最終更新日:2019/6/1

  • 上場企業

デンヨー(株)【東証一部上場】

業種

  • 重電・産業用電気機器
  • 機械
  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
東京都
資本金
19億5,483万円
売上高
349億8,700万円(単体) 501億8,200万円(連結) 2018年3月期実績
従業員
 561名(単体) 1,277名(連結) 2018年3月末現在
  • 業種 重電・産業用電気機器、機械、自動車・自動車部品
  • 本社 東京都
  • 資本金 19億5,483万円
  • 売上高 349億8,700万円(単体) 501億8,200万円(連結) 2018年3月期実績
  • 従業員  561名(単体) 1,277名(連結) 2018年3月末現在

【国内シェア65%】世界150カ国以上で活躍するエンジン発電機を手がける、高品質パワーソースのトップランナー!

会社紹介記事

PHOTO
「お客様のニーズに応える良い製品を作ること」という目的意識のもとに、上司と部下、部署や部門の垣根を越えて、社員同士が話しやすい雰囲気も当社の魅力です!
PHOTO
今はメールで何でもやり取りができる時代ですが、当社の営業スタンスは今も昔も変わらず、「お客様のところへ行ってお客様の話を聞く」ということを重視しています。

【創業70年】未来に向かって進む「パワーソース」を通して、世界を動かし続けます!

PHOTO

「私たちが、皆さんをサポートします!」

■「移動可能な発電所」いつでも、どこでも、必要なだけ電力を供給
今日の社会において、電力は必要不可欠なものです。電力会社によって供給される電力=商用電源が使用できない場面で活躍するのが当社の主力製品であるエンジン発電機です。発電機は建設現場や野外イベントといった身近なところで幅広く使用されています。また開発途上国や災害時には人々の生命線としても活躍します。そんな製品を造り、人々の生活を縁の下から支えていく、それがデンヨーの使命です。

■使う人、売る人、造る人。「三者の得」を追求しています
パワーソースをテーマに安全性・経済性・環境性重視の製品造りに徹することで「三者の得」を追求することを経営理念としています。「三者の得」とは“使う人、売る人、造る人”の三者が、共に利益を享受し繁栄していくことを指しています。2011年の東日本大震災以降、人々の電気に対する見方は大きく変わりました。スイッチひとつで好きなだけ電気が使える、それが決して当たり前ではないということを実感された方も多くいらっしゃると思います。こうした変化を受け、当社の発電機もこれまで中心だった建設関連分野だけでなく、停電対策や非常用の分野での需要が急速に高まりました。「三者の得」の経営理念の下、社会インフラ拡充のためにデンヨーが担う役割は益々大きなものとなってきています。

■“デンヨー”でなら実現できる
デンヨーは業界シェアトップのリーディングカンパニーですが、従業員が何千・何万人もいるような巨大企業ではありません。一人ひとりに回ってくるチャンスは多いでしょう。例えば、製品開発では設計から製造、試作までひとつのチームが一貫して担当し、若手社員がチームリーダーを務めることもあります。
全社一丸となって新たな研究開発や市場開拓に挑戦しており、一人ひとりのやる気と実力次第で年次に関係なく責任ある仕事が任せられる会社です。事業活動を通して被災地や発展途上国にも貢献できることにやりがいを感じながら、地道にコツコツ仕事に取り組む社員が多く、この“真面目”な社風もデンヨーの特徴のひとつです。

・世の中に欠かせないモノを造りたい
・社会を支える仕事がしたい
・日本だけでなく世界中で活躍したい

ひとつでも当てはまるあなた、是非一緒にデンヨーで夢を追いかけましょう!

会社データ

事業内容

PHOTO

当社最大の生産拠点である福井工場の発電機生産ラインです。

デンヨーは、社会を創る動力を提供しています。
「電源のない場所」で活躍するデンヨーの製品は世界150カ国以上のお客様に評価され、社会基盤を創るさまざまな場所で活躍しています。
エンジン発電機・溶接機・コンプレッサを3本柱に、電源車やエンジン投光機、高所作業車など、積極的な事業展開を行なっています。

【エンジン発電機】
◎なぜスイッチ1つで電気がつく時代に『発電機』が必要なの?
商用電源(電力会社から送電される電力)が使えない環境(場所・時)において、当社の発電機は活躍します。
出力1kVA(電化製品1台程度の電力)~1,100kVA(一般家庭200世帯分程度の電力)まで幅広い製品ラインアップを揃えています。

●可搬形発電機
土木・建設・港湾の工事現場をはじめ、TV中継や野外フェスなどの各種イベント、レジャーにと電源を必要とするさまざまな場面で幅広く活用されています。
デンヨーはこの分野で国内トップシェアを有しています。

●非常用発電機
・防災用自家発電装置
消防法の規定により、不特定多数の人々が集まる建築物(デパート・ホテル等)に設置され、スプリンクラーや火災報知機などの電源として使用されます。

・一般停電要予備発電機
災害、送電線トラブルなどによる停電時のバックアップ電源として、工場やオフィス、病院などに設置され、停電のリスクを最小限に抑えます。

【エンジン溶接機】
屋外作業の溶接機として当社が日本で初めて開発しました。
 ●ビルやマンション、橋梁などの鉄骨構造物の溶接
 ●石油備蓄タンク、パイプラインなどの重要構造物の溶接

【エンジンコンプレッサ】
 ●道路工事のはつり作業(コンクリートを砕く、削る)、地盤改良工事
 ●山岳道路の土砂崩れ防止のモルタル吹き付け工事
 ●スキー場の人口降雪機用など

【その他製品】
 ●電源車
 ●高所作業車
 ●エンジン投光機 など
本社郵便番号 103-8566
本社所在地 東京都中央区日本橋堀留町二丁目8番5号
本社電話番号 0120-318-818(フリーダイヤル)
設立 1948年 7月
資本金 19億5,483万円
従業員  561名(単体)
1,277名(連結)
2018年3月末現在
売上高 349億8,700万円(単体)
501億8,200万円(連結)
2018年3月期実績
事業所 本社(東京都中央区)
支店2カ所(東京都中央区、兵庫県尼崎市)
営業所12カ所(全国主要都市)
出張所5カ所
工場(福井県若狭町、滋賀県湖南市)
開発・技術(埼玉県坂戸市、福井県若狭町、滋賀県湖南市)
関連会社 【国内】
デンヨー興産(株)
ニシハツ(株)
新日本建販(株)

【海外】
Denyo America Corporation
Denyo Manufacturing Corporation
Denyo Asia Pte Ltd
Denyo United Machinery Pte Ltd
P.T.Dein Prima Generator
Denyo Vietnam Co.,Ltd.
Denyo Europe B.V.
業績推移 決算年月   売上高   経常利益  当期純利益 (単位:百万円)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2014年3月  49,832   5,723   3,725
2015年3月  52,267   5,757   3,857
2016年3月  50,419   4,494   3,137
2017年3月  48,851   4,526   2,867
2018年3月  50,182   3,902   2,762
代表者 代表取締役社長 白鳥 昌一
主な取引先 官公省庁、学校、機械、輸送用機器、石油、化学、窯業、鉄鋼金属、リース・レンタル業、電気機器、建設、電気工事、商社、金融機関、情報・通信、その他
上場取引所 東京証券取引所第一部(電気機器)
沿革
  • 1947年11月
    • 創設者久保山洩左が東京入船町(現新富町)で電気溶接機の販売、修理業として創業
  • 1948年 7月
    • 日本電気熔接機材(株)を設立
  • 1959年 3月
    • わが国最初の高速エンジン溶接機を開発、生産を開始
  • 1961年12月
    • 埼玉工場を完成、エンジン発電機の生産を開始
  • 1966年 7月
    • 社名を「デンヨー(株)」と改称
  • 1970年 7月
    • 滋賀工場完成、生産を開始
  • 1973年 4月
    • エンジンコンプレッサの生産を開始
  • 1976年 3月
    • インドネシアに合弁会社 P.T.デンヨーインドネシアを設立
  • 1976年 4月
    • 福井工場完成、操業開始
  • 1982年 1月
    • 新埼玉工場に移転完了
  • 1983年 2月
    • 東京証券取引所市場第2部に上場
  • 1984年 5月
    • 水関連機器分野に参入、第一弾としてエンジン高圧水ポンプと配水管洗浄装置開発・生産を開始
  • 1988年 4月
    • 新規事業へ参入、コージェネレーションシステム及び無停電電源装置を開発・販売開始
  • 1992年12月
    • アメリカに子会社 Denyo America Corporation を設立
  • 1995年 8月
    • アメリカに合弁会社 Denyo Manufacturing Corporation を設立
  • 1997年12月
    • 福井工場でISO9001を取得
  • 2000年 3月
    • 東京証券取引所市場第1部に上場
  • 2000年 7月
    • シンガポールに子会社 Denyo Asia Pte. Ltd を設立
  • 2003年 5月
    • 滋賀工場を閉鎖し、生産を福井工場に統合
      滋賀工場は滋賀物流センター兼福井分工場とする
  • 2006年10月
    • 福井工場でISO14001を取得
  • 2006年12月
    • 中央区日本橋堀留町に本社を移転
  • 2007年 6月
    • 株式取得により西日本発電機(株)を子会社化
  • 2007年10月
    • オランダに Denyo Europe B.V. を設立
  • 2010年 5月
    • ベトナムに Denyo Vietnam Co., Ltd. を設立
  • 2013年 3月
    • 埼玉県坂戸市に開発研修センター完成

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

デンヨー(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
デンヨー(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ