最終更新日:2020/6/16

  • 正社員
  • 上場企業

(株)巴川製紙所【東証一部上場】

業種

  • 紙・パルプ
  • 化学
  • 金属製品
  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 商社(紙・パルプ)

基本情報

本社
東京都
資本金
28億9,495万円
売上高
334億3,900万円(2019年3月期連結)
従業員
単独399名(1,270名:2019年3月末連結 )
募集人数
11~15名
  • 業種 紙・パルプ、化学、金属製品、商社(化学・石油・ガス・電気)、商社(紙・パルプ)
  • 本社 東京都
  • 資本金 28億9,495万円
  • 売上高 334億3,900万円(2019年3月期連結)
  • 従業員 単独399名(1,270名:2019年3月末連結 )
  • 募集人数 11~15名

紙だけど、紙じゃない!?もはや紙ですらない!?世の中にないモノを作る“TOMOEGAWA”

【TOMOEGAWA採用選考について】 (2020/06/08更新)

PHOTO

※2020/6/8 更新※

この度はTOMOEGAWAのページをご覧いただき、ありがとうございます。

現在、TOMOEGAWAでは採用活動を細心の注意を払いながら再開しております。

感染防止対策の都合上、ご不便をおかけする点もあるかと思いますが
学生の皆様の安全と、従業員の安全を確保するため、何卒ご理解頂けますと幸いです。


以上

会社紹介記事

PHOTO
TOMOEGAWAで働く社員は自身の研究テーマ以外にも好奇心が旺盛。分野を超えてアドバイスを送り合う姿が見られる。
PHOTO
世界初!金属を“紙”にしたTOMOEGAWA。創業100年以上、培った技術やノウハウを応用し、新たな事業展開を進めています。

TOMOEGAWAにしかない技術で世界を変える

PHOTO

大学の研究室や部活の後輩が、3年連続で当社に入っています。技術や雰囲気に少しでも興味をもってもらえれば、魅力がわかる会社だと思います。

■創業100年以上。電気絶縁紙から最新技術まで
TOMOEGAWAは、日本で初めて電気絶縁紙の国産化に成功し、1914年に静岡で創設した企業です。創業以来、電気物性を発端に、抄紙と塗工プロセス、粉体や粘着・接着に関する様々な技術を蓄積してきました 。これらの技術の組み合わせにより、現在では、紙、プリンタ用トナー、半導体用部材、ディスプレイ関連製品など多岐に渡る事業を展開しています。「紙」だけじゃない、高機能性材料メーカーです。

~先輩の声~
■TOMOEGAWAの次の柱を開発する
私が所属する新規技術推進センターでは、将来の事業となり得る 、様々な開発テーマに着手しています。開発テーマ毎にチームとして活動していますが、他チームとも距離が近い為、相談したいことがあれば他チームにもすぐに相談する事ができます。また、時には事業部の開発部門、分析部門などに相談することもあります。 皆さんとても親身に相談に乗って下さる 為、困っていることもすぐに解決し、スピード感を持って業務を進めることができます。もちろん逆も然りで、相談が来たときは解決に向けて一緒になって考えます。新製品を世に送り出すという共通の目標に向かって、 お互い助け合いながら開発業務を進めています。

■巴川で働く楽しさ
当社は幅広い技術を保有し、多くの技術分野に触れる機会があります。私は学生時代、化学を専攻していましたが、技術者として視野を広げられるチャンスと思い、前向きな気持ちで化学分野以外の様々な業務にも取り組んでいます 。また、当社社員は個性豊かで、一緒に働いていて楽しく感じます。プライベートでも会社の方々と時々飲みに行き、仕事以外の会話も沢山するなどして、とても楽しい時間を過ごしています。  当社の名前を初めて聞いた方も多いと思いますが、当社技術や会社の雰囲気に少しでも興味を持ってもらい触れて頂ければ、魅力が分かる会社だと思います。

(事業開発本部 新規技術推進センター 山路舞香/2017年入社/大学院 医工農学総合教育部 応用化学専攻修了)

会社データ

プロフィール

20世紀初頭、電気絶縁紙の初の国産化に成功し、スタートを切ったTOMOEGAWA。以来、「紙」だけにとらわれない『高機能性材料メーカー』として成長してきました。現在では、数百種類のトナーを設計・生産・販売している画像材料事業、フラットパネルディスプレイ用光学フィルムや半導体用リードフレーム固定テープなどを主要製品とする電子材料事業を核に、お客様の身近に“最先端と高機能” を提供しています。世の中にないモノを作る“TOMOEGAWAマインド”は世界的にも評価を受け、様々な分野の商品で世界トップクラスのシェアを獲得しています。

事業内容
紙にとらわれず、多種多様な事業を展開しています。

【機能紙事業】
みなさんの身近なところでは、通帳用紙や磁気切符、手帳用紙など。
そして、果たして紙と言えるのか、無機繊維や金属なども“紙”にしてしまうオンリーワンの企業です。

【電子材料事業】
半導体製造に不可欠なテープや、ディスプレイ用の光学フィルム、光学粘着等を製造しています。なかなか表には出ませんが、実はみなさんの身の回りにTOMOEGAWA製品が存在しています。

【画像材料事業】
レーザープリンタや複写機等で使用されるトナーを製造しています。トナー専業メーカーでは高いシェアを誇っており、海外拡販も進めています。

その他にも、TOMOEGAWAが創業以来培った技術を発展させ、新規製品・新規事業を立ち上げています。また、分析技術をサービスとして提供する事業も行っています。

紙だけど、紙じゃない。もはや紙ですらない。世の中にないモノを作るTOMOEGAWAです。
人事 郵便番号 421-0192
人事 所在地 静岡県静岡市駿河区用宗巴町3-1
人事 電話番号 054-256-4170
本社郵便番号 104-8335
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目1番3号 京橋トラストタワー 7階
創業 1914年6月
設立 1917年8月
資本金 28億9,495万円
従業員 単独399名(1,270名:2019年3月末連結 )
売上高 334億3,900万円(2019年3月期連結)
事業所 本社(東京都中央区)、静岡事業所〈メイン事業所〉(静岡市駿河区)、大阪営業所(大阪市生野区)、清水事業所(静岡市清水区)
関連会社 海外(アメリカ、中国、韓国、香港、台湾、オランダ、インド、ドバイ)
平均年齢 43.4歳(2019年3月31日時点)
平均勤続年数 17.0年(2019年3月31日時点)
沿革
  • 【1914年6月】
    • 現静岡市巴川河岸に巴川製紙所創設、電気絶縁紙、電気通信用紙の研究試作を開始。
  • 【1917年8月】
    • (株)巴川製紙所設立、会社組織となる。
  • 【1933年9月】
    • 静岡市に用宗工場を新設し、特殊紙分野の開拓を行うとともに、一般紙の製造に着手。
  • 【1945年8月】
    • 新宮木材パルプ(株)を吸収合併し、新宮工場と改称、クラフトパルプの自社生産を開始。
  • 【1949年11月】
    • 用宗工場(現 静岡事業所)内に、紙パルプ業界に先駆けて技術研究所を設置。
  • 【1961年10月】
    • 東京証券取引所ならびに大阪証券取引所の市場第一部銘柄に。
  • 【1978年11月】
    • アメリカ イリノイ州に現地法人TOMOEGAWA(U.S.A.)INC.を設立、1981年10月よりトナー生産を開始。
  • 【1984年5月】
    • オランダ アムステルダムに現地法人TOMOEGAWA EUROPE B.V.設立、トナーおよび加工紙製品の販売開始。
  • 【1999年3月】
    • 全事業部、全製品がISO9001の認証を取得。
  • 【2001年2月】
    • 全工場においてISO14001の認証を取得。
  • 【2001年2月】
    • メキシコにオフィス製品の生産拠点を開設。
  • 【2001年9月】
    • 静岡事業所内に分析センターを設置。
  • 【2001年10月】
    • 静岡事業所内にディスプレイ用光学フィルム及び電子部品用接着テープの生産工場を設置
  • 【2002年9月】
    • 米国に北米事業を統括する持株会社TOMOEGAWA HOLDINGS AMERICA INC.(T.H.A.)を設立。同社の100%出資子会社は、TOMOEGAWA (U.S.A.)INC.(トナー事業)並びに新規設立のTOMOEGAWA PAPER AMERICA LLC(洋紙事業) 。
  • 【2004年4月】
    • 電子写真用現像剤とインクジェット用紙の事業を統合し事業拡大を図るため、洋紙事業部機能紙ユニットと化成品事業部を統合し、画像材料事業部を設置。
  • 【2005年7月】
    • 中国広東省恵州市に、電子写真用トナーの製造・販売等を行う新会社「巴川影像科技(恵州)有限公司」を設立。
  • 【2005年12月】
    • 福井県敦賀市にフラットパネルディスプレイ用光学フィルムを製造する「(株)TFC」を設立。
  • 【2006年10月】
    • 通称名を「TOMOEGAWA」とする。
  • 【2009年3月】
    • エア・ウォーター(株)とのキャパシタ・電池用電極事業における合弁会社「ATエレクトロード」を設立。
  • 【2010年2月】
    • 凸版印刷(株)とのディスプレイ用反射防止フィルム事業における合弁会社「トッパンTOMOEGAWAオプティカルプロダクツ」設立。
  • 【2016年2月】
    • 台湾高雄市に駐在員事務所を現地法人化。
  • 【2016年3月】
    • オーラペーパーインダストリーズを子会社化。
  • 【2016年11月】
    • アラブ首長国連邦のドバイにTomoegawa Co Middle Eastを開設。
  • 【2018年3月】
    • 中国広東省広州市に巴川(広州)国際貿易有限公司を開設。
  • 【2018年11月】
    • 東京都中央区2-1-3 京橋トラストタワー7階に本社移転。
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 15.1時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 8.9日

採用データ

先輩情報

語学力を活かして仕事ができる!
N.I
2011年入社
聖心女子大学
文学部 外国語外国語文学科 卒業
営業本部 画像材料営業グループ
海外拠点のとりまとめ、貿易実務など
PHOTO

問い合わせ先

〒421-0192 静岡県静岡市駿河区用宗巴町3-1
TOMOEGAWA((株) 巴川製紙所)
経営戦略本部 人事グループ人事企画チーム 井上、神崎
TEL 054-256-4170
FAX 054-256-4110
E-Mail:jinji@tomoegawa.co.jp
URL:http://www.tomoegawa.co.jp
URL https://www.tomoegawa.co.jp/employ/index.html
E-mail jinji@tomoegawa.co.jp
reisuke_inoue@tomoegawa.co.jp
nanami_kanzaki@tomoegawa.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp51164/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)巴川製紙所【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)巴川製紙所【東証一部上場】を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)巴川製紙所【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ