最終更新日:2020/7/2

  • 正社員

太子食品工業(株)

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品

基本情報

本社
青森県
資本金
7,000万円
売上高
178億円(2019年3月期)
従業員
666名(2019年4月期)
募集人数
若干名
  • 業種 食品
  • 本社 青森県
  • 資本金 7,000万円
  • 売上高 178億円(2019年3月期)
  • 従業員 666名(2019年4月期)
  • 募集人数 若干名

安心、安全、健康を最優先し、数々の業界初の取り組みをしてきました。そこでは社是「和」の元に社員が力を結集し進化のためにチャレンジを続けています。

2021卒の募集は終了しました。 (2020/06/22更新)

PHOTO

太子食品工業(株) 採用担当の深貝です。
当社の2021年卒採用は終了となりました。
たくさんのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました!

会社紹介記事

PHOTO
ちっちゃな子どもからお年寄りまで、みんなで食べるものだから…「安心・安全・美味しさ」その「当たり前」をお届けするために、太子食品はこだわり続けています。
PHOTO
十和田工場の工務課は、メンテナンス業務の他に、機械のスイッチなどの制御盤作りも担当。前田さんも電気関係の勉強中です。

食品の大量生産をメンテナンスで支える、縁の下の力持ち。

PHOTO

ランニングや自転車が趣味の前田さん。工務課には自転車好きのサークルがあり、今年から参加するのだそう。公私共に仲の良い人が多いのも、当社の魅力です。

私は職業能力開発大学校を卒業し、2017年に入社。もともと太子食品の商品、特に納豆の大ファンだったこともあり志望しました。
現在は十和田工場の工務課に所属しています。主な業務は、製造機械が故障した際の修理やメンテナンスです。故障時に必要な交換部品の管理・発注の他、週に2回くらいの頻度で設備保全も行っています。最初の頃は、先輩に付いて実際の修理現場を見ることで、それぞれの機械の特徴やノウハウを学びました。
工務課の従業員は30代から50代のベテランが揃い、とても頼もしい存在です。ある時、現場から機械を見てほしいと連絡があり、事務所に誰もいなかったので私が対応することに。どこが悪いのかわからず、先輩に電話で状態を説明したところ、すぐに原因を突きとめて対処法を教えてくれました。機械を見なくても話だけでわかるとは、先輩の凄さを改めて実感しました。
十和田工場は、当社の主要4工場の中で最も規模が大きく、22,440平方メートル(東京ドームグラウンド約2個分)の敷地面積の中で、250名の従業員が働いています。八甲田山系の伏流水を約80~500mの深さから汲み上げて使用し、1日に豆腐、納豆、油揚げや蒟蒻など合計約25万食を生産。盛り込み機や包装機など20台以上の機械が稼働しています。これだけの生産量を維持するために重要なのが、日々のメンテナンスです。生産現場の従業員との対話はもちろん、電話やメールも利用しながら連携を図っています。
印象に残っているのが、豆腐の移載機内のチェーン交換です。ボイルした豆腐をホールディング槽に入れて冷却し、包装するまでをコンベヤーで流す大きな機械のため、チェーンの長さは30m近くに及びます。工務課だけでは人数が足りず、現場の従業員にも協力してもらいながら交換。作業を通して、社内の連帯感やチームワークの良さを感じました。
日々の業務の中で機械の知識はだいぶ身に付いてきたのですが、これからも色々な修理現場に立ち会い、もっと経験を積まなければと思っています。そして、先輩たちのように現場の従業員に頼りにされる存在になりたいです。工務課の仕事には機械系や電気系の知識が役立ちますが、なかったとしても入社後に身に付けることができます。私自身、ほぼゼロからのスタートでした。先輩たちが丁寧に教えてくれますので、どんどん挑戦してほしいと思います。(十和田工場工務課 前田 周平/2017年入社)

会社データ

プロフィール

創業当時からの新しいものへのチャレンジ精神旺盛な社風で技術力と信頼性の向上に努め、それが業界の常識にとらわれない革新的な取り組みへとつながりました。
日本の伝統食品としての納豆・豆腐を中心に、原料、製法、品質にとことんこだわり、社員一人ひとりがお客様の健康を考え、安全、安心を追求することによって顧客満足を高めることを目標に企業活動を続けて参りました。
社会に価値ある存在となる企業として業界をリードしていきます。

事業内容

PHOTO

食に誠実である当社の想いを、お客様に伝えることが大切。それぞれのセクションの社員が同じ想いを共有し、業務に取り組んでいます。

東北圏を基盤エリアとして、納豆・豆腐・もやし・油揚・味付油揚・豆乳及びこんにゃく・ところてんの製造、販売をしております。
また関東エリアのシェア拡大を目指し、最新鋭の栃木県日光工場を生産拠点としてお客様に高付加価値で美味しい豆腐・豆乳・油揚を開発し、日々提供しています。
本社郵便番号 039-0141
本社所在地 青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中68
本社電話番号 0179-22-2111(代表)
創業 1940年10月
設立 1964年1月
資本金 7,000万円
従業員 666名(2019年4月期)
売上高 178億円(2019年3月期)
本部・営業拠点 【本社】
青森県三戸郡三戸町

【営業拠点】
東京支店:東京都 北区
東北支店:宮城県 仙台市、青森県 八戸市、青森市、岩手県 盛岡市
基幹工場 十和田工場:青森県十和田市
雫石工場:岩手県岩手郡雫石町
古川清水工場:宮城県大崎市
日光工場:栃木県日光市
関連会社 (株)タイシフレッシュサービス
(株)蔵王高原フーズ
沿革
  • 1940年
    • 青森県三戸郡南部町にて、工藤商店として創業。
      納豆の製造販売を開始。
  • 1964年
    • 工藤商店を改組、現在の太子食品工業(株)となる。
  • 1971年
    • 11月、十和田工場操業開始。
  • 1973年
    • 少食少量化時代に対応して、日本で初めてミニサイズのお豆腐「ミニ奴150g」を集積パックで発売。全国的な反響を呼ぶ。
  • 1974年
    • 日本で初めてタレ付きの昆布入納豆を開発。
      日本橋三越本店に納品、発売開始。
  • 1977年
    • 業界初のミニカップの納豆「まめちゃん納豆」を発売。同時にタレ付にし、それまでの業界の常識をやぶる革命的商品となる。
  • 1979年
    • 日本で初めて豆乳ヨーグルトを中国と共同開発
  • 1986年
    • 7月、古川清水工場操業開始。
  • 1992年
    • 3月、雫石工場操業開始。
      8月、古川清水工場にて一丁寄せ製法を操業開始。
      衛生的な製法で日持ち7日間を実現。豆腐の常識変える。
  • 1997年
    • 1月、遺伝子組み換え大豆の未使用を宣言、社会の関心をよぶ。
  • 1997年
    • 11月、「カルシウムとうふ」発売。豆腐では日本初の特定保健用食品として認可。
  • 1998年
    • 4月、日光工場操業開始。
  • 2001年
    • 11月、豆乳におからを加える新製法でつくった「まるまる豆腐」発売。
      またDHA、EPAを添加した「いきいき豆腐」も同時発売。
  • 2004年
    • 3月、“ナチュラルスイート”製法により新豆乳「豆100豆乳」を発売。本物志向のユーザーから高い支持を得る。
      4月、「豆100豆乳」が「第10回世界ヒット商品コンクール[シアルドール]日本代表カテゴリー賞」受賞。
  • 2007年
    • 7月、「日光工場」「古川清水工場」が豆腐工場として初めて、国際標準規格「ISO22000:食品マネジメントシステム」の認証を取得
      7月、環境貢献活動の一環として、環境省が推奨する地球温暖化防止に向けた運動「チーム・マイナス6%」に加入
  • 2010年
    • 豆腐業界初 新製法による「低脂肪・低カロリー」の豆腐を発売
  • 2012年
    • 2月、独自技術による“煮くずれしにくく、味しみが良い”豆腐「まるで木綿」を発売
      6月、濃厚な豆乳を使用した「一番どり」の生ゆば
      「日光 生ゆば」発売
  • 2013年
    • 豆腐業界初の日本食品工学会「技術賞」を受賞 
  • 2014年
    • 業界初封入水なしの生豆腐「箱入り娘」発売
  • 2015年
    • 消泡剤無添加 独自製法でつくり上げた油揚げ「唯一」ブランド新発売
  • 2016年
    • 糖質ゼロ商品 「豆乳とこんにゃくの糖質ゼロな平麺」発売
      オメガ3脂肪酸(体内でつくることができない必須脂肪酸)含有の「タレで食べるおぼろ」発売
      機能性表示食品として 骨の成分維持に役立つ効果の大豆イソフラボンが含まれたもやし「小大豆もやし」の発売 
  • 2017年
    • 十和田工場、2016年度食品産業優良企業等表彰「農林水産大臣賞」受賞
      前代未食の口どけ食感「北の大豆きぬ練りおあげ」発売
  • 2018年
    • 3月、さとの雪食品との業務提携。豆腐と油揚げを両社の「ダブルブランド」で販売開始
      8月、八戸学院大学女子ラグビー部と健康的なアスリートの育成を目指す連携協力協定締結
      9月、子供支援・寄付型商品「11ぴきのねこ納豆」の発売
  • 2019年
    • 3月1日、「一丁寄せ生とうふ」発売。量産型でボイル殺菌工程を行わず日持ちがする生とうふとして業界初
      10月、第5回豆腐品評会 充填豆腐部門 銀賞 全国農業協同組合連合賞
      北の大豆 濃厚おぼろ豆腐2個 受賞
  • 2020年
    • 創業80周年
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 6名 7名 13名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 6名 0名 6名

採用データ

問い合わせ先

〒039-0141
青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中68
太子食品工業(株)
採用担当:管理部 深貝
TEL:0179-22-2111(代)
URL http://www.taishi-food.co.jp/
交通機関 青い森鉄道「三戸駅」より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp54674/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
太子食品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

太子食品工業(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ