最終更新日:2020/9/8

  • 正社員

(株)矢田工業所

業種

  • 機械
  • 金属製品
  • 重電・産業用電気機器
  • その他電気・電子関連
  • その他メーカー

基本情報

本社
愛知県
資本金
4,000万円
売上高
36.8億円(2019年9月期)
従業員
235名
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、金属製品、重電・産業用電気機器、その他電気・電子関連、その他メーカー
  • 本社 愛知県
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 36.8億円(2019年9月期)
  • 従業員 235名
  • 募集人数 1~5名

【日本の製造業の未来を創る!!!】私たちにはこんな可能性があります!!!積極的にエントリー受付中です!

『矢田工業所』会社説明会について (2020/09/08更新)

PHOTO

当社ページにアクセスいただきありがとうございます。
採用担当の水谷です。

当社をより深くお知りになりたい方に、稲沢工場にて説明会を行います!
ご都合に合わせて、日程を調整いたします。
お手数ですが、 saiyou@yadakogyo.co.jp へご連絡ください。
 
※ご希望の方、名鉄本線国府宮駅への送迎をいたします。
   
※会社説明会では、マスクの着用お願いします。

ぜひ、ご応募お待ちしております!
皆さまにお会いできることを楽しみにしています!

説明会当日の朝、37.0度以上の体温がある場合や体調不良の場合は、ご連絡ください。別日の予約を承ります。


【矢田工業所がメディア取材を受けました!!!】

ご興味持った方!ぜひご覧ください!

矢田工業所がとったマネジメント戦略の行動とは、、、
「仕掛かりをなくす」「フルキットする」「フローを測定して管理する」――
社内で実践されているリアルな現場の改善や経営改革について
よくわかる記事となっております!

ゴールドラットジャーナルVol.8 既成概念を180度転換!納期短縮を最優先に!
https://www.goldrattjournal.com/

会社紹介記事

PHOTO
「当社はやりたいことにチャレンジできる、また自分の意見を言いやすい風通しの良い会社です。少しでも興味のある方はぜひ当社を訪問してください」と採用担当者の皆さん。
PHOTO
これからの矢田工業所を支えていく若手スタッフ。当社では、柔軟な頭脳を持つ若手スタッフがそれぞれの個性と能力を発揮して活躍できる環境づくりに力を入れています。

若い方にどんどん活躍してほしいです。そのための環境づくりにも力を入れています!

PHOTO

「社員一人ひとりが会社を好きになり、やりがいを持って働くことができる、そんな職場づくりをしていきたいと思っています」と笑顔を浮かべて快活に話す野村社長。

1960年に創業した当社は、板金・塗装を得意とする金属製品製造業を行っております。板金と塗装を一貫して行っているのが強みで、お客様のニーズに応える品質に優れた製品を効率的に生産することができます。主力製品は3つあり、1つはエレベーターやエスカレーター関連部品、2つ目は工場やマンション、ビルなどの施設の規模に合わせて電圧を調整して配電する配電用変圧器のケース、そして3つ目は電気設備に電気を供給するための電設用分電盤です。

当社が扱っている製品は一般の方にはあまり馴染みがないかもしれません。しかし、いずれも社会インフラに必要不可欠な製品で、その供給責任を担っていることに誇りを持っています。当社のお客様として三菱電機やパナソニックといった大手総合電機メーカーなどと取引があり、エレベーター・エスカレーター関連部品と配電用変圧器のケースについては、国内トップシェア(※自社調べ)です。

当社製品の一つ、配電用変圧器のケースは創業当初から約60年生産していますし、エレベーター・エスカレーター関連部品と分電盤についても扱うようになって約50年です。いずれの製品も必要とされ続けているおかげで、当社の経営は景気の影響を受けにくく、安定しています。しかし、現状に安住するつもりはありません。これから当社が更に発展を遂げていくためには、ベテランの社員を中心に培ってきた技能にプラスして、若いスタッフの柔軟な発想や知恵を生かしていくことが重要だと考えています。そこで、若いスタッフに活躍の場を積極的に与えるようにするとともに、のびのびと力を発揮できる環境づくりに力を注いでいます。

■就職活動をされている学生の皆さんへのメッセージ
当社ではこれまでの事業を大切にしつつ、培ってきた板金・塗装の技術を生かして新しいことにも積極的にチャレンジしていきたいと思っていますが、イノベーションを起こすには若い方の力が必要です。次代を担おうとする若手経営者達といろんなことにチャレンジしたい方、積極的に”会社をこうしたい!”と思う方にぜひ応募していただきたいと思っています。ぜひ一緒に新しい矢田工業所をつくっていきましょう!

(代表取締役社長/野村 憲司)

会社データ

プロフィール

【信頼される明るい会社】

矢田工業所は、国内を中心に社会インフラに関わる事業を展開しております。
当社の始まりは、塗装業でした。それから、板金や組立、設計と少しずつ自分たちの技術を磨いてテリトリーを広げ、会社の規模を大きくしていきました。
長年培った技術と技能。その中でも、塗装の対応技術のレベルは高く、自信を持っています。
板金と塗装の一貫生産を当社の強みとして、ここまで安定した事業経営を行ってきました。

ほかにも、マネジメント戦略の手法としてTOC(全体最適)の考えを基盤に取り入れています。

私たちはお客様の利便性を追求することを目的として、お客様と共に発展していく事が会社の使命だと考えています。期待に応え続けるために、社内では圧倒的な納期対応力と品質の継続的改善を追求して、お客様に対しても積極的な提案と会社としての独自性をアピールして大きな信頼を獲得しています。

----------------------------------------------------------------------------

【日本のものづくりに新たな価値を創り、製造業の未来を創る。】

今後は、これまでの実績による安定した製造業務をベースに新たな一歩を踏み出し、現状に甘んじることなく更なる社会貢献を目指していきます。

これからの業界を取り巻く状況として、電気自動車の普及や、工場の国内回帰など、より電力インフラに対する需要が増えると私たちは確信しています。
ほかにも私たちの仕事には、災害の復興に対する使命もあり、日々生産している製品をお客様に届けることに、社会的な責任があると感じます。
この社会的責任を果たしていくためにも、日本の製造業を永続的な産業にしていかなければなりません。

そのためにも私たちは、ただの製造業ではなく、国内の社会インフラへ貢献し続けながらも新しい価値を提供する「製造サービス企業」を目指します。
私たちはこの夢を叶えるために、共に夢をみて、実現に向けて共に働いてくれる
人たちを求めています。

事業内容

PHOTO

矢田工業所は、主にエレベータ、エスカレータ等の「昇降機部品」、電気が供給される所に必要な「変圧器部品」、建物の各部屋に電気を分配する「分電盤ボックス」などの社会インフラに関わる製品を国内中心に事業展開している会社です。
お客様の求める製品を「現場」に対して、タイムリーに、品質のトラブルがなく供給することで、お客様の現場における人員や時間などリソースの「ムダ」を省き、より円滑に、仕事を進められるように尽力しております。
当社は「設計」「板金」「塗装」の技術を磨き、一貫生産を強みとしてお客様のニーズに柔軟に対応します。圧倒的な納期対応力と継続的な品質レベルの向上を図り「信頼される明るい会社」を目指しています。
本社郵便番号 461-0040
本社所在地 愛知県名古屋市東区矢田四丁目14-8
本社電話番号 052-721-6561
稲沢工場郵便番号 492-8411
稲沢工場所在地 愛知県稲沢市北島町西之町21-1
稲沢工場電話番号 0587-36-1215
設立 1960年7月
資本金 4,000万円
従業員 235名
売上高 36.8億円(2019年9月期)
事業所 本社工場(名古屋市東区)
稲沢工場
稲沢第二工場
稲沢第三工場
尼崎事業所(兵庫県)
主な取引先 三菱電機(株)名古屋製作所、稲沢製作所
パナソニックスイッチギアシステムズ(株)
東芝産業機器システム(株)
(株)酉島電気製作所 岐阜愛知電気(株) 他
平均年齢 47.5歳
沿革
  • 1960年
    • 名古屋市に会社設立
      野村博司が初代社長に就任
  • 1962年
    • 守山工場建設
      本社工場塗装部門稼働
  • 1965年
    • 稲沢工場建設
      表面処理及び塗装部門稼働
  • 1971年
    • 稲沢工場にエレベーター塗装専用工場建設
  • 1978年
    • 稲沢工場に板金プレス専用工場建設
  • 1980年
    • 本社工場を配電制御盤組立工場として生産開始
  • 1990年
    • 小牧村中工場建設
  • 1991年
    • 稲沢工場にエレベーター意匠設計開始
  • 1993年
    • 小牧工場建設
      稲沢工場新事務完成
  • 1996年
    • 稲沢工場に昇降機板金工場増設(大型品生産開始)
  • 2003年
    • 野村憲司が社長に就任
  • 2006年
    • 稲沢第三工場建設
      稲沢工場に変圧器関連の板金組立工場増設
  • 2008年
    • 尼崎事業所開設(昇降機関係)
  • 2009年
    • 本社工場立て直し
      守山工場を本社工場内へ移転
  • 2012年
    • 小牧工場を閉鎖し、稲沢第三工場へ集約
      稲沢工場に大型粉体塗装設備導入
  • 2018年
    • 稲沢第二工場建設
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 10.1年
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 15.4%(13名中2名)

採用データ

問い合わせ先

〒492-8411
愛知県稲沢市北島町西之町21-1
電話 (0587)36-1215
総務部 総務課 人事担当/水谷
URL 採用HPはこちら!
http://www.yadakogyo.co.jp

ゴールドラットジャーナルはこちら!
https://www.goldrattjournal.com/
E-mail saiyou@yadakogyo.co.jp
交通機関 名鉄本線大里駅
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp245398/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)矢田工業所と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)矢田工業所を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ