最終更新日:2020/3/19

  • 正社員
  • 既卒可

四国旅客鉄道(株)(JR四国)

業種

  • 鉄道
  • 旅行・観光
  • サービス(その他)

基本情報

本社
香川県
資本金
35億円
売上高
291億円(2019年3月期)
従業員
2,279名(2019年4月現在)
募集人数
101~200名
  • 業種 鉄道、旅行・観光、サービス(その他)
  • 本社 香川県
  • 資本金 35億円
  • 売上高 291億円(2019年3月期)
  • 従業員 2,279名(2019年4月現在)
  • 募集人数 101~200名

四国とともに歩む企業グループを目指して

2021年採用エントリー受付及び新型コロナウイルスへの対応について (2020/03/05更新)

【説明会についての対応】
■3月12日(木)・13日(金)に予定しておりました、JR四国の会社説明会は中止することといたしました。
なお、3月16日(月)・23日(月)の会社説明会については、コロナウイルスの感染拡大が続いた場合は中止となる可能性がありますので、ご了承ください。

■WEBでのライブ配信を現在検討中です。詳細が決定次第おしらせいたします。

JR四国では、現在エントリーシートの登録を受け付けています!
皆さんのエントリー、ご応募をお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
四国4県を結び、また四国と全国を結ぶJR四国。地域に根ざした「四国ブランド」のスポークスマンとして、自然と歴史・文化に溢れた四国の魅力を全国に発信している。
PHOTO
お客さまを安全に目的地まで運ぶことはもちろん、快適な列車の旅行を提供。地域の人々の暮らしを支え、四国の発展・活性化に貢献している。

四国とともに歩む企業グループを目指して

PHOTO

安全性を重視した車両や鉄道設備の維持管理、設計には高い技術力が求められ、技術力の継承・向上に努めている。

私たち四国旅客鉄道(JR四国)が掲げるテーマ、それは

「四国と共存する企業として、地域の魅力を発掘し、全国へと発信すること」

これは、四国4県と全国を結ぶ鉄道ネットワークを保有するJR四国だからこそできることだと考えています。

豊かな自然と歴史、文化にあふれた四国には、そこに暮らす人々も気づかない、多彩な魅力がまだまだ埋もれているはずです。そうした素材を魅力ある新たな価値として創造し、情報を全国に発信して観光振興による交流人口の拡大や地域の活性化を図ることが私たちの使命だと捉えています。近年では、地域と連携した国内誘客及び海外からのインバウンド事業の積極的展開を図り、「わざわざ」乗りに来ていただくための観光誘発や鉄道の魅力向上に取り組んでいます。

また、JR四国の鉄道事業、旅行事業をはじめ、JR四国グループのバス事業やホテル事業、不動産事業、物販事業など、幅広いジャンルのサービスを提供し、グループの総合力を発揮して地域の快適な暮らしと発展に貢献しています。

「四国とともに光り輝く企業グループ」を目指し、新たな魅力の創造にチャレンジするJR四国に期待してください。

会社データ

プロフィール

JR四国は、グループ全社を挙げ、地球環境に配慮した企業活動やコンプライアンスの徹底など、社会的責任を誠実に果たすとともに、四国地域の活性化や観光振興による交流人口の拡大に積極的に取り組み、地域社会に信頼され、親しまれる企業を目指しています。さらには、将来の四国における鉄道のビジネスモデルを見据え、都市間輸送の抜本的高速化の実現に向けた検討や、高速鉄道の必要性について地域社会からより一層の理解を得るための取り組み、機運の醸成に努めています。

■経営理念
JR四国は、四国における基幹的公共輸送機関としての役割を担っていることを認識し、安全・正確・快適な輸送を提供するとともに心のこもったサービスに努め、お客さまに喜んで利用していただける企業を目指します。
また、会社の持つ人的・物的能力を最大限に発揮し、四国に根ざした会社として自立・発展を期するとともに、広く四国の経済・文化の向上に寄与することに努めます。

事業内容

PHOTO

「JRホテルクレメント高松」と「JRクレメントイン高松」  宿泊特化型ホテル事業やマンション事業への参入等、事業領域の拡大にも取り組んでいます。

■旅客鉄道事業
■旅行業
■その他事業
本社郵便番号 760-8580
本社所在地 香川県高松市浜ノ町8-33
本社電話番号 087-825-1627
設立 1987年4月1日
資本金 35億円
従業員 2,279名(2019年4月現在)
売上高 291億円(2019年3月期)
事業所 本社/高松
事務所等/東京、大阪、松山、徳島、高知
その他/駅、運転区所、工場、保線区、電気区、機械建築区などの現業機関
    および研修センター
関連会社 ・ジェイアール四国バス(株)
・四国鉄道機械(株)
・四鉄サービス(株)
・(株)ジェイアール四国メンテナンス
・四鉄運輸(株)
・(株)JR四国ホテルズ
・よんてつ不動産(株)
・四国キヨスク(株)
・(株)めりけんや
・(株)ウィリーウィンキー
・(株)ステーションクリエイト東四国
・(株)ステーションクリエイト愛媛
・(株)ステーションクリエイト高知
・JR徳島駅ビル開発(株)
・(株)ジェイアール四国企画
・四国開発建設(株)
・四国電設工業(株)
・本四塗装工業(株)
・(株)ジェイアール四国コミュニケーションウェア
・JR四国情報システム(株)
・(株)駅レンタカー四国
沿革
  • 1987年 4月
    • 四国旅客鉄道(株)発足
  • 1987年 7月
    • 旅行業の営業開始
  • 1988年 4月
    • 本四備讃線(瀬戸大橋線)開業
  • 1989年 3月
    • 世界初の制御付振り子特急気動車デビュー
  • 1991年11月
    • 自動信号化率、CTC化率100%
  • 1993年 3月
    • 予讃線高松~伊予市間全線電化開業(特急電車投入)
  • 1993年 7月
    • 「ホテルクレメント徳島」オープン
  • 1993年 9月
    • 予讃線高松~多度津間複線化完成
  • 1998年 7月
    • 寝台特急「サンライズ瀬戸」(東京~高松)デビュー
  • 2001年 5月
    • 「高松駅」リニューアルオープン
      「全日空ホテルクレメント高松(現:JRホテルクレメント高松」オープン
  • 2002年10月
    • 「ゆうゆうアンパンマンカー」デビュー
  • 2003年10月
    • 新型「マリンライナー」デビュー
  • 2006年10月
    • 「アンパンマントロッコ」デビュー
  • 2008年 2月
    • 高知駅周辺連続立体交差化事業完成
      (高知、入明及び円行寺口駅新駅舎開業)
  • 2012年 4月
    • JR四国発足25周年
      「全日空ホテルクレメント高松」が「JRホテルクレメント高松」としてリブランドオープン
  • 2012年11月
    • 瀬戸大橋線ご利用「2億2,222万2,222人」達成
  • 2013年10月
    • 国鉄初のトロッコ列車「清流しまんと号」を、水戸岡鋭治氏のデザインによりリニューアルし予土線で「しまんとトロッコ」として運転開始
  • 2014年 3月
    • 予讃線高松駅~多度津駅間、瀬戸大橋線児島駅~宇多津駅間でICカード乗車券「ICOCA」のサービスを開始
      予土線で「鉄道ホビートレイン」運転開始
  • 2014年 6月
    • 新型特急電車「8600系」運転開始
  • 2014年 7月
    • 観光列車「伊予灘ものがたり」運転開始
  • 2015年 6月
    • 瀬戸大橋アンパンマントロッコご利用者数累計10万人を突破
  • 2016年 2月
    • 台湾鉄路管理局と友好鉄道協定を締結
  • 2017年4月
    • 観光列車「四国まんなか千年ものがたり」運転開始
  • 2018年10月
    • 「JRクレメントイン高松」オープン
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 19.6年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 13.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 15.5日

採用データ

問い合わせ先

〒760-8580 香川県高松市浜ノ町8-33
総務部人事課 採用担当
TEL:087-825-1627(直通)
MAIL:saiyou@jr-shikoku.co.jp
URL http://www.jr-shikoku.co.jp/04_company/recruit/index.html
交通機関 (本社)JR高松駅より徒歩約10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp50924/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
四国旅客鉄道(株)(JR四国)と業種や本社が同じ企業を探す。

四国旅客鉄道(株)(JR四国)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

四国旅客鉄道(株)(JR四国)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ