最終更新日:2020/5/22

  • 正社員
  • 既卒可

(株)日本港湾コンサルタント

業種

  • 建設コンサルタント
  • 建築設計

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
26億1,400万円(2019年9月実績)
従業員
146名(2019年12月1日現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 建設コンサルタント、建築設計
  • 本社 東京都
  • 資本金 1億円
  • 売上高 26億1,400万円(2019年9月実績)
  • 従業員 146名(2019年12月1日現在)
  • 募集人数 6~10名

港湾のプロフェッショナルとしてともに成長しよう!!

港湾のプロフェッショナルとしてともに成長しよう!! (2020/02/15更新)

PHOTO

エントリーいただいた方に選考に関する情報をご案内しておりますので、
まずはエントリーをお願いします!
ご質問などは随時受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

港湾の仕事は、人と社会とのつながりに深く根ざし、
そこにやりがいを見出していく魅力的な仕事です。
自分が携わった港に集まる人々の姿を見て
「こんな風に使われるんだ!」という感動を、
ぜひ一緒に味わいましょう。

会社紹介記事

PHOTO
世界初の洋上石油備蓄基地。当社は、調査・計画・設計として参画した、海に関わる総合コンサルタントとして半世紀を超える歴史を有する日本を代表する存在です。
PHOTO
ベトナム国ダナン港改良事業。当社は海外で高い評価と実績を誇り、開発計画調査から施設の設計、施工管理業務まで一連のサイクル全体を担っています。

国内外の「港」を拠点に経済を支え、社会に貢献していく

PHOTO

「自分が関わる仕事が、社会に対してどのように貢献しているのかを常に見つめるべきです。危機管理や災害対策の視点を持った、港湾のプロを目指してください」と高橋社長。

輸出入を合わせた日本の国際物流量のうち、99.7%は港を通過しており、港は人々の暮らしと経済の拠点となっています。当社は1961年の創業以来、港湾、海岸、海上空港などのインフラストラクチャー(社会基盤)の総合コンサルタントとして実績を重ねてきました。

インフラストラクチャーのプロジェクトは多様な分野に広がっています。これらのプロジェクトに必要な業務を時系列に並べてみると、構想段階から始まり、調査、計画、設計、施工管理、運営、維持管理の各段階を経て、最後はリニューアルを含む再編という段階に至ります。当社は、すべての段階においてハイレベルのノウハウを持って多くのプロジェクトに関わり続け、国内のみならずアジアやアフリカなど海外においても実績を積み上げています。

特に当社は、調査や計画段階で経済的なメリットや自然環境の保全方法などの調査を行い、利用者の目的に合致したコンセプトを提案したり、設計のみならず施工管理に関わることにより、コンセプトや設計がスムーズに実現できるよう取り組んでいます。ソフト面におけるコンサルティングをトータルで担える企業はほかに例を見ません。

近年、海外ではAIを駆使し、コンピュータ制御で稼働する自動化コンテナターミナルの運営が一般的になってきており、ターミナルの中の大型機械は全て無人で動いています。無人ターミナルは、労働者の安全性向上や少ない環境負荷などのメリットにより全世界に普及しましたが、日本は港湾のAI化や自動化の分野で世界に遅れをとっています。当社は、日本の港湾のAI化と自動化を進めるため、国やIT企業と連携し最先端技術を駆使した取組を行うなど、今ではこの分野におけるリーディングカンパニーとなりました。

変化しつつある社会情勢に対応し当社が培ってきたこれまでのノウハウを生かしながら事業を展開していく。これが私たちに今後求められることだと思っています。
新しいことにチャレンジする意欲、さまざまな業務を経験するなかで自らの適性を発見し、成長していく強さのある仲間が増えることを期待したいですね。学生時代には経験したこともないような課題の中に飛び込み、そこで新しい面白さを見いだし、挑戦していって下さい。
人々の暮らしと経済の拠点となる港。私たちが世界に対してできることを考え、広い視野を持って向き合っていきましょう。

(代表取締役社長/高橋 浩二さん)

会社データ

プロフィール

当社は、創設以来半世紀を超える歴史を通じて港湾を中心とした様々な分野で活躍してきました。その活動範囲は、日本国内にとどまらず広く世界各国に及んでいます。今後は更に「地球環境はどうあるべきか」をメインテーマとして、海岸の再生や水質の浄化、浚渫土や廃棄物の減容化・再資源化などへとその対象をひろげ、課題にとりくんでいきます。その過程でハード面の企画・提案のみならず、広くソフト面の検討も視野に入れて新規事業に挑戦していきます。

事業内容
  • 技術派遣
港湾・海岸・漁港・空港・人工島・海洋構造物・作業船・荷役機械等に関する調査・計画・設計・施工監理、環境アセスメント、各種プロジェクトマネジメント、情報技術業務、水理模型実験、地球環境の調査研究等、海洋・河川等の水質浄化に関する商品開発及び販売等、各種手続業務、技術相談、労働者派遣
本社郵便番号 141-0031
本社所在地 品川区西五反田8-3-6 TK五反田ビル
本社電話番号 03-5434-5671
設立 1961年4月1日
資本金 1億円
従業員 146名(2019年12月1日現在)
売上高 26億1,400万円(2019年9月実績)
事業所 本社(東京都品川区)
<支店>西日本事業本部[関西(神戸)、九州(福岡)]
<主な事務所> 東北、北陸、中部、中国、四国、沖縄、海外他
業績 <2019年9月期>売上高: 26億1,400万円 経常利益: 3,900万円
<2018年9月期>売上高: 26億2,400万円 経常利益: 1億1,600万円
<2017年9月期>売上高: 29億5,800万円 経常利益: 3,600万円
主な取引先 官公庁、地方自治体、民間企業
沿革
  • 1961年
    • 4月会社設立(東京都渋谷区神宮通) 名古屋分室開設 8月新潟出張所開設 11月神戸出張所開設
  • 1963年
    • 3月九州出張所開設 本社移転(東京都渋谷区八幡通)
  • 1964年
    • 12月建設コンサルタント登録
  • 1965年
    • 3月一級建築士事務所登録 4月各地方の出張所を事務所に昇格
  • 1970年-77年
    • 72年4月インドネシアジャカルタ事務所開設 77年7月本社移転(東京都渋谷区渋谷)
  • 1982年-2000年
    • 82年5月スリランカ国コロンボ事務所開設 95年6月本社移転(東京都渋谷区恵比寿南)99年4月首都圏事務所開設 12月ベトナム国ハノイ事務所開設 2000年6月本社移転(東京都品川区五反田) 
  • 2001年-10年
    • 01年5月ベトナム国ダナン事務所開設 02年8月測量業者登録 03年7月地質調査業者登録 06年3月一般労働者派遣事業者登録 07年4月ベトナム国カイメップ・チーバイ事務所開設 09年1月ケニア国モンバサ事務所開設
  • 2011年4月
    • 創立50周年を迎える
  • 2016年1月
    • 西日本事業本部を設置(関西支社、九州支社を統合)
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 11.1年
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 14.5日

採用データ

問い合わせ先

〒141-0031
住所:東京都品川区西五反田8丁目3番6号 TK五反田ビル
部署:総務部 高橋、市場
TEL:03-5434-5671
URL http://www.jportc.co.jp
E-mail kenji_takahashi@jportc.co.jp
交通機関 ◆JR山手線・五反田駅 徒歩7分
◆都営浅草線・五反田駅 徒歩7分
◆東急電鉄池上線・大崎広小路駅 徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp56628/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)日本港湾コンサルタントと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)日本港湾コンサルタントを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

(株)日本港湾コンサルタントを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ