最終更新日:2020/10/14

  • 正社員
  • 既卒可

(株)アースシフト

業種

  • 建設
  • 設備工事
  • 環境・リサイクル
  • 不動産

基本情報

本社
静岡県

一緒に働きたいのはどんな学生?

「こうじょう」(2020年6月23日)

 こんにちは、アースシフト採用担当の北條(ほうじょう)です。名前とタイトルが似ているので自己紹介してみました。ジョークはここまでにして本題に入ります。
 仕事をする時にはタイトルの言葉がとても大切だと思います。みなさんがタイトルの「こうじょう」という言葉を見て想像した漢字はどれでしたか?「向上」「恒常」「工場」…などいくつか熟語があります。その中でも私は「向上」と「恒常」という言葉が大切ではないかと思います。
 1年目からスーパーエリートという人もいるかもしれませんが、ほとんどの学生は右も左もわからない状態からのスタートなので与えられた仕事をこなすので精一杯です。それが当然だと思います。しかし、ただこなすのか考えながらこなすのかでは全く違います。
 1つの仕事(タスク)を終えた時、「やっと終わったー」なのか「あそこをもっとこうすればよかった」、「とりあえず終わったけど、あそこはどうすればもっとよくできたんだろう」と考えるとでは大きく違います。成長していくには、「もっとこうすれば」と思うこと、つまり「向上」することが大切です。
 一方で、『「恒常」とは一定して変わらないということ。』を意味します。これは私の中では、「向上心」を「恒常」できることが大切だということです。日本語の使い方が正しいかどうかは置いておいて、要するに向上心を持ち続けられるかどうかが大切です。
 1年目は失敗して怒られることもあると思います。気分が下がってしまって仕事に行きたくない時もやってきます。その時に悔しい、もっと成長したい、今度は失敗しないぞと前を向いていけることが出来るかどうかで大きく違います。

 『結論』
長々書いてきましたが、やはり常に向上心を持っている人と仕事をするほうが教育する側も全然違います。やる気のない人に教えたいという人は少ないと思います。

面接で緊張してうまく話せません

緊張するのは当然です!そういうときこそ思ったことを。(2020年6月12日)

 前提として、これは正解だとか間違っているとかは関係ありません。私個人が就職活動をしていた時に考えていたことや採用担当となった今の考えを書きます。
 採用面接というのは、実際に面接官と応募者が話をしながらその時の対応や反応を見ながら審査をしていきます。変わった質問をしたときにどんな対応をするのか見たい、という面接官もいれば、自社に対する熱意を見てみたい、という面接官もいます。それは会社によって違います。しかし、その人のことを「知ろうとしている」ということは同じです。知るために面接官も質問を用意して問いかけるわけです。
 緊張すると、言おうと思っていたことが飛んでしまったという経験をした人がいるかもしれません。でも、そういうとき頭に浮かんだことが本当に思っていることだと私は思います。本当にこの会社に入りたい、という思いが強ければ強いほど自然と浮かんでくると思います。(無論、そのためにも会社のことを調べたり、説明会にいって知らなければなりません。)
 つまり、緊張するのは当然です。そういうときこそ浮かんだことを素直に言葉にしてみてはどうでしょうか。自分を知ってもらうという意味でも。

 最後に余談になりますが、私は大学入試の時、第1志望校に合格することが出来ず、正直少しも考えていなかった大学へ入学しました。しかし、そこで出会った友人や先輩・後輩、この大学に入ったからできた経験などを考えた時に「この大学に入ってよかった。運命だったのかもしれない。」と思いました。そう考えると志望校に行けなかったことは、悔しいことではあったが悪いことではなかったと思えました。
 就職活動の時には、某大手の最終面接までいきましたが、結果は不採用でした。でもそのときも「きっとここは運命のところではなかった。」と考えました。今の職場に来れて本当に良かったと思っています。(本当です。)
 全力でぶつかって出た結果が、たとえ自分が望んでいた結果ではなかったとしても、最終的に出た結果が自分にとって一番の結果だ、と思えば少しは気が楽になるかもしれません。

説明会に参加しないと選考には進めない?

会社説明会こそ大事です!(2020年3月27日)

弊社は、会社説明会への参加の有無を問わず選考へ進むことは可能です。選考方法は、適性検査(一般常識・PC作業)、面接(2回)となります。ご希望の方は、マイナビよりエントリーまたはお問合せください。

私たちは会社説明会において、自社のことをより知ってもらうことが大切だと思っております。それは、入社後思っていたより仕事が大変だった、会社の雰囲気が思っていたのと違った、など自分が想像していたものとのギャップで働くことへの意欲をなくしてしまう危険性もあるからです。

私たちはそういったギャップを少しでもなくすためにも、実際に働く社員と話をする時間も設けております。皆様に知ってもらうだけでなく、働くところをイメージしてもらえるように準備してお待ちしております。

予約した会社説明会の日程を振り替えることはできる?

お気軽にご相談ください!(2020年3月19日)

弊社会社説明会は、開催日を設けております。しかし、決められた日程だけでは興味を持ってくださる学生みなさんに参加してもらうことは難しいと思います。

私たちとしては、より多くの学生のみなさんに会社のことを知ってもらいたいと思っております。万が一予約した説明会へ参加できなくなってしまった場合は、ご相談ください。また、掲載している日程以外で会社説明会をご希望の方は、お気軽にお問合せください。

※掲載している説明会開催日以外での説明会は、現場監督をしている社員が同席できない場合があります。あらかじめご了承ください。

説明会参加前にやっておくべきことって、何?

Victory Loves Preparation "周到な準備は勝利を招く"  (2020年3月19日)

PHOTO

これは私が昔見たアクション映画に出てきた言葉です。意味は言葉の通り、"準備をしっかりしておくことは良い結果を生む"、ということです。

映画の内容は正直全く覚えていません。でもこの言葉ははっきり覚えています。
いきなりなんだと思ったかもしれませんが、まさに就職活動において大切な言葉だと思います。
私がみなさんがやっておくべきだと思うこと、それは「知りたいこと、聞きたいことをあらかじめ考えておくこと」です。

みなさんは何のために会社説明会へ行くのか。それは、その会社について知りたいからではありませんか。話を聞くだけでも得られる情報はたくさんあります。しかし、自分が知りたいこと、聞きたいことを聞けなければ本当の意味で会社のことを知ることにはなりません。

まずは、ぜひHPを見てください!自分なりに会社のことを調べてみてください!その中で出てきた疑問をメモしておきましょう。

弊社の説明会では、質疑応答の時間を設けております。実際に働く社員に聞いてみたいことをぜひ聞いてください!(内容によっては答えられないものもあるかもしれませんが…)

ページTOPへ