最終更新日:2019/8/29

(株)麗光

  • 化学
  • 繊維
  • 印刷・印刷関連
  • その他電気・電子関連
  • その他メーカー
本社
京都府
資本金
3億円
売上高
81億3,800万円(2018年3月)
従業員
249名(2019年5月)
  • 業種 化学、繊維、印刷・印刷関連、その他電気・電子関連、その他メーカー
  • 本社 京都府
  • 資本金 3億円
  • 売上高 81億3,800万円(2018年3月)
  • 従業員 249名(2019年5月)

高度な技術力で時代が求める最先端のものづくりを手がけている高機能素材メーカー、それが麗光です。

会社紹介記事

PHOTO
高機能素材メーカーとして、世界に通用するものづくりをおこなっている麗光。西陣織の伝統の技術を、スマートフォンなど最先端のものづくりに活かしています。
PHOTO
高品質のフィルムを生み出す日野工場ではクリーン度クラス100のクリーンルームを設置。麗光の製品に対する顧客からの評価と信頼は高く、安定成長の支えとなっています。

ものづくりの最前線で活躍中!2人の若手社員が麗光の魅力を語ります!!

PHOTO

社風について「若手が多く、意見が言いやすい風土も当社の特長です」と富田さん(右)。川合さん(左)は「仕事でわからないことは気軽に聞ける雰囲気ですよ」とのこと。

私が麗光への入社を決めたのは、この会社が「世界に通用する技術」を持った企業であるからです。スマートフォンやパソコン、カーナビなど世界中で使われている製品になくてはならない高機能フィルムの開発に、技術者としてチャレンジしたいと考えていました。
今の私が手がけているのが、まさにそのスマートフォンやカーナビに用いられる保護フィルム。例えば、傷つきにくさや指の滑り感などを機能として付加する開発に取り組んでいます。
当社の魅力は、開発から量産まですべてに関わることができること。ラボスケールで開発したフィルムを量産体制にもっていくための技術的な立ち上げにも携わることができます。製造セクションの技術者と意見を交わしながらものづくりを進めていくのですが、私はその一体感がとても好きですね。「力を合わせて世界に通用するものづくりに取り組んでいる」という実感が得られます。
今後の目標は、より付加価値の高い製品を生み出すこと。高機能フィルムの持つ可能性を、とことん追求していきたいと思っています。
(富田達也/技術部技術2課/2009年入社)

麗光の日野工場では、クリーン度クラス100のクリーンルームを設置しています。ここで製造しているのは、異物が決して混入してはいけない高品質製品。最先端のものづくりに使われる高機能フィルムです。
私が担当している業務は製造設備のオペレーション。例えば、機能を向上させるために複数のフィルムを貼り合わせるラミネートという工程があるのですが、それに関わる機械の操作があげられます。フィルムを機械にセットしたり、接着剤を塗布する機械の調整をおこなっています。
セッティングしてスイッチを押せば、あとは機械任せでいいかというとそうではなく、製造状況は常にチェックしておく必要があります。ほんの些細な異常も見逃さないといった姿勢が求められる。それが麗光製品への信頼にもつながっていくと思っています。
社員の成長を応援してくれる風土も麗光の魅力。目標管理制度というものがあり、どのように成長していくかを、社員一人ひとりが具体的に描くことができます。私自身が今目指しているのは電気主任技術者の資格取得。より質の高い仕事ができるように、自分を向上させていきたいですね。
(川合晃裕/製造部製造1課/2010年入社)

会社データ

事業内容

PHOTO

日野工場では高品質な製品を生産するためにクリーン度クラス100のハイクリーン環境を実現している。これは超精密電子部品の製造レベルに匹敵するものだ。

各種真空蒸着フィルム製品、コーティングフィルム製品およびラミネートフィルム製品の製造・加工および販売

●主な開発製品・用途

・高機能フィルム
液晶画面の明るさ向上に欠かせない高反射フィルム、紫外線、赤外線の透過を調整して省エネルギーを促進し、さらに飛散防止効果もある光調整フィルム「サンラスター」、電子機器の工程フィルムに使用される特殊離型フィルム、高硬度で極めて高い耐久性を持つハードコートフィルム等…様々な工業製品に当社が開発した高機能フィルムが使われています。

・転写・加飾材料
家電製品のプラスチックの表面に色や柄をつける多色印刷箔、見る角度によって色が美しく変化する光彩箔、金属光沢を持ちながら絶縁性を有する転写箔など、メッキや塗装の代わりにプラスチックや皮革、紙へ加飾ができる材料を開発しています。また、産業資材として、PFTフィルムをベースとした蒸着・コーティングフィルムが、国内のラベル業界で幅広く使用されています。

・包装材料
スナック食品、冷凍食品の包装材料として幅広く当社の蒸着フィルムが採用されています。また、アルミ蒸着だけでなく透明でありながら酸素や水蒸気に対して高いバリア性を持つ透明蒸着フィルムも提供しています。

・金銀糸・化粧品
当社の創業時から製造を手がけている金銀糸に加え、業界で初めて綿糸とラメ糸の後染めカラ―展開を可能にした糸や、銀を使った糸を開発し、技術力でアパレルメーカーの要望に応えています。また、フィルムをパウダー状に加工した「グリッター」は化粧品などにも使用されています。
本社郵便番号 615-0801
本社所在地 京都府京都市右京区西京極豆田町19
本社電話番号 075-311-4101
創業 1950(昭和25)年8月
資本金 3億円
従業員 249名(2019年5月)
売上高 81億3,800万円(2018年3月)
事業所 本社/京都市右京区西京極豆田町19
東京支店/東京都台東区台東4-8-7 ヒューリック仲御徒町ビル6階
栗東工場/滋賀県栗東市高野540
日野工場/滋賀県蒲生郡日野町大字北脇 日野第二工業団地 4-3
平均勤続年数 16.1年(2019年3月25日時点)
取引銀行 りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、京都銀行、滋賀銀行
昨年の採用職種 【技術職(研究開発)】:高機能フィルムや加飾材料、包装材料、繊維といった製品開発をお任せします。 最先端の技術を駆使した製品開発はもちろんのこと、新製品のための製造技術、生産技術など多岐にわたり活躍できます。

【技術営業職】:高機能素材メーカーである当社の営業職は、 販売だけでなく、お客様や様々な媒体からの情報収集・ マーケティング・提案をして頂きます。 主な取引先は、加工メーカーや商社で、 ルート営業のみならず、 従来ジャンルにとらわれない新規開拓も行います。
お客様との人間関係を構築しながらご要望を聞き取り、 技術部門へ伝え、新しい製品を一緒に作り上げて頂きます。
市場のニーズに応え、人々の生活を向上し、 それを広く社会へ展開していくやりがいがあります。 また、文系出身者だけでなく、理系出身社員も多数活躍しております。

【製造職】:担当ラインの製造機械をオペレーションし、製品生産全般を担当していきます。
技術担当と打ち合わせを重ねながら、設備や最適なライン構築も行います。 製造という立場から、どんどん積極的に意見を発信していってください。
沿革
  • 1950(昭和25)年
    • 京都市中京区室町通にて金銀糸製造加工販売業を創業
  • 1955(昭和30)年
    • 資本金300万円にて法人に改組
  • 1964(昭和39)年
    • 転写箔事業を開始
  • 1968(昭和43)年
    • 京都市右京区西京極に本社新社屋を建設移転
      蒸着によるガスバリア技術を確立し包装材事業を開始
  • 1970(昭和45)年
    • 栗東工場第4期工場完成、高速両面着色機2基を設置し
      コーティング部門を強化
  • 1973(昭和48)年
    • 蒸着とコーティングによる光学技術を確立し、窓貼りフィルム事業を開始
  • 1974(昭和49)年
    • 広巾高速両面着色機、広巾リバースコーターを設置し、コーティング部門を強化
  • 1977(昭和52)年
    • シュリンクフィルムを利用したラッピング事業を開始
  • 1982(昭和57)年
    • メタコート(株)設立
      メタコート社に連続式大型真空蒸着装置7号機を設置
  • 1988(昭和63)年
    • 反応蒸着技術を確立し透明蒸着バリアフィルム事業を開始
  • 1992(平成4)年
    • 日野工場第1期工事完成、超精密ファインコート開始
  • 1999(平成11)年
    • 品質システムの国際規格(ISO 9002)を認証取得(全事業所)
      抗菌、防臭、UVカットなどの機能性金銀糸を事業化
  • 2004(平成16)年
    • 栗東工場・日野工場にてISO14001の認証取得
  • 2006(平成18)年
    • 日野工場第4期工事完成
  • 2008(平成20)年
    • 資本金3億円に増資
  • 2012(平成24)年
    • 日野工場第5期工事完成
  • 2015(平成27)年
    • 栗東工場VOCの除去設備(蓄熱燃焼式脱臭装置)を設置
平均勤続勤務年数 16年3カ月(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2017年度実績)
※ただし配属される部署により多少変動致します
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)

先輩情報

「夢と感動の創造」という理念に強く共感しました
岩崎勝也
2017年入社
自然科学研究科修了
技術研究職
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)麗光と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)麗光を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ