最終更新日:2020/7/1

  • 正社員

(株)栗田機械製作所

業種

  • 機械
  • 機械設計

基本情報

本社
大阪府
資本金
9,000万円
売上高
25.7億円(2018年実績) 23.7億円(2017年実績) 28.6億円(2016年実績)
従業員
104名
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、機械設計
  • 本社 大阪府
  • 資本金 9,000万円
  • 売上高 25.7億円(2018年実績) 23.7億円(2017年実績) 28.6億円(2016年実績)
  • 従業員 104名
  • 募集人数 1~5名

モノ作り87年。しぼって、こす。世界に誇る、クリタの技術。

【7月度会社説明会開催予定】こんにちは!(株)栗田機械製作所製作所の採用担当です。 (2020/06/26更新)

PHOTO

栗田機械製作所は、会社説明会を開催いたします!
ご興味のある方は是非いらっしゃってください。

現在、6月度の会社説明会のご案内しております。
近日中に7月度の会社説明会のご案内も予定しております。

新型コロナウイルス感染症の予防対策をさせて頂いております。
ご来社された際にはマスクの着用をお願いします。
また、アルコール消毒をして頂きますのでご了承下さい。

時間【全日程】午前の部10:00~12:00 午後の部14:00~16:00
ご都合の良い時間帯をお選び下さい!!

場所 栗田機械製作所 本社

皆様にお会いできることを楽しみにしております!

会社紹介記事

PHOTO
技術・営業・製造が一体となって、フィルタプレスの開発設計から製造・販売まで一貫して行っています。パーティをしたり、ボーリングをしたり、交流も盛ん。
PHOTO
当社製フィルタプレスの納入先は官公庁から浄水処理場、製鉄、化学、薬品、食品など、ありとあらゆる業界の有力企業。その数は3,000台を超えています!

オンリーワン技術を武器に、フィルタプレス専業メーカーとして世界へ飛翔!

PHOTO

「歯車や部品ではない、いうなればエンジンやモーターのように“やる気”に満ちた若い人がたくさん。当社では“出る杭”はなでてさらに伸ばします!」(栗田代表取締役)

■フィルタプレスで日本一、世界に通じる企業を目指す!
私たちは国内唯一のフィルタプレス(ろ過機)専業メーカーとして、オンリーワン技術を武器に開発設計から製造まで一貫して行っています。フィルタプレスと言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、実は工業製品から日用品まで、「これがなくてはつくれない!」という、なくてはならない機器なのです。当社製品の納入先も、官公庁から浄水処理施設、商社のほか、製鉄・電気・機械・石油・薬品・繊維・製紙など、あらゆる業界にわたっています。そのため、景気に左右されにくく、事業基盤も安定しています。
今後、さらなる成長曲線を描くために、特殊繊維など新素材の研究開発にも力を入れ、より付加価値の高い提案強化に取り組んでいきます。同時に世界市場に向けた動きも加速。需要の拡大が見込まれる中国・インド・マレーシアに現地法人を開設し、現地ニーズに合わせた製品開発にも注力しています。
目標は20~30年後に日本一、そして世界で通用する企業になること。今、私たちはそれが狙えるポジションにまで来ています。あと少し!あきらめずに突き進む〈エンジン〉になってくれる若い力に期待しています!
(栗田佳直 代表取締役)

■若いうちから幅広い経験を積める!
機械の設計に携わりたいと就職先を探す中で、知ったのが栗田機械製作所でした。排水処理に使われるフィルタプレスなら一定の需要があり事業として安定していること、若いうちから設計の現場第一線で経験を積めること、そして何より〈大きい機械〉であることが魅力でした。機械が大きければ、それだけ多くの部品や素材も必要になり、いろいろなことが学べるからです。
入社して2年目には、お客様との打ち合わせから仕様の確定、開発設計、取扱説明書の作成、試運転の立ち会いまでをメインで担当。お客様からは「前の機械よりいいね、能力もきちんと出てるよ」と言われ、とても嬉しかったですね。最近では、3次元CADの導入にあたって機器の選定から社内勉強会の開催まで、メインで取り組んでいます。
世界に市場が広がっていく中で、これまでとはまた〈ひと味違う〉設計も増えると、ワクワクしています。国内外のお客様によりよい製品を届けられるよう、これからもチャレンジしていきます!
(R.Nさん 技術課 2010年入社)

会社データ

プロフィール

創業87年の老舗メーカー!「フィルタプレス」の販売は国内シェアトップクラス!技術は研修でサポート

事業内容
フィルタプレスの設計・製造・販売・メンテナンス

※フィルタプレスとは加圧ろ過方式を適用するろ過装置で、固液・混合液をケークろ過で固体と液体に分離します。
本社郵便番号 550-0024
本社所在地 大阪市西区境川2丁目1番44号
本社電話番号 06-6582-3001 
創業 1930年7月5日
設立 1948年3月30日
資本金 9,000万円
従業員 104名
売上高 25.7億円(2018年実績)
23.7億円(2017年実績)
28.6億円(2016年実績)
事業所 ■大阪本社・本社工場/大阪府大阪市西区境川2-1-44
■東京支社(東京)/東京都千代田区神田小川町1-8-8 VORT神田小川町 11F
■九州営業所(福岡)/福岡市博多区祇園町1-28いちご博多ビル6階C
主な納入先 旭化成(株)、オルガノ(株)、花王(株)、(株)カネカ、サンスター(株)、(株)ダイセル、北海道曹達(株)、王子製紙(株)、(株)虎屋、ダイキン工業(株)、武田薬品工業(株)、京セラ(株)、DIC(株)、ロックペイント(株)、不二製油(株)、日清オイリオグループ(株)、カルビー(株)、日本食品(株)、Meiji Seikaファルマ(株)、山崎製パン(株)、味の素エンジニアリング(株)、関西電力(株)、LIXIL(株)、シャープ(株)、JFEスチール(株)、住友金属鉱山(株)、新日鐵住金(株)、中国電力(株)、トヨタ自動車工業(株)、パナソニック(株)、(株)日立製作所、明石市明石川浄水場、宝塚市小浜浄水場、奈良県御所浄水場、伊丹市千僧浄水場、など
関連会社 【グループ企業】
可利達机械貿易(上海)有限公司
Kurita Machinery Asia Pvt. Ltd. (インド)
KURITA MACHINERY(マレーシア)SDNBHD
平均年齢 40.2歳
沿革
  • 1930年
    • 創業者・栗田金太郎がフィルタプレスとその付属品販売のために「栗田機械製作所」を創業
  • 1953年
    • 世界を先駆け全自動フィルタプレス(日、米、独、仏特許)の開発に着手
  • 1958年
    • 全自動フィルタプレスを大阪国際見本市に出展し大いに注目を浴びる
  • 1971年
    • MF型全自動フィルタプレス開発
  • 1977年
    • 独立ろ布走行型クリタ式UF型全自動フィルタプレスを開発
  • 1987年
    • FM型自動フィルタプレス開発
  • 1989年
    • ピュアースクイザー開発
  • 1994年
    • BF型自動フィルタプレス開発
  • 1997年
    • MF-3型自動フィルタプレス開発
  • 2003年
    • ISO9001:2008認証取得
  • 2009年
    • 宝塚市上下水道局、小浜浄水場向けとして、濾過池・濃縮設備・脱水機設備と一連の浄水設備を受注。
  • 2010年 5月
    • 「可利達机械貿易(上海)有限公司」設立
  • 2010年 10月
    • 「Kurita Machinery Asia Pvt. Ltd.」設立
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 12.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 17時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 9.4日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 2名 4名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 0名 2名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 75.0%(4名中3名)

役員:75% 管理職:0%

採用データ

問い合わせ先

(株)栗田機械製作所
総務課 採用担当 
〒550-0024 大阪府大阪市西区境川2-1-44
TEL 06-6582-3001
e-mail soumu_saiyou@kurifil.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp26840/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)栗田機械製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)栗田機械製作所を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)栗田機械製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ