最終更新日:2021/2/15

  • 正社員
  • 既卒可

(株)タイヨー

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • スーパーマーケット
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
茨城県
資本金
3,400万円
売上高
1,087億円(2019年9月決算)
従業員
648名(正社員) 2,440名(パート・アルバイト、8時間換算)
募集人数
11~15名
  • 業種 スーパーマーケット、専門店(食品・日用品)
  • 本社 茨城県
  • 資本金 3,400万円
  • 売上高 1,087億円(2019年9月決算)
  • 従業員 648名(正社員) 2,440名(パート・アルバイト、8時間換算)
  • 募集人数 11~15名

千葉・茨城・東京でスーパーマーケットチェーンやリカーショップ、ギフトショップを38店舗展開。地域社会に貢献できる仕事が、ここにあります。

2021年入社の受付を終了致しました。ありがとうございました。 (2021/02/15更新)

PHOTO

※株式会社タイヨーの2021年入社の方の採用につきましては、2月14日(日)をもちまして、受付を終了致しました。ありがとうございました。

株式会社タイヨー 人事部人財開発課マネジャー 松村朋幸

(2月15日9時更新)

会社紹介記事

PHOTO
つくば市にある「学園の森店」のお客さまには、都内から転居したファミリー層も多数。目と舌が肥えたお客さまに応える商品をそろえながら、うれしい低価格を実現している。
PHOTO
スーパーの顔といえばレジ係。新人は全体研修のほか部門別研修もあるので安心だ。セルフレジの導入が進むなか、お客さまとの会話を通した接客がますます重視されている。

「安くておいしい」を貫き、1000億企業に。働く環境もどこよりも充実!

PHOTO

「ガイドブックには自己啓発制度から入院時の保証までさまざまな制度が網羅されています。説明会でぜひご覧になり、当社の働き方を知ってください」と松村さん。

私たちタイヨーは、2019年度で店舗数38店舗、売上高1100億円を突破しました。創業から半世紀以上、毎年1~2店舗の着実な出店とともに、全てを「地域一番店」にすべく努めてきた成果の集積です。地域特性によってそれぞれの店舗カラーは異なりますが、共通しているのは「新鮮で、おいしいものを安く」という姿勢です。創業から「食」と「価格」の2点に徹底的にこだわり、決して高級路線に走ることなく、地域のお客さますべてに安くておいしいものをお届けする方針は今後も揺るぎません。これが他社とは一線を画す、当社の最大の特色です。

一方で、小売業として長い経験を持つことから、従業員の福利厚生や人材育成、働きやすい制度等についても改善を重ね、今では充実した制度を整備しています。特に教育面においては、通信教育や資格取得の補助はもとより、自分が行きたい外部研修を見つけて申請すれば助成金が出る「自己啓発援助制度」が若手社員に好評です。恵まれた有給休暇や、有利な退職金制度もあり、職場環境も他の業種と比べて引けを取りません。なお一昨年度からこれら全てを網羅し、対象となる人から申請方法まで記した「働き方応援ガイドブック」も発行しています。

今後も低価格販売の路線を貫き、地域の食に貢献するとともに、堅実な出店ペースから逆算して、近い将来、50店舗・1500億円企業を目標にしています。そのためにも従業員を大切にした上で、社員の皆さんには特に、早いうちから何事にもチャレンジできる体制や権限を用意しています。「挑戦」というとプレッシャーに感じる方もいるかもしれませんが、「失敗しても構わない、まずやってみよう」というのが当社の基本的な考え方。安定基盤のもと、思いきり自分の力を発揮しようと頑張る人が、当社では評価されるということです。そして、そんな当社の方向性やビジョン、思いに共感できる人を待ち望んでいます。個人的には入社1、2年目から売場の計数管理を行うことが多いので、得意不得意は別として、「スーパーマーケットの仕事には数字の感覚も必要」という認識を持ってほしいと思います。他には、幅広い世代とコミュニケーションを図り、学生時代から自分の中の「引き出し」を増やしておくことが望ましいでしょう。入社後、いきいきと活躍するために、豊かな学生時代を過ごしてほしいと思います。<人事部人財開発課/松村 朋幸>

会社データ

プロフィール

スーパーマーケットチェーン、リカーショップ、ギフトショップを展開し現在事業を着実に拡大中です。無借金経営、ローコスト高効率経営の基盤、“人材”=“人財”の考えに基づき教育・資格取得支援などに力を入れています。また年功主義や学歴主義ではなく、実力主義をモットーに平均年齢も若く、20代の課長職・30代の部長職も誕生。安定した経営基盤を軸に成長を続ける当社は若手にも活躍の機会が広がっています。ヤリガイは大いにあります。一緒に「夢」を叶えましょう!

事業内容
千葉・茨城・東京における生鮮・一般食品を中心とするスーパーマーケットチェーンの経営。スーパータイヨー・ビッグハウス・ベストリカーの各事業店舗を経営。
本社郵便番号 314-0144
本社所在地 茨城県神栖市大野原4-7-1 鹿島セントラルビル6F
本社電話番号 0299-77-7657
創業 1966年4月
設立 1972年4月
資本金 3,400万円
従業員 648名(正社員)
2,440名(パート・アルバイト、8時間換算)
売上高 1,087億円(2019年9月決算)
事業所 本社/茨城県(神栖市)
店舗/神栖市・鹿嶋市・稲敷市・龍ケ崎市・石岡市・土浦市・潮来市・小美玉市・鉾田市・つくば市・取手市・阿見町・茨城町・千葉市・成田市・白井市・佐倉市・香取市・旭市・東金市・八街市・茂原市・印西市・銚子市・八千代市・東庄町・酒々井町・横芝光町・東京(江東区)に38店舗
他、物流センター(グロサリーセンター・チルドセンター・加工センター)
代表者 代表取締役社長  森田 剛
平均年齢 39.8歳
売上高推移 決算期  売上高(億円)
────────────
2019.9    1,087
2018.9    1,048
2017.9    995
2016.9    944
2015.9    879
沿革
  • 1972年 4月
    • (株)タイヨーを神栖町(現:神栖市)に設立 店名を「スーパータイヨー」とする
  • 2001年 8月
    • ベストリカー神栖店開店
  • 2003年 1月
    • 売上高500億円を突破
  • 2003年12月
    • ビッグハウス鹿嶋店開店(旧鹿島店)
  • 2005年 2月
    • ビッグハウス横芝店開店
  • 2005年12月
    • 阿見店開店
  • 2006年11月
    • ビッグハウス東金店開店
  • 2007年 4月
    • 売上高600億円を突破
  • 2008年 2月
    • 美野里店開店
  • 2009年 4月
    • 八街店開店
  • 2009年12月
    • ビッグハウス茂原店開店
  • 2010年 9月
    • 売上高700億円を突破
  • 2011年11月
    • ビッグハウス印西店開店
  • 2012年 9月
    • ベストリカー土浦北店開店
  • 2013年 5月
    • 銚子店開店
  • 2014年 3月
    • ビッグハウス鉾田店開店
  • 2014年 5月
    • 売上高800億円を突破
  • 2015年4月
    • ビッグハウス桜の郷店開店
  • 2015年10月
    • フーデリア店開店
  • 2016年 1月
    • 売上高900億円を突破
  • 2016年 1月
    • 八千代店開店
  • 2017年 5月
    • 学園の森店開店
  • 2017年11月
    • 売上高1,000億円を突破
  • 2018年1月
    • 藤代店開店
  • 2019年4月
    • ビッグハウスみどりの店開店
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 16年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 32.9時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 8.7日

採用データ

取材情報

問い合わせ先

〒314-0144 茨城県神栖市大野原4-7-1 鹿島セントラルビル6F

人事部 人財開発課/採用担当 松村朋幸(まつむら ともゆき)
TEL:0299-77-7657
URL https://www.super-taiyo.com/
E-mail jinzai@super-taiyo.com
交通機関 ・東京駅より高速バス「鹿島神宮駅」行き乗車(所要時間約1時間40分、10~20分間隔で運転)、「鹿島セントラルホテル」下車、徒歩1分
・東関東自動車道「潮来IC」より約20分(銚子方面旧水郷有料道路経由国道124号線沿い)
・JR成田線小見川駅より、タクシーで約10分
・JR鹿島線鹿島神宮駅より、バス30分(本数が少ないのでご注意ください)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp5194/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)タイヨーと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)タイヨーを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ