予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/1/24

(株)服部組

業種

  • 建設

基本情報

本社
愛知県
資本金
2億円
売上高
約88億円(2019年3月実績)
従業員
210名
  • 業種 建設
  • 本社 愛知県
  • 資本金 2億円
  • 売上高 約88億円(2019年3月実績)
  • 従業員 210名

道路舗装はじめ上下水道管やガス管などのライフライン工事で、名古屋に100年以上貢献し続ける安定企業です。舗装工事で使うアスファルト合材は自社工場で製造しています。

会社紹介記事

PHOTO
入社後は先輩社員の指導のもと、監督補助として工事現場などで施工管理の基礎を学びます。しっかり経験を積んでいき、ゆくゆくは自分の現場を任されるようになります。
PHOTO
チームで仕事をすることが基本のため、わからないことは何でもすぐに先輩社員に相談できるので安心です。問題を抱え込むことなく、仕事に取組むことができます。

休日や福利厚生が充実。社員のことを大切にしている会社です。

PHOTO

「現在年間120日の休日数をさらに増やし、近い将来に完全週休二日制の実現を目指しています」と語る寺西さん。

「社員と社員の家族を笑顔と元気にする」

これは服部組の代表取締役社長がいつも口にしている言葉です。この言葉どおり服部組は、業界トップクラスの年間休日数の確保、宿泊施設やレジャー施設の割引や優待をはじめとする充実した福利厚生など、社員とその家族が服部組を通じて笑顔で毎日を過ごせる職場環境づくりを何よりも大切にしている企業です。

このような職場環境を整備できるのも、安定した経営基盤があればこそ。服部組の創業は明治時代にまでさかのぼり、道路、水道、ガスをはじめとする地元名古屋市の公共インフラを支える土木施工業者として100年以上の長い歴史があります。その中で官公庁、道路公社、上下水道局をはじめ多くの土木、インフラ関連企業・団体と深い繋がりを持ち、現在では地元で服部組の名前を知らない人はいないと言われるほど、業界のリーダーとしての地位を確立しています。

これだけ長く会社が存続できたのは、ひとつひとつの現場で決して手を抜くことなく、堅実な仕事を100年以上に渡って続けてきたから。こうして信頼と実績を積み重ねてきたことによって今の服部組の姿があります。そして、これまでともに頑張ってきた社員への感謝と、次の100年に向けてこれからも末長く一緒に働いていきたいという気持ちが、社員を何より大切に思う現在の社風へと繋がっています。こうした社風も手伝って、服部組は穏やかで協調性のある社員がとても多く、離職率も非常に低いのが特徴です。社員同士の仲も良く、社員旅行や会社主催のイベントはもちろん、会社全体がひとつの家族のような、アットホームな雰囲気に包まれています。

施工管理という仕事自体においても協調性はとても大切な要素。なぜなら、工事を円滑に進めるためには現場監督が工事に関わる多くの人と適切なコミュニケーションを取りながらチームをまとめ、一丸となって目標に向かうことが必要不可欠だからです。逆に言えば、協調性と仕事に対する素直な気持ちさえあれば、周りの先輩たちにも助けられながら土木に関する知識や経験は自然と身についていきます。

地元名古屋に根付き、人々の暮らし、インフラを支える私たち服部組の社風に共感いただいた方にお会いできる事を楽しみにしております。

管理本部 総務部 部長 寺西 雅也

会社データ

事業内容

PHOTO

道路舗装工事に使用するアスファルト合材は自社のプラント工場で製造。使用済みアスファルトのリサイクルを通じて環境保護にも貢献しています。

◆土木建設業
 ・舗装工事設計請負施工
 ・土木建設工事一式設計請負施工
 ・上下水道管埋設工事請負施工
 ・管更正(水道管洗浄)工事施工
 ・ガス管埋設工事請負施工
◆アスファルト合材製造及び販売
 木製パレット、木箱製造及び販売

□地域貢献活動
本社前での立哨活動や地域の清掃活動だけではなく、津波避難ビルに指定されている本社ビルを開放しての防災イベントを毎年開催するなど、地元の熱田区千年学区の安全を見守り、貢献する活動を継続しています。

□災害復旧への取り組み
全国各地で地震などによる被害が出た際に復旧応援活動に取り組んでいます。

・1978年6月 宮城県沖地震
       ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・1993年1月 釧路沖地震
       ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・1995年1月 兵庫南部地震(阪神・淡路大震災)
       水道部門 ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・2007年7月 新潟中越沖地震
       水道部門 ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・2011年3月 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
       ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・2016年4月 熊本地震
       ガス工事部門 災害復旧応援派遣
・2018年6月 大阪府北部地震
       ガス工事部門 災害復旧応援派遣
本社郵便番号 456-0055
本社所在地 愛知県名古屋市熱田区南一番町20-3
本社電話番号 052-661-8211
創業 1910年4月
設立 1944年4月
資本金 2億円
従業員 210名
売上高 約88億円(2019年3月実績)
事業所 本社:名古屋市熱田区南一番町20-3
大江事務所:名古屋市港区大江町3-6
名四センター:名古屋市港区善進本町572
製材工場:名古屋市熱田区南一番町21-5
関連会社 ・桜和設備(株)
・(株)南部企業
平均勤続年数 17.8年(2019年時点)
沿革
  • 1910(明治43)年4月
    • 創業。「服部組」の名称で個人営業開始(名古屋市熱田区千年にて)。
  • 1944(昭和19)年4月
    • 会社設立。(株)服部組として現本社所在地にて事業開始。
  • 1944(昭和19)年5月
    • 服部土建工業(株)を吸収合併。
  • 1946(昭和21)年5月
    • ガス事業開始。製材業開始。
  • 1950(昭和25)年7月
    • 中川アスファルト合材工場新設。官公庁工事へ参入。
  • 1960(昭和35)年4月
    • 上下水道工事に参入。
  • 1966(昭和41)年4月
    • 名四センター(アスファルト合材工場)新設
  • 1970(昭和45)年4月
    • 社章制定。
  • 1971(昭和46)年4月
    • 本社事務所新設
  • 1979(昭和54)年11月
    • 大江事務所新設
  • 1980(昭和55)年11月
    • 本社事務所増築。
  • 1981(昭和56)年6月
    • 水道管更生工事部門新設。
  • 1983(昭和58)年1月
    • アスファルトリサイクルプラント新設。
  • 1994(平成6)年4月
    • 砕石リサイクルプラント新設。
  • 1997(平成9)年4月
    • 品質管理室開設。
  • 2001(平成13)年3月
    • 三重支店開設。
  • 2004(平成16)年7月
    • 名四センター(アスファルト合材工場)建て替え。
  • 2010(平成22)年4月
    • 創業100周年を迎える。
  • 2012(平成24)年1月
    • 本社ビル耐震補強工事完成。
  • 2014(平成26)年4月
    • 会社設立70周年
  • 2014(平成26)年8月
    • 本社ビルが名古屋市より「指定避難所」「指定緊急避難所」に指定される。
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 16.8年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 20.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 12.1日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 5名 5名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 0名 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 6.2%(65名中4名)
  • 役員0%(9人中女性0人 2019年度実績) 管理的地位にある者6.2%(65人中女性4人 2019年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)服部組と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

(株)服部組を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ