最終更新日:2020/5/15

  • 正社員

大洋電機(株) 群馬事業所

業種

  • 重電・産業用電気機器

基本情報

本社
東京都
資本金
4億8,000万円
売上高
152億8,925万円(2019年10月期)
従業員
409名(2019年10月31日現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 重電・産業用電気機器
  • 本社 東京都
  • 資本金 4億8,000万円
  • 売上高 152億8,925万円(2019年10月期)
  • 従業員 409名(2019年10月31日現在)
  • 募集人数 1~5名

船の要、舶用発電機の国内シェア50%以上(*1)を誇る創立102年の会社。漁船から大型外航船までさまざまな船舶ニーズに応え、安全航行を支えています。

採用担当よりご挨拶 (2020/05/15更新)

PHOTO

当社のページを訪問して頂きありがとうございます。
緊急事態宣言の解除に伴い、現在6月以降で会社説明会の開催を計画しています。
また、エントリーして頂いた方には、会社概要の資料を郵送しています。
まだまだ油断できない状況ではありますが、無事に説明会を開催し、
皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。
総務部 田村/根立(ねだち)

会社紹介記事

PHOTO
埼玉県との県境付近に位置する群馬事業所では、各種発電システムを製造する回転機システム工場と船舶用、陸用各種配電盤・制御盤を製造している制御機器工場があります。
PHOTO
市内に社員寮を所有しています。県内外の従業員が居住し、寮内でのイベントや清掃活動も行っています。社員寮があるのは群馬事業所だけ!(見学可)

「信頼できる製品をつくり顧客の期待に応え続ける」ための職場づくり

PHOTO

会社HPでは、各部署の業務の紹介や、先輩社員のインタビューなどを掲載していますので、是非ご覧ください。

 当社は国内シェア50%以上(*2)の発電機をメインに電動機、制御盤なども製造しており、自分たちが開発・設計した製品は、工場内に於いて最初の生産工程から完成するまでの工程を見る事ができます。当社の発電機を搭載した船舶は造船所において建造され、完成した船舶は世界中で様々な物の運搬に活躍し、皆さまの生活を支えています。技術部、品質保証部の仕事では、自身が設計・検査したものが実際に現場で稼働している場面を肌で感じることができることも大きな特色の一つです。
 毎年新卒の社員が入社し、現在当事業所内で20代の社員は24%を占めています。長い歴史を持つ伝統のある会社でありながら多くの若手社員が活躍しており、近年の電機工業技術功績者表彰では3名の社員が奨励賞を受賞しました。他にも、長年受検を奨励している技能検定の配電盤・制御盤組立作業部門では、2017年と2019年に2名の社員が県内で1位という成績を収めました。
 従業員数が多い当事業所では社員のチームワークを高めるため、厚生会行事として、構内でのお花見や納涼祭などを行っています。他部署、他工場の社員は勿論のこと、本社やグループ会社の社員とも気軽に交流することができ、毎年多くの社員が参加しています。その他、厚生会クラブの野球部、ソフトボール部、ゴルフ部、英会話クラブがあり、大会出場や自己啓発のために活動しています。

(*1、*2自社調査に基づく)

会社データ

プロフィール

1917年(大正6年)山田三立社の創業以来100年、電気機器のプロフェッショナルとして、「高品質な製品を供給し、社会に奉仕すること、顧客の期待に応え続け、決して裏切らないこと」を信念とし真摯に「ものづくり」に向き合ってまいりました。
これからも舶用および産業用電機機器分野で培った「高度な技術と信頼性」を活かし環境対応、省エネなど新しい時代のニーズに応えるため、製品の開発に取り組んでまいります。
次の100年も社会インフラを支える「責任感と使命感」を持ち、世界のエネルギー輸送とインフラ整備に貢献してまいります。

正式社名
大洋電機(株)
正式社名フリガナ
タイヨウデンキ
事業内容

PHOTO

様々なタイプの船舶に搭載されている発電機。専門メーカーとして、品質を重視し、環境に配慮したものづくりを行っています。

●事業内容
船舶用・陸用<発電機、電動機、配電盤、始動器盤、各種制御装置>関係の開発、設計、製造、販売

●船舶用電気機器のリーディングサプライヤー
1917年に創立した大洋電機。船舶用電気機器メーカーとして、100年近い歴史を築いてきました。漁船や内航用の小型船、外航のコンテナ船や客船などの大型船、バルクキャリア、VLCCなどの大型タンカーなど、様々な船舶へ発電機、電動機、配電盤をはじめとする高品質な電気機器を販売・納入しています。常に時代のニーズを捉えた製品開発に注力し、なかでも省エネ・省人機器として開発したサイリスタ形軸発電装置は、国内外で高いシェアと絶大な信頼をいただいています。また、回転機とその制御、主機および主用機器の監視まで、重要機器を一括で納入できるのは当社の強みであり、トータルサプライヤーとして高い信頼を頂いております。

●陸用分野への貢献
舶用向けのみならず、陸用分野へも進出しており、工場、プラント設備、建設現場、スーパーマーケット、病院などあらゆる電気用途の需要に応え続けています。
本社郵便番号 101-0053
本社所在地 東京都千代田区神田美土代町1-1 住友商事美土代ビル9F
本社電話番号 03-3293-3061
事業所郵便番号 372-0827
事業所所在地 群馬県伊勢崎市八斗島町726
事業所電話番号 0270-32-1234
創業 1917年(大正6年)
設立 1943年(昭和18年)12月15日
資本金 4億8,000万円
従業員 409名(2019年10月31日現在)
売上高 152億8,925万円(2019年10月期)
事業所 ■事業所

・群馬事業所…制御機器工場、回転機システム工場
  群馬県伊勢崎市八斗島町726

・岐阜事業所…岐阜工場、岐阜羽島工場、可児工場
  岐阜県羽島郡笠松町如月町18 他

■営業拠点
北海道営業所、東日本サービス部、中部営業所、三原営業所、下関営業所
主な取引先 防衛省、海上保安庁、各官公庁
三菱商事(株)、三井物産(株)、住友商事(株)、伊藤忠商事(株)、丸紅(株)、三菱重工業(株)、川崎重工業(株)、三井造船(株)、住友重機械工業(株)、ジャパンマリンユナイテッド(株)、(株)カナックス、(株)新来島どっく、(株)名村造船所、函館どつく(株)、常石造船(株)、今治造船(株)、内海造船(株)、サノヤス造船(株)、(株)大島造船所、旭洋造船(株)、新潟造船(株)、墨田川造船(株)、(株)臼杵造船所、ヤンマー(株)、ダイハツディーゼル(株)、新潟原動機(株)、北越工業(株)、大阪ガス(株)、東京ガス(株)、東邦ガス(株)、北海道ガス(株)、(株)クボタ、ヤンマーエネルギーシステム(株)、(株)関電工、日立造船(株)、山洋電気(株) 他
関連会社 <グループ会社>
大洋電機テクノ販売(株)
三信船舶電具(株)
大洋電工(株)
大洋鋳造(株)
羽島電機(株)

<海外、合弁会社>
KTE CO., LTD.
平均年齢 43.98歳
平均勤続年数 16.79年
沿革
  • 1917年
    • 山田壽二により、山田三立社として創業(神田三河町)
      照明器具、電気器具の製造販売を行う 従業員数:約15名
  • 1933年
    • 山田三立社の事業に漁船用小型発電機の製造が加わり、事業拡大する
  • 1935年
    • 配電盤の製造を始める
      事業も漁船用小型発電機の製造・販売が中心となる
  • 1943年
    • 12月15日:山田三立社、東京向島の日本船舶電機(株)および神戸の(株)旭発電機製作所の3社合併により大洋電機(株)設立
  • 1944年
    • 岐阜工場開設 従業員数:約200名
  • 1947年
    • 漁船用舶用電源および集魚灯用直流発電機の製作に着手
      直流発電機の標準シリーズ化を図り量産体制に入る
  • 1949年
    • 三信船舶電具(株)設立
  • 1951年
    • 大型船舶用他励式交流発電機を製作納入、舶用誘導電動機受註体制を確立
  • 1958年
    • 直流発電機の標準シリーズを確立、量産化に入る
  • 1959年
    • 自励式交流発電機が開発され、交流時代に入る
  • 1962年
    • 伊勢崎工場開設、配電盤、制御装置、管制機器等の生産分野を岐阜工場から分離
  • 1968年
    • 群馬工場開設
  • 1971年
    • 陸上用分野に進出し、以降産業用発電システム
      およびコ・ジェネレーションシステム分野を確立
  • 1976年
    • 岐阜羽島工場開設、舶用通風機の生産を開始
  • 1980年
    • KTエレクトリック(株)(韓国)設立
  • 1982年
    • 三原営業所開設
      電機メーカーとして世界で初めて岐阜工場がLR船級協会の品質保証認定工場となる
  • 1983年
    • サイリスタ方式軸発電装置1号機を納入し、船舶航行の省エネ化への貢献を始める
  • 1993年
    • サイリスタ方式軸発電装置100隻納入達成
      岐阜工場が日本舶用メーカーとして初のISO-9001の認証を取得
  • 1995年
    • 可児工場開設
  • 1996年
    • 群馬事業所センター開設
  • 1999年
    • 群馬事業所ISO-9001の認証を取得
  • 2000年
    • 陸上発電機LX-M型( PMG方式高圧発電機)の新規開発
      陸上発電機LX-G・E・H型(低圧発電機)の新規開発
  • 2009年
    • 岐阜事業所および群馬事業所、ISO-14001の認証を取得
  • 2011年
    • PWM方式軸発電装置1号機を納入
  • 2015年
    • シンガポール支店開設
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 1名 2名 3名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 1名 0名 1名

採用データ

問い合わせ先

【群馬事業所問合せ先】
〒372-0827 群馬県伊勢崎市八斗島町726
TEL 0270-32-1234
採用担当 田村、根立(ねだち)
URL http://www.taiyo-electric.co.jp/
E-mail 田村 kazuo-tamura@taiyo-electric.co.jp
根立 hironobu-nedachi@taiyo-electric.co.jp
交通機関 JR高崎線 本庄駅→国際十王バス 坂東大橋北詰→徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp51081/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
大洋電機(株) 群馬事業所と業種や本社が同じ企業を探す。

大洋電機(株) 群馬事業所を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ