予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/1/23

アペックスグループ

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)
  • 給食・デリカ・フードビジネス
  • その他メーカー

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
(株)アペックス 1億円(株)アペックス西日本 6,406万円
売上高
(株)アペックス 290億円 (株)アペックス西日本 270億円
従業員
(株)アペックス 900名 (株)アペックス西日本 600名
  • 業種 商社(食品・農林・水産)、食品、専門店(食品・日用品)、給食・デリカ・フードビジネス、その他メーカー
  • 本社 東京都、大阪府
  • 資本金 (株)アペックス 1億円(株)アペックス西日本 6,406万円
  • 売上高 (株)アペックス 290億円 (株)アペックス西日本 270億円
  • 従業員 (株)アペックス 900名 (株)アペックス西日本 600名

~自動販売機という小さなカフェ~紙カップの飲み物を通して「やすらぎ」の時間をお届けしています。

会社紹介記事

PHOTO
このロゴどこかで見たことありませんか?紙カップ式の飲み物に世界で初めて氷を入れたり、フローズン飲料を提供したり、アペックスが生んだイノベーションは数知れず!
PHOTO
先輩社員集まれ~!やすらぎを届ける仕事だからこそ、社内の雰囲気もアットホーム!毎年楽しい仲間たちが入社しています。

全てはお客様の笑顔のために!それがカップ式自販機トップクラスの業績を生む秘訣。

PHOTO

「ほっ」と一息のひと時、傍らにはアペックスの自動販売機があります。

◆キーワードは「ホスピタリティ」
想像してみてください。
カップにコーヒーが注がれる。
部屋中にいい香りが立ち込めてきます・・・

私たちはそんな「ほっ」とするひと時を提供する自動販売機オペレーターの草分け的存在です。
オペレーターの仕事とは、さまざまな場所に自動販売機を設置し、飲みものやサービスを販売・提供することです。
しかし、単に「飲みもの」や「サービス」を提供するのではありません。
「人を温かくもてなす心」とともに「飲みもの」や「サービス」を提供しています。
そこには味とサービスへの「こだわり」があります。
飲みものにこもっているのは、まさに私たちの「人を温かくもてなす心」です。

会社データ

事業内容

PHOTO

ちょっとしたやすらぎの空間。私たちアペックスの自動販売機が、その「ほっ」とする空間作りのお手伝いをします。

アペックスグループは自動販売機を通してリフレッシュタイムをお届けする自動販売機のオペレーターです。

紙カップ式を中心とした飲料自動販売機を展開しており、企業や工場、駅、学校、病院などさまざまな場所に自社の自動販売機を設置し、飲み物やサービスを提供しています。
東京本社郵便番号 102-0074
東京本社所在地 東京都千代田区九段南2丁目3番14号 靖國九段南ビル6F
東京本社電話番号 03-3234-6492
大府本社 愛知県大府市柊山町2-418 TEL:0562-47-1218
大阪本社 大阪府大阪市西区南堀江4-25-24 TEL:06‐6535-9024
資本金 (株)アペックス 1億円(株)アペックス西日本 6,406万円
従業員 (株)アペックス 900名
(株)アペックス西日本 600名
売上高 (株)アペックス 290億円
(株)アペックス西日本 270億円
募集会社 ◆(株)アペックス
◆(株)アペックス西日本
(株)アペックス 会社名:(株)アペックス
設 立:1963(昭和38)年2月
資本金:1億円
従業員:900名(2019年1月現在)
代表者:代表取締役社長  森 吉平

本 社:
〒474-0053 愛知県大府市柊山町2丁目418番地

電 話:0562-47-1218(代)
F A X :0562-48-3907

東京本社:
〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目3番14号
靖國九段南ビル6F靖國九段南ビル6F

電 話: 03-3234-6501(代)
F A X : 03-3234-6502

営業拠点:
53拠点(詳細は当社HPでご確認ください)

【事業内容】
飲料の自動販売機による中身商品の販売
カフェサーバー事業
レストランの経営
上記に付帯する一切の業務
(株)アペックス西日本 会社名:(株)アペックス西日本
設 立:2009(平成21)年11月
資本金:6,406万円
従業員:600名(2019年1月現在)
代表者:代表取締役社長  森 吉平

本 社:
〒550-0015 大阪市西区南堀江4-25-24

電 話:06‐6535-9024

営業拠点:
40拠点(詳細は当社HPでご確認ください)

【事業内容】
飲料の自動販売機による中身商品の販売
関連会社 日本ベンダー整備(株)、(株)アピシウス、(株)名古屋フーヅ
沿革
  • 1963(S38)年2月
    • 日本自動販売(株)を資本金500万円で設立
  • 1981(S56)年6月
    • 1台でホット&コールド飲料の販売を可能にした「APEX2400」を開発・発表
  • 1984(S59)年8月
    • 「(株)アペックス」と商号変更
  • 1986(S61)年7月
    • 1台で2杯分の同時販売を可能にした「APEX5000」を開発・発表
  • 1988(S63)年1月
    • 衛生面で画期的なカップミキシング機構を搭載した「APEX AX‐1」を開発・発表
  • 1993(H5)年2月
    • 密封原料パックを使用した新ドリンクシステム「フラビア220」を発表
  • 1997(H9)年12月
    • 画期的なデポジット式紙カップ回収機「カップエコジット」を開発・発表
  • 2001(H13)年10月
    • 驚くほど調理時間が速いカップ式自動販売機「120QV」を開発・発表
  • 2002(H14)年1月
    • ISO14001を全事業所で認証取得
  • 2004(H16)年9月
    • 中部リサイクルセンター開設
  • 2005(H17)年1月
    • 本格的なカフェの味わいを実現した「APEX130REC(T)」通称「エムワン・カフェ」開発・発表
  • 2005(H17)年11月
    • 環境への取り組みが認められ、「ウェステック大賞」事業活動部門賞受賞
  • 2006(H18)年10月
    • 「資源循環技術・システム表彰」会長賞受賞
  • 2007(H19)年7月
    • 森吉平社長が文部科学大臣賞受賞
  • 2008(H20)年1月
    • 「エム-ワン カフェ コーヒーシステム」展開
  • 2008(H20)年4月
    • 本格レギュラーコーヒー「APEX50RB」開発・発表
      次世代紙カップ式自販機「APEX120QREC」開発・発表
  • 2009(H21)年11月
    • (株)アペックス西日本設立
  • 2009(H21)年12月
    • ISO14001認証取得から10年経ち、「継続賞」受賞
  • 2010(H22)年7月
    • 省エネカップ式飲料自販機「APEX 100QRC」発表
  • 2010(H22)年8月
    • コカ・コーラウエスト(株)と資本・業務提携契約締結
  • 2011(H23)年
    • 3月 「イタリアンレストラン“トラットリア アルコバレーノ”」がリニューアルし「Specialita di carne CHICCIANO(キッチャーノ)」としてオープン

      6月 大府本社耐震工事完了、社屋に太陽光パネル設置

      8月 「災害対応型カップ自販機」展開開始
  • 2012(H24)年
    • 5月 「APEX AMV9(小型物販機)」展開開始
  • 2013(H25)年
    • 2月 創立50周年
      3月 カップ式飲料自動販売機「APEX 85QVR」発表
  • 2016(H28)年
    • 2月 カップ式自動販売機「APEX 100RS」発表
  • 2018(H30)年
    • 10月 日本初の新機能”とろみボタン”付き「カップ式自動調理機」を発表
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 16.9年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 30時間
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 9名 33名 42名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 9名 0名 9名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 3.8%(212名中8名)

先輩情報

一杯でお客様へ”安らぎ”を提供できる紙カップ自動販売機に魅力
宮崎 裕太
2016年入社
25歳
京都産業大学
法学部 法律学科 卒業
関西第一支社 滋賀支店
ルートセールス
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

アペックスグループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ