最終更新日:2020/10/23

  • 正社員

(株)五省コンサルタント

業種

  • 建設コンサルタント
  • 建築設計

基本情報

本社
福岡県
資本金
3,500万円
売上高
2019年 約6億3000万円
従業員
48名(男性41名、女性7名)2020年10月現在
募集人数
1~5名
  • 業種 建設コンサルタント、建築設計
  • 本社 福岡県
  • 資本金 3,500万円
  • 売上高 2019年 約6億3000万円
  • 従業員 48名(男性41名、女性7名)2020年10月現在
  • 募集人数 1~5名

港湾・漁港・海岸など海を専門とする建設コンサルタントです。創業42年目。社員数約50名。高い技術力が評価されている福岡本社(福岡で勤務)の会社です。

★新卒採用実施中です!★ (2020/10/23更新)

PHOTO

五省コンサルタントの採用担当です。

マイナビサイト上に、適宜説明会日程等、
公開していきますので、まずはエントリーをお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
五省コンサルタントは港湾・漁港・海岸のコンサルタントとして海の社会資本整備の一翼を担っています。【ドローンでの写真撮影:福岡市・志賀島弘漁港の防波堤と防風柵】
PHOTO
技術のプロとして、港湾構造物の計画・調査・解析・設計・維持管理等のコンサルティングを行なっています。【点群データ:左の実写をデータ解析して作成した3Dモデル】

堅実経営をしている連続黒字・無借金の安定企業です。転勤なしの福岡勤務の会社です。

PHOTO

【本社が入るビル】福岡市中心部のビジネス街にあります。地下鉄、バス最寄り駅から近く通勤に便利な場所です。

建設コンサルタントの役割は、国民の安全、安心で快適な生活を支える社会資本の整備において建設生産システムの上流側である企画・計画・調査・設計を担っています。

当社は1979年の創業以来、港湾・漁港・海岸といった海を専門分野として実績を積み重ね、社会のニーズと地域社会の要望に応えてきました。

社員数約50名の企業ですが、技術職員に占める技術士の割合は業界平均を上回る技術者集団です。受注業務の元請比率90%という技術力を誇り、これは行政からの高い信頼と評価の結果です。

【事業エリアについて】 
主に九州地区・中国地区・関東地区で事業を展開しており、北海道を除く全国が業務エリアです。

【勤務地について】 
福岡勤務。
転勤はありません。

本人の希望があれば東京支店(川崎市川崎区)勤務をすることも可能です。
(例えば、関東地区出身者、関東エリアの大学出身者などで関東地区在住を希望する場合)

【入社後について】
先輩社員に指導を受けながら少しずつ担当業務の範囲を拡げ、技術力、コミュニケーション力などが身につくようにしていきます。

発注者との協議にも早い段階から参加し、先輩社員・上司がどのようにやり取りをするのかを直に見聞きし、協議の過程を学んでいきます。

これらの実体験は「若手社員の声」(後述)に載せていますので、是非一読してください。

【最新ニュース】 
●国土交通省から表彰されました●
2020年7月、国土交通省九州地方整備局熊本港湾・空港整備事務所、ならびに、鹿児島港湾・空港整備事務所から優良施工業者、優秀技術者として表彰を受けました。
当社の技術力が評価され、我が国の港湾事業に貢献できました。

●東京都から優良企業と認められました●
2020年1月、護岸設計業務において優秀な成績評定を頂き、優良業務履行者の扱いを受けています。

【学生の皆様へ】
「福岡で働きたい」
「社会資本整備という仕事をしたい」
「アットホームな会社で働きたい」
という思いのある皆様との出会いをお待ちしています。

会社データ

プロフィール

***五省コンサルタントはこんな企業です***

◆旧運輸省(現・国土交通省)OBが設立した会社
◆社会資本整備を担う会社(取引先は、国交省、財団、地方自治体など)
◆発注者に信頼されている会社(国から相当数の業務を受注)
◆技術力に定評のある会社(元請業務比は約9割)
◆堅実で安定した会社(創業以来、赤字決算なし・借金なし)
◆転勤のない会社(福岡勤務)
◆社員全員の顔が見えるアットホームな会社(社員約50名)
◆常に技術力を磨いている会社(技術士が業界平均数以上いる)
◆ワークライフバランスのある会社
     (残業は同業他社より少ない、有給休暇が取りやすい)

事業内容

PHOTO

【岸壁:コンテナヤード】当社のフィールドは港湾整備事業。建設コンサルタントに求められる役割は年々大きくなっています。

港湾及び漁港などの港湾構造物の調査、計画、設計及び施工計画、環境アセスメント、測量及び土質調査。埋立申請、その他建設事業の技術指導及び相談。
本社郵便番号 812-0027
本社所在地 福岡市博多区下川端町9-12
本社電話番号 092-281-4210
設立 1979年2月
資本金 3,500万円
従業員 48名(男性41名、女性7名)2020年10月現在
売上高 2019年 約6億3000万円
事業所 ■本社
福岡市博多区下川端町9-12 

■東京支店
川崎市川崎区砂子1丁目2-4 川崎砂子ビルディング

■事務所
下関事務所
北九州事務所
大分事務所
熊本事務所
宮崎事務所
鹿児島事務所
業績 会社創業以来41年間 全期連続黒字
2019年売上実績 約6億3000万円
主な取引先 国、地方自治体、財団、民間企業等
平均年齢 42歳(2020年10月現在)
若手社員の声Vol.1 佐賀大 理工学部卒(2013年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:海だった場所に自分が設計した構造物が出来上がっていくのを見た時や、
構造物が完成し人々が実際に利用している様子を見た時、
自分の仕事にやりがいを感じます。
入社7年になり、主担当技術者として業務に携わる件数も増え、
その分苦労する事も増えてきました。
年度末の時期は正直に言ってかなりキツい。
ただ、そこを乗り越えた時の達成感も大きく、
苦労して設設計したものが形になるこの仕事は、
本当に面白くやりがいがあると思います。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:チームの一員としてメンバーと協力し合って
仕事を進める事が大事だと思います。
チーム力を最大限発揮する為のツールは、
メンバーとしての「伝えるカ」と「聞く力」です。

Q:今の職場の良さは?
A:仕事の大小に関わらず、発注者の立場に立って、
真撃に業務に取り組む姿勢が当社の良さだと思います。
発注者や協力会社とのやり取りの中で、
「我々は信頼して貰っているな」と感じる場面が多々あります。
これは先輩たちが今まで40年間築いてきた業務実績と、
発注者の意向を扱み取って進める当社の業務姿勢の結果だと思います。
若手社員の声Vol.2 福岡大学 エ学部卒(2016年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:(調査業務)と(設計業務)それぞれで、
感じるやりがいが少し異なります。
調査では、発注者や現地の方々等の意見や要望を聞きながら
業務を進めていくので、この仕事が世の中と直接つながっていると
実感できる点にやりがいを感じます。
設計では、自分が設計に携わったものが形になり、
完成したものを見た時や、実際に利用されている様子を見ることが
できた時にやりがいを実感します。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:コミュニケーション能力が絶対に必要だと思います。
自分は疑問点がある時、まずは自身でいろいろと考え調べます。
その行動がベストな場合もありますし、
場合によっては直ぐに質問した方がペターな時もあります。
社歴4年の自分には質問した方がいい場合の方が多いので、
「人に聴く」という積極姿勢が必要だと思います。
今は主に社内でのコミュカが求められますが、
社歴を重ねるごとに社外の仕事相手とのやり取りも
多くなってくるので、コミュニケーションカの重要度は更に増すと思います。

Q:今の職場の良さは?
A:上司や先輩達とは年齢を問わず話しをする機会がよくあり、
程良い距離感の人間関係が築けやすいと思います。
また、業務に対しての責任感やブロフェッショナル精神を
しっかり持って仕事をする上司・先輩の姿を間近に見ているので、
自分自身のモチベーションの維持・向上につながっていると思います。
若手社員の声Vol.3 福岡大学 工学部卒(2017年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:自分が携わった業務が上手くいき、後日、その関連案務を
受注に繋げることができた時、やりがいを感じます。
また、発注者の信頼を得られたと実感できた時、やりがいを感じます。
会社規模が大きくない為、入社3年目の自分も業務に深く関わり、
その仕事によって自分が成長していると感じる時です。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:仕事では常に自分がどう考えてどう設計したのかを伝える事が要求されます。
それを上手に伝える事が社会人には求められます。

Q:今の職場の良さは?
A:大人数でない分、丁寧に仕事を教えてもらえ、多くのことを学べます。
また、上の人と接しやすく、仕事以外の質問や相談をし易いです。
若手社員の声Vol.4 鹿児島大学 大学院(水産専攻)(2017年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:自分の関わった業務が今後の計画の主軸になったり、
次の受注につながった時です。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:社内で自分の専門分野を作ることだと思います。
先輩社員達はそれぞれ自分の得意分野を持っています。

Q:今の職場の良さは?
A:様々な業務にチャレンジできることです。
自分は大学院で環境を研究していました。
大学同期で環境アセスメント関連企業に就職した友人談ですが、
アセスメント業務はスタート時点で「答えありき?」な場合もあるので
ジレンマに陥るとこぼしていました。
幸い自分の担当する仕事一つひとつはオリジナルであって、
発注者に最適なものを提案する事に注力しています。
また、繁忙期には休日出勤することもありますが、
振替休日を必ず取得しています。
若手社員の声Vol.5 鹿児島大学 工学部卒(2018年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:他者からの信頼が得られた時です。
また、コンサルの「強み」や「面白み」を感じる時です。
コンサルタントの面白みは、構造物を造る大きなプロジェクトの中で、
その最初の部分を自分の知識・技術を駆使して担っている点です。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:「聞く(聴く)力」だと思います。
人の話を聴くこと、そして、分からないことを
素直に質問できること、この能力が必要です。
私自身、未だ入社3年目で分からないことばかりですが、
先輩に質問できる能力が今後の自分の成長に必須のものだと考えます。
さらに言えば、どんどん聞いていけるのは若年社員の特権だとも思います。

Q:今の職場の良さは?
A:(人からはそうは見えないとよく言われますが)
自分はどちらかと言えば人見知りをしてしまうタイプです。
ですが、当社は先輩達との距離感が程よく近いため、
気兼ねなく質問できます。
そして質問に対して分かり易く教えてもらえる雰囲気がいいと思います。
また、社員のレベルに見合った、かつ、レベルアップできる様な仕事を
任されるので、仕事の面白みを1年目から味わうことができる点です。
若手社員の声Vol.6 鹿児島大学 工学部卒(2019年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:コンサルタントとしての極意を感じる時です。
コンサルは、発注者(国や自治体)の要望や課題に対して
最適な提案を作り上げていきます。
社内で上司や先輩がブレストする時、入社2年目の自分も同席します。
先輩たちが社会資本整備のために情熱をかけて
様々な案だしをして検討している過程を目の当たりにすると、
コンサル業務の奥深さ・面白さを実感します。
また、先輩社員同士の打合せを聞くことが、
今の自分にとって非常に勉強になっています。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:「伝えるカ」です。
何を理解しているのか、何を理解していないのかを
伝える力があれば、必ず誰かが助けてくれます。
特に1年目の私は、それを大いに受け入れてくれる職場の環境や、
雰囲気に日々励まされています。

Q:今の職場の良さは?
A:転動がないことです。
出張で九州の各県・関東エリアには出かけます。
しかし転動はないので将来設計がしやすく、
ワークライフバランスの後押しになると思います。
プライベートも充実させています。
若手社員の声Vol.7 鹿児島大学 工学部卒(2019年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:業務を通して学んだことが身についたと
実感できた時にやりがいを感じます。
例えば、図面作成について先輩社員から
手取り足取りアドバイスをもらいながら仕上げていきます。
後日、別の業務で類似した図面を作成する時、
上司から初めにいくつかの注意事項を説明してもらい、
後は自分だけで仕上げていきます。
完成した図面に対して上司からOKをもらった時は、
非常に充実した気持ちになりました

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:言葉で的確に表現する力です。
当社には質問し易い雰囲気があります。
そこで重要なのが「相手に自分の考えを上手くまとめて質問+相談する」
ことだと思います。
つまり、自分の考えを言葉でまとめて伝える力が
日常的に要求されることが、学生と社会人との違いかな?とも思います。

Q:今の職場の良さは?
A:直属の先輩や上司だけでなく、他部署の先輩とも
気軽にコミュニケーションをとれる環境なので、
いろいろな視点の考えを知る事ができます。
様々な会社があると思いますが、(会社規模が当社よりかなり大きい)
某企業に就職した自分の同級生は、常に2人チームで行動するので、
他の社員と交わる時間が少なく、かつ、その相手方が40歳代社員なので、
同世代社員との交流がほとんどないのが残念だと話していました。
若手社員の声Vol.8 鹿児島大学 工学部卒(2019年入社)

Q:仕事のやりがいを感じるのはいつ?
A:会社で日々様々なことを学んでいますが、
それを業務に反映出来た時、やりがいを感じます。
言い換えると、自分自身の成長を肌で感じた時ですが、
この1年の間に、何度か成長を実感できました。

Q:会社で、さらに、社会人として必要な能力や考えは?
A:「準備力」です。
何事にも計画をたて期限までにすべき事を把握し、
準備する力が必要だと思います。
そうすると、急なアクシデントにも迅速に対応できます。

Q:今の職場の良さは?
A:1、港湾構造物を専門にしている点です。
小さい会社ですが、港湾全般に高い技術力を持つ集団です。
(これは自分が入社を決めた理由のひとつです)
2、コンサルにしては(というと言うと誤解を招くかもしれませんが)、
長時間の残業は回避されていて、仕事とブライベートが
しっかり線引きされている点です。
年度末の忙しい時期は別ですが、
残業が少なくて休日出勤がないのが魅力です。
沿革
  • 1979年2月
    • 創立(資本金2千万円)
  • 1979年10月
    • 下関事務所 開設
  • 1979年11月
    • 本社移転
  • 1981年5月
    • 鹿児島事務所 開設
  • 1989年4月
    • 熊本事務所 開設
  • 1990年4月
    • 本社移転
  • 1992年1月
    • 北九州事務所 開設
  • 1994年7月
    • 資本金を(3千5百万円)に増資
  • 1995年10月
    • 大分事務所 開設
  • 2009年4月
    • 宮崎事務所 開設
  • 2011年4月
    • 本社を現在地(福岡市博多区下川端町)に移転
  • 2011年8月
    • 東日本事務所 開設
  • 2016年9月
    • 東日本事務所を東京支店に昇格
  • 2017年10月
    • 東京支店を川崎市川崎区(京急川崎駅近く)に移転
  • 2019年2月
    • 創業40周年
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 14年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 7.6日

採用データ

問い合わせ先

総務グループ 新卒採用担当 
092-281-4210

〒812‐0027
福岡市博多区下川端町9番12号
株式会社五省コンサルタント
URL http://www.c-gosei.com/index.html
E-mail s-satou@c-gosei.com
交通機関 J R・・・「博多駅」より地下鉄空港線乗り換え「中洲川端駅」下車
地下鉄・・・「中洲川端駅」より徒歩5分
バ ス・・・西鉄バス「博多五町バス停」(本社のビル前がバス停)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp250871/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)五省コンサルタントと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)五省コンサルタントを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ