最終更新日:2019/11/8

  • 上場企業

りらいあコミュニケーションズ(株)【三井物産グループ/東証一部上場】

業種

  • 各種ビジネスサービス
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • コンサルティングファーム
  • 人材派遣・人材紹介

基本情報

本社
東京都
資本金
9億9,800万円
売上高
1,157億円 (19年3月期、連結)
従業員数
正社員:11,702名 契約社員:20,744名(19年3月末現在、連結)
  • 業種 各種ビジネスサービス、専門コンサルティング、シンクタンク・マーケティング・調査、コンサルティングファーム、人材派遣・人材紹介
  • 本社 東京都
  • 資本金 9億9,800万円
  • 売上高 1,157億円 (19年3月期、連結)
  • 従業員数 正社員:11,702名 契約社員:20,744名(19年3月末現在、連結)

【企業が頼る、人になる】最適な顧客接点を創造し提供する ~ Relia

会社紹介記事

PHOTO
従業員同士の関係が深く、部署や入社年次をまたいだ情報交換会も頻繁に開催されている。人と人のつながりを感じながら働くことが可能だ。
PHOTO
お客様企業の業務上の課題を解決していくコンサルティング。ときには受注金額が億円単位にもなるスケールの大きい仕事だ。

消費者との接点から、お客様企業のビジネスを変革する。

PHOTO

人事・業務本部 人事企画部 黒澤部長 従業員満足度の向上にも注力。より働きやすい環境を整えるため、エリアごとにさまざまなチャレンジを行っています。

■お客様企業の長期的なビジネスパートナー
当社は、消費者と企業の接点を最適化することで、企業価値の向上に貢献します。具体的には、コンタクトセンター運営や事務処理等のBPOサービス、またBPOを通じたデータ分析・マーケティング情報の提供や業務最適化・コストダウンのためのコンサルティングなど多岐にわたります。

■ビジネスの課題をお客様企業とともに考え、解決する
入社後はまず、コンタクトセンターや事務センターなどで業務を経験します。コンタクトセンターは、「クレーム処理が多い」というイメージがあるかもしれませんが、実際は消費者の声に直接触れることができる貴重な仕事です。業務を通じて、消費者の方々やお客様企業がどのようなことを求めているのか、学んでほしいですね。
2年目以降は、コンサルティング営業も担当していきます。ビジネスのどのプロセスに課題があるのかをお客様企業と一緒に考えながら解決を目指します。例えば、営業支援の場合、課題が営業プロセスにあるのか、それとも商談にあるのか、それを探り出す必要があります。課題が営業プロセスにあった場合には、効果的な営業プロセスやコンタクトセンターの活用を提案します。
新入社員に求めたいのは、不断のチャレンジ精神。私たちにはない若い感性を発揮してほしいですね。現場に出れば、さまざまな局面で疑問や戸惑いを感じることもあるでしょう。そんなときは、遠慮せずに言葉に出してください。会社全体であなたの発言を必ず受け止めます。

■デジタル領域とグローバル化に注力
BPOビジネスは変革の局面を迎えています。常に変化するお客様企業の課題に応え続けなければなりません。当社は、AIやIoTなど、デジタル領域に注力することによってサービス力の強化を図っています。また、グローバル化にも積極的に取り組んでおり、中国やタイ、ベトナムなどアジア諸国のほか、アメリカなどの英語圏にもサービスを展開しています。
お客様企業が抱える課題は、それぞれ異なります。課題解決につながる方法は一つではなく、無限に存在するはず。あなたのフレッシュな感性を是非、当社で存分に発揮してください。

会社データ

事業内容
企業の重要課題である売上拡大を前提とした顧客維持拡大の為のマーケティングを始めとするCRM戦略。そのコンサルティングと戦略の実現箇所となる”企業と顧客の接点”をコーディネートすることで売上拡大を実現します。またコスト最適化に加え、コアビジネスへのリソースの有効活用がもたらすビジネスプロセスの最適化及び合理化。これら顧客企業のビジネス全体の最適化に向けたコンサルティングと実行を手がけています。

■各種コンサルティング
 ・カスタマーチャネル最適化
 ・ビジネスプロセス再構築
 ・サービス戦略策定
 ・サービスパトロール
 ・VOCコンサルティング
 ・パフォーマンス改善コンサルティング
 ・顧客満足度調査・分析
 ・セールスプロセス再構築

■デジタルマーケティング
 ・サーチエンジンマーケティング
 ・データベースマーケティング
 ・ソーシャルメディアマーケティング    

■コンタクトセンターの設計・構築・運用
 ・インバウンドサービス
 ・アウトバウンドサービス
 ・フルフィルメント
 ・オペレーション可視化
 ・運営力測定
 ・人材開発・育成
 ・調査(各種マーケティング調査、世論調査)

■データ分析
 ・コールデータ分析
 ・コール予測
 ・VOC分析
 ・顧客データ分析

■対面・訪問サービス
 ・セールスプロモーション支援
 ・訪問サービス
 ・営業支援アウトソーシング

■バックオフィス支援サービス
 ・データプロセッシング
 ・事務アウトソーシング
 ・社内システムヘルプデスク
 ・オフショアサービス
本社郵便番号 151-8583
本社事務所所在地 東京都渋谷区代々木2丁目2番1号 小田急サザンタワー16F
本社電話番号 03-5351-7200(代表)
設立 1987年6月
代表取締役社長 網野 孝
資本金 9億9,800万円
従業員数 正社員:11,702名 契約社員:20,744名(19年3月末現在、連結)
売上高 1,157億円 (19年3月期、連結)
事業所 ●本社/東京
●支社・支店/北海道支社、東北支店、中部支店、関西支社、中国・四国支店、九州支店、沖縄支社
主要株主 三井物産(株)
セントラル警備保障(株)
主な取引先 国内主要企業、地方自治体、官公庁など
関連会社 <国内グループ会社>
■りらいあデジタル(株)
■(株)マックスコム
■(株)アイヴィジット
■(株)ウィテラス
■(株)ビジネスプラス

<海外グループ会社>
■Inspiro Relia, Inc.
■MOCAP,Limited.
■Relia Vietnam Joint Stock Company
■盟世熱線信息技術(大連)

<関連企業>
■電通オペレーション・パートナーズ

<業務提携>
■(株)エル・ティー・エス
■(株)ママスクエア
■Tokyo Otaku Mode Inc.
■(株)ワークスアプリケーションズ
■(株)ナディア
キャリアサポート りらいあコミュニケーションズでは多様化する働き方を積極的に支援しております。

<休暇制度>
■産前/産後休暇制度
出産・育児に伴う休暇を取得することができます。
出産後は時短勤務制度を活用し育児と仕事を両立することができます。

<時短勤務制度>
■育児/介護時短勤務制度
育児中、介護中に使用できる制度です。勤務時間を短縮し、無理なく仕事との両立ができます。

<教育制度>
■社内教育・自己啓発制度

当社には、企業内大学である「りらいあカレッジ」という制度があります。
「りらいあカレッジ」では、ビジネスパーソンとして必要なスキルや理論、
考え方を体系的に学べるプログラムを用意しています。
加えて自己啓発講座を120以上用意しており、自律的な学びを支援しています。

■英語学習制度
オンラインで個人レッスンを受けることができ、
これから海外に挑戦できるようになりたい、という想いを支援します。

他多数
沿革
  • 1987年
    • 6月 三井物産(株)を中核とし、計12社の出資を得て設立
      12月 大阪支店(現・関西支社)開設
  • 1989年
    • 1月 調査業務開始
      12月 名古屋支店(現・中部支店)開設
  • 1992年
    • 4月 福岡支店(現・九州支店)開設
  • 1994年
    • 4月 本社、渋谷区代々木に移転
      10月 広島支店(現・中国・四国支店)開設
  • 1995年
    • 10月 仙台支店(現・東北支店)開設
  • 1998年
    • 10月 株式店頭公開
  • 1999年
    • 6月 後楽園センターを開設
      10月 テレガイド日本(株)と合併
         札幌支店(現・北海道支社)開設
         マーケティングサイエンス研究所を設立
      11月 人材採用および教育研修部門においてISO9001を取得
  • 2000年
    • 11月 新宿西センター開設、札幌メガセンター開設
         株式を東証2部へ上場
  • 2001年
    • 4月 人材募集専門ポータルサイトを開設
      7月 採用センター「ジョブポケット」を開設
  • 2002年
    • 3月 東京証券取引所市場第一部に上場
      4月 テキストマイニングサービス開始
  • 2003年
    • 4月 日本テレコムマックス(株)(現・(株)マックスコム)の全株式を取得
      11月 「BS7799」および「ISMS認定基準の認証」を本社ビルのテレマーケティング業務において取得
      12月 「プライバシーマーク」の認証を取得
  • 2004年
    • 7月 金沢センター開設
      11月 仙台青葉センター(現・仙台センター)開設、鹿児島センター開設
  • 2005年
    • 5月 いよ松山センター開設
      6月 沖縄てぃだセンター開設、札幌ノースプラザセンター開設
      7月 幕張ミラウェイヴセンターを開設
  • 2006年
    • 5月 FC東京のスポンサード開始
      10月 新潟スタシオンセンター開設
  • 2007年
    • 6月 札幌eZoセンター開設
      9月  (株)アイヴィジット(100%子会社)設立
  • 2008年
    • 11月 福岡センター開設
         (株)エニーの全株式を取得
      12月 タイ王国のテレマーケティング会社であるMOCAP Limitedに三井物産(株)とともに出資
  • 2009年
    • 1月 札幌エボリューションセンター(現・札幌センター)開設
      4月 アイヴィジットとエニーの経営統合を実施
      11月 ベトナム社会主義共和国において、三井物産(株)並びに現地パートナーとともに
      テレマーケティング会社、MOCAP Vietnam Joint Stock Companyを設立
  • 2010年
    • 10月 (株)ウィテラスの全株式を取得
  • 2011年
    • 6月 (株)エル・ティー・エスと業務資本提携
      10月 本社事務所を小田急サザンタワーに移転(登記上本店所在地の変更はなし)
  • 2012年
    • 4月 NEC ネッツエスアイ(株)とお客様企業の経営改革に向けた業務サービス分野で事業提携
         盟世熱線信息技術(大連)有限公司の全株式を取得し、中国大連におけるオフショアBPOサービスを強化
  • 2013年
    • 1月 中国・大連のオフショア拠点を拡張
      3月 関連会社MOCAPベトナムの第三者割当増資を引き受け、同時にMOCAPベトナムは
      英国ハーヴィーナッシュ・グループと提携しグローバルBPO受託体制を強化
      5月 「バーチャルエージェント」の提供を本格的に開始
  • 2015年
    • 10月 (株)もしもしホットラインより、りらいあコミュニケーションズ(株)に商号変更
  • 2016年
    • 9月 フィリピンにてSPi CRM, Inc. (現 Inspiro Relia,Inc.)全株式及びInfocom Technologies, Inc.株式の株式99.64%を取得
      11月 (株)ママスクエアと業務・資本提携
      12月 Tokyo Otaku Mode Inc.と業務・資本提携
         (株)ワークスアプリケーションズと業務・資本提携
  • 2017年
    • 7月 MOCAP Vietnam Joint Stock Companyを子会社化
         (株)ナディアと資本・業務提携
  • 2018年
    • 10月 りらいあデジタル(株)(100%子会社)設立
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 25時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 13日

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

りらいあコミュニケーションズ(株)【三井物産グループ/東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
りらいあコミュニケーションズ(株)【三井物産グループ/東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ