄光テクノ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ