最終更新日:2020/7/1

  • 正社員

(株)水戸心理・療育センター

業種

  • 福祉サービス
  • 教育

基本情報

本社
茨城県
資本金
600万円
売上高
2019年度 3,968万円 2018年度 3,009万円 2017年度 2,476万円 2016年度(創業年度)710万円
従業員
4名。うち男性1名、女性3名。
募集人数
1~5名
  • 業種 福祉サービス、教育
  • 本社 茨城県
  • 資本金 600万円
  • 売上高 2019年度 3,968万円 2018年度 3,009万円 2017年度 2,476万円 2016年度(創業年度)710万円
  • 従業員 4名。うち男性1名、女性3名。
  • 募集人数 1~5名

公認心理師、臨床心理士などの心理学の専門家による「心と発達の相談室」です。発達障害で生き辛さを感じている子ども達や、様々な悩みで苦しむ方々をサポートしています

  • エントリー者へ限定案内中

新型コロナウィルスへの対応および応募受付期限について (2020/07/01更新)

みなさんこんにちは。(株)水戸心理・療育センターの採用担当 富田です。

当社の現在の採用活動状況をお知らせします。

・一次選考を随時行っていますが、7月上旬で応募を締め切る予定です。
 エントリーいただいた方に詳細をお知らせするので、まずはエントリーを
 お願いします。
・一次選考合格者を対象にした二次選考(面接)は新型コロナウィルス拡大防止
 の観点からWEBで実施しています。

以上よろしくお願いします。

会社紹介記事

PHOTO
2019年4月に茨城県水戸市千波町に新社屋が完成。近くには日本三大名園の偕楽園や水戸市民憩いの場の千波湖があります。緑豊かで爽やかな風が感じられる環境です。
PHOTO
建物内はバリアフリー化されていて明るく清潔感があります。面接室、療育室は全て個室なので、トレーニング等に集中できるとともに、プライバシーへの配慮もしています。

心理学を理論基盤とした専門的サービスを提供しています

PHOTO

相談者により良い支援を提供するために、内容や実施方法などを真剣に話し合います。仕事に限らずコミュニケーションが活発な職場です。

■私たちが目指すのは「すべての人が幸せになること」
水戸心理・療育センターは、「すべての人の幸せのために」を経営理念に掲げ、次のことを心において日々の仕事に務めています。
< 誰かが我慢しない>
私たちは、目の前の相談者の幸せだけではなく、その方の周りの方々の幸せも大切だと考えています。相談者ご本人が楽になったとしても、それによって周りの方が苦しくなることがあります。私たちは苦しみを誰かに受け渡すことで問題解決とはしません。
< 今だけの幸せに固執しない >
私たちは、今だけの安易な問題解決は勧めません。私たちは、その方の今の苦しみの解決とこれからの長い人生の幸せをどちらも大切に考え、より納得いただけるサービスを提供します。
< 納得して人生を過ごせる >
私たちは、相談者が今感じている苦しみや問題を解決した時に、その解決の過程が相談者のこれからの自信になるようにお手伝いをします。相談者が今までの苦しみも含めたご自身の人生に納得され、後悔なく人生を歩んでいけるようにサービスを提供します。

■子どもの成長を見守る個別療育と専門家による心理カウンセリング
児童発達支援・放課後等デイサービス事業所『みらっぷ』では、子どもと職員が1対1で向き合う個別療育を採用しています。個別療育では、一人ひとりの発達のスピードや課題に合わせたトレーニングができることが特長です。
また当社では、公認心理師、臨床心理士などの有資格者がカウンセリング業務を担当しています。心理学を土台にした客観的な判断と助言は相談者に高く評価されています。

■全員を療育・心理のプロに育てる充実の教育体制
当社では、誰でも心理学の専門知識を持つ療育のプロを目指せるように教育しています。応用行動分析学(ABA)の理論をベースとして、子どもの不適応行動がどうして起きるのかを先輩と一緒に分析し、その子ならではの支援方法を模索していきます。療育の知識や技術をより高いレベルで吸収できます。
また心理カウンセリングで必要な理論や技術も学べることに加え、国家資格である公認心理師の取得に向けた社内研修も定期的に実施しています。このように社内での教育体制もしっかり整えているため、心理学や療育のプロフェッショナルへと成長できます。

会社データ

プロフィール

(株)水戸心理・療育センターは2016年(平成28年)3月に茨城県水戸市に設立しました。設立と同時に心理カウンセリングサービスの提供を始め、同年5月には児童福祉法に基づく障害児通所支援事業所「みらっぷ」を開設して発達障害を持つお子さんの療育サービスをスタートさせました。
弊社の支援担当者は公認心理師、臨床心理士など、全員が心理の専門的な資格を持っています。心理学を理論基盤にした判断と、それに基づく提案内容は多くのご相談者から高い評価をいただいています。
弊社は「すべての人の幸せのために」を経営理念に掲げています。私たちが考えている支援・援助のゴールは目の前の相談者だけの幸せではありません。その方に関わるご家族や友人など、周りの方々も幸せにすることを常に心がけています。

事業内容

PHOTO

施設内には療育室が3室、カウンセリングルーム(相談室)が2室、多人数での会議や研修で使用するホールがあり、様々な状況に対応できます。

次の事業を行っています。
1.障害児通所支援事業所「みらっぷ」の運営
 ■発達障害を持つ子どもの療育を行う専門的支援センターです。
 ■児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援サービスを
  提供する多機能型事業所です。
 ■定員は10名です。

2.心理カウンセリング
 ■心理学の専門家である公認心理師、臨床心理士、認定心理士が
  様々な悩みに寄り添い、問題の解決をお手伝いします。

3.各種心理検査の実施
 ■知能検査、発達検査、認知機能検査など様々な検査を行います。

4.派遣業務
 ■心理士派遣:カウンセリングや発達相談業務を行います。
 ■講師派遣 :研修や講演業務を行います。
本社郵便番号 310-0851
本社所在地 茨城県水戸市千波町344-14
本社電話番号 029-357-2657
設立 2016年3月
資本金 600万円
従業員 4名。うち男性1名、女性3名。
売上高 2019年度 3,968万円
2018年度 3,009万円
2017年度 2,476万円
2016年度(創業年度)710万円
沿革
  • 2016年3月
    • 茨城県水戸市城東にて創業。
      個人への心理カウンセリングサービスの開始と、児童福祉法に規定する障害児通所支援事業所の開設準備をすすめる。
  • 2016年5月
    • 障害児通所支援事業所「みらっぷ」を開設した。児童発達支援、放課後等デイサービスおよび保育所等訪問支援サービスを提供する多機能型事業所として活動を開始した。
  • 2018年10月
    • 茨城県水戸市千波町にて新社屋の建設に着手した。
  • 2019年4月
    • 新社屋が完成。本店を水戸市千波町344-14に移転する。
  • 2019年5月
    • 新社屋において、「みらっぷ」の業務と個人向けのカウンセリングサービスを開始し、現在に至る。
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 0時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 8日

採用データ

問い合わせ先

(株)水戸心理・療育センター
採用担当 富田伸行

〒310-0851
茨城県水戸市千波町344-14
TEL:029-357-2657
URL https://mito-shinri-rc.com/
E-mail mito.shinri.rc2@gmail.com
交通機関 JR常磐線「水戸駅」下車、北口バス乗り場「6番」から関東鉄道バスの次のいずれかに乗車。
  ときわ台団地 行き
  植物公園 行き
  市立競技場 行き
  県庁バスターミナル 行き
  水戸医療センター 行き
  県自動車学校 行き
ともに「千波山」停留所にて降車(水戸駅から約15分)、徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp247216/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)水戸心理・療育センターと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ