最終更新日:2019/6/1

(株)DORAL

  • 商社(インテリア・住宅関連)
本社
北海道
資本金
4億5,000万円(2019年4月現在)
売上高
34億1,000万円(2019年3月現在)
従業員
115名(2019年4月現在)
  • 業種 商社(インテリア・住宅関連)
  • 本社 北海道
  • 資本金 4億5,000万円(2019年4月現在)
  • 売上高 34億1,000万円(2019年3月現在)
  • 従業員 115名(2019年4月現在)

100年を越える歴史を持ちながら、常に進化していく地域密着型企業!!

会社紹介記事

PHOTO
DORALでは営業スタッフに携帯電話とタブレットを支給。「メールや施工スケジュールを出先でも確認でき、おかげで業務を効率よく進められます」と山崎さん。
PHOTO
「仕事で大事なのはコミュニケーション」と語る平野さん。「担当者はもちろん、現場にも足繁く通い、職人さんと話をしながら次の商品提案につながる情報を集めています。」

1910年創業の歴史ある住宅建材商社で、顧客とエンドユーザーに喜びを届ける。

PHOTO

同じ支社で先輩後輩として働く2人。「先輩から書類作成の手伝いを頼まれることもあり、完成して感謝される度に自分も役に立てたことに喜びを感じています」と山崎さん。

 当社は住宅建材の総合商社で、私たち営業職は工務店様やハウスメーカー様等を顧客として水回り建材や外壁素材など、当社が取扱う商品の提案や販売をしています。直接やりとりするのは各社のご担当者様になりますが、私たちが常に意識しているのは、その先にいるエンドユーザーの方々。自分たちの提案で顧客に貢献するのはもちろん、「お客様から好評でした」と声をいただくことは、何よりもやりがいを感じられます。そのためにも日々の仕事では幅広い商品知識を蓄えることが欠かせず、トレンドなどについてもこまめにチェックし、消費者ニーズに合わせた提案ができるよう心がけています。
 5年目の現在は、担当する顧客数も売上目標も増え、責任ある仕事を任されていることを日々実感しています。私たちの仕事の魅力は、住宅としてカタチに残るところ。私自身これまで関わった住宅の近くを通る度に過去の仕事を思い出し、そのことを友人に自慢することが少なくありません。これからも顧客とエンドユーザーの皆様に喜んでもらえるよう仕事に取り組み、より多く結果をカタチとして残していけるよう努めていきたいです。
札幌支店 平野 麻美さん(2012年4月入社)

 私は先に就職活動をしていた友人に勧められて当社の説明会に参加しました。人事担当者が会社の方針を話す企業が多い中、当社は社長みずからが参加して自身のビジョンや考え方を直接学生に伝えていて、面接も含めて何度もお話を伺ううちにその想いに強く惹かれて入社を決めました。
 入社後は先輩社員に同行しながら仕事を学び、1カ月前から一人で得意先を回っています。当社は社内全員の仲が良く、分からないことも先輩たちに丁寧に教えてもらえる恵まれた環境だと思います。さらに支社や部署が違っても社員同士が持ち回りでメッセージを吹き込むボイスメールなどグループウェアも充実しているので、距離感を感じずに情報を共有できます。また、年一回の社内レクリエーション「どらどら祭り」では、仕事の垣根を超えた交流を深めていくことができ、そうした場があることにも安心感や心強さを感じています。
 今はまだ現場を任せてもらったばかりで覚えることだらけですが、まずは得意先の担当者様に顔を覚えてもらうことを一番の目標に、一日でも早く一人前の営業社員となって売上を伸ばしていけたらと思っています。
札幌支店 山崎 寛弥さん(2016年4月入社)

会社データ

事業内容

PHOTO

住宅設備機器卸売業
ハウスメーカーや住宅工務店に対して、住宅に関わる商品を納入・販売している商社です。
主な取り扱い商品としてトイレ・システムキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・外壁タイル・ボイラーなどが挙げられます。
本社郵便番号 060-0004
本社所在地 北海道札幌市中央区北4条西17丁目19番地
本社電話番号 011-622-5511
創業 1910年
資本金 4億5,000万円(2019年4月現在)
従業員 115名(2019年4月現在)
売上高 34億1,000万円(2019年3月現在)
事業所 営業所
札幌支店・旭川店・函館店
東東京支店・東関東支店・柏支店
西東京支店・三鷹支店・中野支店・藤沢支店・横浜支店
沿革
  • 明治43年
    • 下里貞次郎・佐賀県有田町に実弟和久栄之助氏と共に有田製陶所《後の有田タイル(株)》を設立し、
      本邦において初めて磁器タイルの製造に成功する。
  • 大正3年
    • 販路を東京に求め、東京都千代田区鎌倉河岸に、有田製陶所東京支店を開設。
  • 大正10年
    • 同支店を独立、東京タイルモザイク商会と改称、販売に加えて工事請負に従事。
  • 大正14年
    • 下里良三郎が事業を継承し、以後全国にわたりタイルを納入・施工。
  • 昭和9年
    • 札幌グランドホテル新築に当り、木田組の招聘に応じ来道。
  • 昭和10年
    • 札幌に出張所を開設、タイル・耐火煉瓦・赤煉瓦の販売及び工事請負に従事。
  • ~終戦
    • 戦時中、東京本店が再三戦災に遭遇した為、本拠を札幌に移し終戦をむかえる。
  • 昭和29年
    • 時代の趨勢に伴い、組織を株式会社に変更し、資本金200万円にて(株)東京タイル商会と改称。
  • 昭和44年
    • 資本金2,500万円に増資。
  • 昭和48年 2月
    • 代表取締役社長に布施光章就任。
  • 昭和55年 8月
    • 資本金5,000万円に増資。
  • 昭和58年 1月
    • 業容の拡大に伴い、販売・工事両部門の取引先交錯競合の弊害が予見されるため、
      北海道ドラール(株)と商号を変更し販売部門を継承。
      工事部門を(株)東京タイル商会として分離継承する。
  • 昭和58年 11月
    • 資本金6,000万円に増資。
  • 昭和61年 7月
    • 資本金1億円に増資。
  • 平成3年 4月
    • 会社名称を(株)DORAL(登記名 (株)ドラール)と変更する。
  • 平成6年 5月
    • 新社屋ビル竣工。(立体駐車場併設)
  • 平成6年 9月
    • 資本金3億7,500万円に増資。
  • 平成9年 3月
    • 関連会社(株)東京タイル商会を吸収合併する。
  • 平成13年 5月
    • 布施光章が代表取締役会長に、坂本公雄が代表取締役社長に就任。
  • 平成19年 3月
    • 布施匡章が代表取締役社長に就任。
  • 平成19年 5月
    • 登記名を(株)DORALと変更する。
  • 平成21年 2月
    • 資本金4億5,000万円に増資。
前年度の育児休業取得対象者数 2018年度:0名(女性)
前年度の育児休業取得者数 2018年度:0名(女性)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)DORALと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)DORALを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ