最終更新日:2020/9/15

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ソフトウェアシステム

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 受託開発

基本情報

本社
東京都
資本金
4,000万円
売上高
8億2,200万円[2019年6月期実績]
従業員
89名(男 81名・女8名)[2020年4月現在]
募集人数
若干名
  • 業種 ソフトウエア、情報処理、受託開発
  • 本社 東京都
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 8億2,200万円[2019年6月期実績]
  • 従業員 89名(男 81名・女8名)[2020年4月現在]
  • 募集人数 若干名

公共性の高いシステム開発で、暮らしを支えています。しっかりとした研修制度で、未経験者も活躍中!

  • エントリー者へ限定案内中

◆◇会社説明会&筆記試験開催情報◇◆ (2020/09/15更新)

PHOTO

ソフトウェアシステムは、公共性の高い国や自治体の防災情報などの
コンピュータシステム開発を40年以上にわたり手掛けています。

選考直結の説明会へご参加ください。

※※※ 説明会&筆記試験日程 ※※※
 9月18日(金)14:00~
 9月30日(水)14:00~

会社紹介記事

PHOTO
公共事業や医療に関わるシステムは、常に“止まらない”ことを求められる。人々の暮らしを守るという使命のもと、メンバー同士連携し合ってモノづくりをしていく。
PHOTO
会社の設立は1969年。システム構築を担う企業として、長い歴史を持つ同社。防災などの公共事業や医療システムという、人々の命に関わるシステムを生み出している。

公共のシステム構築を担うプロのエンジニアを、未経験から丁寧に育成していく

PHOTO

「仕事の中心はプログラミングですが、そこではチーム間での報告や意見交換が発生します。コミュニケーションを大切にし、意見を伝えることを意識したいです」と松本さん。

ソフトウェアの研究開発の視点から社会に貢献しつづけてきたソフトウェアシステム。公共事業や防災、医療などの現場で使われるシステムに深く関わるという事業特性からか、開発するシステムにも独自のルールが求められることが多いそう。そのためITスキルを持たない初心者を、ゼロから育てることに力を入れているのが特徴だ。同社が長い時間をかけて構築してきたノウハウや技術を、まっさらな状態から素直に身に付けてほしいという想いが強い。そんな教育体制に惹かれたのが、2019年に法学部から入社を決めた松本健斗さんだ。「学生時代は公務員を目指していたこともあったのですが、仲の良かった先輩たちがIT分野に就職し、とても楽しそうに働いている姿を見て、自分も挑戦したいと思ったんです。ITの知識ゼロの私に対して、社内で丁寧に教育をしてくれる会社、インフラなど今後もなくなることのない分野のシステム開発をしている会社に入りたいと思っていたときに出合ったのが当社でした」。松本さんは同社のワーク・ライフ・バランスにも注目。働きやすい環境であることも入社の決め手になった。

入社後は3カ月間の全体研修でプログラミングの基礎を理解。自ら学び、講師に質問を重ねながらレベルアップをしていくスタイルだ。「迷ったときに講師を担当している先輩に質問すると、一方的に答えをくれるのではなく一緒に考えてくれるので、プログラミングという仕事に対する考え方も学ぶことができました」という松本さん。その後地方公共団体の医療申請システムを作るチームに配属となり、少しずつ実際の業務に関わっていった。「本格的に仕事を任される前に、業務に則したダミーのシステムを自由にいじってみる期間もありました。これから自分が作っていくものの構成、課題なども理解できたと思います」。配属当初はシステムの検証や不具合の調査、データの取得などを担当していたが、徐々にプログラミングの実践にも関わるようになり、自らの手で動くシステムを作れる楽しさを見いだせるようになったという。

その後は新しいプロジェクトとして、民間企業のWebサービスの立ち上げチームの一員となった松本さん。「新しいものを作るために、自分で調べ、考え、作っていくのは面白いと感じています。自分の一存で決断できることも増えてきました」と、成長を実感しつつ、堅実にスキルを磨きつづけている。

会社データ

プロフィール

ソフトウェアシステムは、1969年に学校関係者が集まり、来るべきコンピュータ社会に向け、“ソフトウェアの研究・開発組織をつくろう”とスタートした会社です。会社というより研究所という意識があり、常に最新技術の動向に目を向け、公的分野を中心に社会基盤になるようなシステムを構築し、社会への貢献を志してきました。特にダム管理・河川・道路・気象などの防災系システムに多くの実績があります。
最近では、プロパテント政策の推進による特許情報のシステム開発、企業の財務状況に従い信用力を判断するシステム開発、地方公共団体向けシステムのクラウド化の支援などにも力を注いでいます。

また、2006年にはISO27001の国際認証(情報セキュリティ[ISMS])を取得し、お客様に対し、一層、信頼して仕事を任せて頂ける会社を目指しています。
今後も独立系企業ならではの自由な発想を活かし、ソフトウェアの研究・開発を通してより広汎な社会ニーズに対応し、快適で便利な社会の実現を夢に邁進していきます。

事業内容
  • 受託開発
防災情報(ダム制御、河川情報、道路情報、気象情報、防災無線)
航空管制(空港気象レーダ)
自動車関連システム 
特許情報(公報検索、公報照会、特許管理、特許分析)
金融情報(財務分析、リスク管理)
公共情報(自治体マイナンバー対応など)
ヘルスケア関連システム
本社郵便番号 141-0032
本社所在地 東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館6F
本社電話番号 03-6417-9161
設立 1971年4月
資本金 4,000万円
従業員 89名(男 81名・女8名)[2020年4月現在]
売上高 8億2,200万円[2019年6月期実績]
事業所 本社:東京都品川区/五反田
取引銀行 みずほ銀行
平均年齢 40.9歳(2019年12月末現在)
平均勤続年数 18.1年(2019年12月末現在)
ISO認証取得 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2005=JIS Q27001:2006」認証を取得[2006年8月]
沿革
  • 1969年
    • マネージメント&コンピュータ研究所設立
  • 1971年
    • 同研究所を改組し、(株)ソフトウェアシステムを渋谷区に設立
  • 1977年
    • 防災情報(河川情報)システム開発開始
  • 1985年
    • 気象情報システム開発開始
  • 1986年
    • 道路情報システム開発開始
  • 1987年
    • カーナビゲーション、船舶航行システム開発開始
  • 1994年
    • 特許情報のシステム開発開始
  • 1996年
    • 地震情報システム開発開始
  • 2000年
    • 人事給与管理パッケージ開発
  • 2003年
    • 公報PDF変換パッケージ開発・販売特許
  • 2006年
    • ISO27001/ISMS国際認証取得
  • 2010年
    • 特許管理システム開発
  • 2012年
    • 本社を現在地 品川区大崎(五反田)に移転
  • 2014年
    • AIO(all in one)型勤怠管理パッケージ開発
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 18.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 17.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 15.2日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 0.0%(3名中0名)

採用データ

問い合わせ先

〒141-0032
東京都品川区大崎5-6-2 都五反田ビル西館6F
人材開発室:採用担当
フリーダイヤル:0120-60-9161
URL http://www.netssc.co.jp/
E-mail recruit@netssc.co.jp
交通機関 JR五反田駅西口より徒歩6分、東急池上線大崎広小路駅より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp39067/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ソフトウェアシステムと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)ソフトウェアシステムを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)ソフトウェアシステムを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ