最終更新日:2019/9/4

(株)清水合金製作所

  • 金属製品
  • 機械設計
本社
滋賀県
資本金
9,030万円
年商
45億2,400万円
従業員
156名(男132名、女24名)
  • 業種 金属製品、機械設計
  • 本社 滋賀県
  • 資本金 9,030万円
  • 年商 45億2,400万円
  • 従業員 156名(男132名、女24名)

水とともに時代を創る

会社紹介記事

PHOTO
上下水道や水処理施設、プラント等で使われるバルブを開発・製造。そのほか災害時に安心安全な生活用水を供給できる浄水装置を手がけ、熊本地震では給水活動を行いました。
PHOTO
20代から60歳以上のベテランまで幅広い年代が活躍。休憩時間には仕事やプライベートのことまで気軽に話し、クラブ活動や社内イベントも一緒に楽しむ家族的な職場です。

自由度の高い社風の中で、若いうちから「自分のやりたいこと」に挑戦できる!

PHOTO

「求めるのは芯のある人。少数精鋭の組織だからこそ“トップを狙いたい”といった目標を持つ、意欲に溢れる若手と次世代の会社をつくっていきたいですね」と語る中川さん。

■水道用バルブでは国内トップクラスの実績
当社は世界有数の総合バルブメーカーである(株)キッツ(KITZ)のグループ会社。各種バルブや水処理装置の開発・製造を一貫して行い、水道用バルブでは全国トップシェア(※公益社団法人日本水道協会 発行 「水道協会雑誌」より)の生産実績を誇ります。バルブは液体を流す・止める・制御する機器。用途に応じて仕切弁、空気弁、補修弁など多種多様な製品があり、上下水道管や学校・公共施設、プラント(工場)、水処理施設などで使用されています。近年、地震や自然災害に強い製品が求められるなか、当社では業界に先駆けて漏水や破損を防ぐ新製品を開発。70年間培ってきた独自技術を強みに営業と技術、製造が連携してあらゆるニーズに応えています。

■ライフラインを支えていることを肌で実感
私は入社後6年間、一般弁(量産品)の組み立てを担当。日産・月産、年間単位で目標生産数があり、それを達成することにやりがいや成長を感じていました。組み立ては製品の最終工程。ライン長補佐として部品供給を任されてからは、課全体の品質や納期を意識し、チームワークを発揮できるように、スタッフの体調管理やコミュニケーションを心がけました。
7年目にオーダーメイドの特殊弁を扱う現部署に異動して以来、ライン長を任されています。仕様書を確認して、どんな工程で組み立てるかを検討したり、購買部に部品発注の確認をするなど、これまで以上に難易度が高く、完成した製品を据え付けるために全国各地へ出張に出向くようにもなりました。小学校や公共施設の貯水槽で製品が稼働する瞬間に立ち会ったとき、ライフラインに密接に関わっていることを実感。工場でものづくりをしているだけではわからない醍醐味を肌で感じています。

■ライン長として効率化や技術伝承に取り組む
ベテラン技術者が多いなか、現在は技術伝承と効率化に取り組んでいます。大先輩たちに話を聞き、作業工程の写真を撮影して手順書を作成し、若手も一定基準以上の製品づくりができる体制の構築を目指しています。さらに日頃から業務改善を行っていますが、自分からやりたいことを提案すると、いつも上司は私の意見を尊重してくれます。そんな風通しのいい会社で、これからもいろんなことに挑戦したいですね。

(中川 伸吾/生産本部 製造2課 ライン長/2006年入社)

会社データ

事業内容

PHOTO

・上下水道用各種弁類製造
・製鉄プラント用耐熱コントロール弁
・環境事業(水処理関連)
・建設業(土木工事業、とび・土工工事業、鋼構造物工事業、機械器具設置工事
     業、水道施設工事業)
本社郵便番号 522-0027
本社所在地 滋賀県彦根市東沼波町928番地
本社電話番号 0749-23-3131
創業 昭和22年1月28日
資本金 9,030万円
従業員 156名(男132名、女24名)
年商 45億2,400万円
事業所 本社・工場/滋賀県彦根市
営業拠点 札幌、青森、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡
関連会社 株式会社キッツ(東証1部上場)
平均年齢 43歳
沿革
  • 昭和22年
    • 「清水合金鋳造所」を創業(滋賀県彦根市沼波町)
  • 昭和32年
    • 「清水合金製作所」に改称(機械部門発足)
      日本水道協会の検査工場として受検開始
  • 昭和36年
    • 「(株)清水合金製作所」として法人に改組
  • 昭和47年
    • 日本水道協会指定検査工場の許可認定を取得
  • 昭和48年
    • 日本工業規格表示工場の許可認定を取得(JIS工場)
      現在地に移転する
  • 昭和52年
    • 建設業(機械器具設置工事業)の許可認定を取得
  • 昭和53年
    • 日本工業用水協会の管・弁類等、製造事業所としての許可認定を取得
  • 昭和54年
    • 製鉄プラント用耐熱コントロール弁の技術を確立
  • 昭和56年
    • 西ドイツ ボップアンドロイター社とボブロイターバルブ(ソフトシール仕切弁)に関する技術提携
      粉体塗装工場を新設(我が国最初のバルブ用粉体設備)
      日本水道協会・水道用粉体塗装工場の許可認定を取得
  • 昭和57年
    • 大阪市・粉体塗装工場の許可認定を取得
  • 平成元年
    • 粉体塗装ロボット設備を新設
  • 平成3年
    • 製品及び資材管理倉庫新設
  • 平成6年
    • 九州営業所を開設
  • 平成7年
    • 株式会社キッツグループ(東証1部上場)に参画
  • 平成8年
    • 仙台営業所開設
  • 平成10年
    • ISO9001 認証取得
      建設業(土木工事業、とび・土工工事業、鋼構造物工事業、水道施設工事業)の許可認定を取得
  • 平成16年
    • ISO14001認証取得
      新潟出張所開設
  • 平成17年
    • 中国四国営業所開設
  • 平成20年
    • JIS製品認証(JIS B 2062)を取得
      名古屋営業所開設
      粉体塗装設備を新設
  • 平成22年
    • 日本水道協会 第1種検査工場として登録される
  • 平成23年
    • 溶射設備を新設
  • 平成27年
    • 新事務所 完成
  • 平成29年
    • 創業70周年を迎える
平均勤続勤務年数 17年10か月(2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 4.2時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.0日(2018年実績)

前年度の育児休業取得対象者数 1名(うち女性1名 2018年実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名 2018年実績)

取材情報

“水”のあらゆるシーンに欠かせない存在として進化し続ける
国内トップクラスの水道用バルブを支える社員の就活とは?
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)清水合金製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)清水合金製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ