最終更新日:2019/6/24

トクデン(株)

  • 重電・産業用電気機器
  • 機械
  • 精密機器
  • 半導体・電子・電気機器
  • 総合電機
本社
京都府
資本金
4,000万円
売上高
45億円(2018年6月期)
従業員
188名
  • 業種 重電・産業用電気機器、機械、精密機器、半導体・電子・電気機器、総合電機
  • 本社 京都府
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 45億円(2018年6月期)
  • 従業員 188名

誘導発熱をコア技術に高付加価値を創造し、世界のトップメーカーを目指す技術集団。

会社紹介記事

PHOTO
2017年7月に完成した新社屋では、若いメンバーが主役として意欲的に活躍。快適で働きやすい環境づくりはもちろん、社員食堂を完備して社員の健康面にも配慮しています。
PHOTO
当社が手がけるのは、あらゆる製品の生産プロセスに欠かせないオーダーメイド装置。営業と設計が連携してモノづくりに関わり、お客様に期待以上の価値を提供します。

重量は20トン!入社2年目に海外プラント用大型製品の設計に挑戦!

PHOTO

―入社の決め手
将来性の高い独自技術を持つメーカーを探していたとき、トクデンの誘導発熱ジャケットロールと出会いました。最初はピンときませんでしたが、製品を深く知りたいと思ったことが入社の決め手に!後にわかったのは、これまでに類のない画期的な製品であること。IH調理器と同じ原理で、ロールシェル(外筒)に内蔵された誘導コイルに交流電流を流すことで磁場を発生させ、ロールを自己発熱させる誘導発熱方式。400℃までのロール表面温度を±1℃単位で制御でき、ロールの長さが数メートルに及んでも表面温度を均一に維持します。
―印象に残っている仕事
私は誘導発熱ジャケットロールの設計・製図を担当していますが、2年目に億単位の大規模案件を任されたときは本当に驚きました。アメリカのプラントで印刷紙を製造する製品は、ロール幅3mで重量は20t。お客様が来日されて打ち合わせをしたときは、英語がよくわからずに苦労しましたが、上司に聞きながら半年間をかけて設計図と50枚以上の加工図を仕上げました。製造現場に足を運び、日々組み上がっていく製品を見るたびに嬉しくなったことは鮮明に覚えていますし、この経験が今の自分のキャリアにつながっていると感じています。
ー現在の仕事
現在は食品の包装フィルム等の薄膜フィルムやリチウムイオン電池の電極材を製造するプレスロールを手がけています。通常ロールの荷重は1t以下ですが、プレスロールは100~200t。その加重に耐えられるようにロールシェルはボトルを使用しない軸一体型で、内蔵する誘導コイルは小径タイプ。同じジャケットロールでも設計思想がガラリと変わり、強度計算をはじめとする新しいスキルが求められます。わからないことばかりですが、新しいことに挑戦する毎日はとても充実していますよ。
(S.Y/マキノ製造部 技術課/2015年入社)

会社データ

事業内容

PHOTO

誘導発熱技術で世界を変える製品を生み出します。

トクデンは電磁誘導技術と均温技術をコア技術と位置付け、独創的な製品開発、用途開発で世界に貢献できる企業を目指しています!

主に「誘導発熱ジャケットロール」や「変圧器」、
「過熱蒸気発生装置UPSS」の開発・製造・販売を行っています。

【ジャケットロール・ハイブリッドロール】
フィルムの貼り合わせ工程や、合成繊維の製造工程など
様々な製品の製造工程で重要な役割を果たす高精度な熱ロールを製造しています。

・誘導発熱ジャケットロール
・ハイブリッドロール(冷却機能付)
・高温誘導発熱ロール
・スリーブジャケットロール

【変圧器・電源システム】
受電盤、リアクトル制御盤など、主回路の電気関係すべてに関して、
トータルシステムとして設計・製作を行っています。
特殊電源技術のノウハウと特注生産に対応した開発・生産体制で、
最適システムをスピーディーに提供しています。

・特殊変圧器
・可飽和リアクトル
・車両用リアクトル
・特殊溶解炉電源システム

【過熱蒸気発生装置 UPSS】
過熱蒸気発生装置 UPSSは、最高1200度の過熱蒸気を
水と電気だけで発生を可能にした製品です。
滅菌・洗浄・焼成・表面改質、金属溶解など、様々な用途に使用されています。

過熱蒸気発生装置 UPSS 平成28年度京都中小企業技術大賞受賞製品です。

省エネ性能の高い製品を提供しており、幅広い製造業のエネルギー消費削減に貢献しています。
本社郵便番号 607-8345
本社所在地 京都市山科区西野離宮町40番地
本社電話番号 075-581-2111
マキノ工場郵便番号 520-1834
マキノ工場所在地 滋賀県高島市マキノ町寺久保87
マキノ工場電話番号 0740-27-2111
創業 1939年
設立 1951年
資本金 4,000万円
従業員 188名
売上高 45億円(2018年6月期)
事業所 マキノ工場(滋賀県)
関東支店(神奈川県)
売上高推移 2018年6月期 45億円
2017年6月期 36億円
2016年6月期 40億5,300万円
株主構成 北野 良夫、北野 嘉秀、その他
主な取引先 TMTマシナリー(株)
由利ロール(株)
日鐵住金物産(株)
日立金属(株)
関連会社 Tokuden, Inc.
平均年齢 42.5歳(正社員)
平均勤続年数 13.9年
受賞・認定歴 ○オスカー認定(2013年)
優れた事業計画により積極的に経営革新に取り組む中小企業として認定されました。
○京都府元気印中小企業認定(2014年)
自らの強みを生かした得意分野で「オンリーワン」を目指す企業として、UPSSの開発・事業計画が認められ、認定されました。
○京都中小企業優良企業表彰(2014年)
京都府内で優位性、新規性又は、京都らしさをそなえたものづくり、ビジネスモデルの構築等により、京都産業の振興に貢献している中小企業として表彰されました。
○ワーク・ライフ・バランス認証企業(2015年)
仕事と育児・介護の両立支援、ワーク・ライフ・バランスなどで、一定基準を満たす企業として認定されました。
○関西ものづくり新選2015選出(2015年)
過熱蒸気発生装置 UPSSが独自に開発した高い技術と絶えまぬ創意工夫が感じられる優れた製品・技術と評価され、選出されました。
○京都中小企業技術大賞(2016年)
優れた新製品・新技術の開発を行う京都の中小企業へ授与される顕彰の中で、最も栄誉ある大賞に過熱蒸気発生装置 UPSSが選出されました。
〇京都府産業功労者表彰(2017年)
代表取締役北野社長が京都府産業功労者に選出され、表彰されました。
〇京(きょう)から取り組む健康事業所宣言(2018年)
〇きょうと健康づくり実践企業(2019年)
〇健康経営優良法人(2019年)
沿革
  • 1939年
    • 大阪市において特殊電機研究所として発足。
  • 1943年
    • 国内初の環状成層鉄心を開発。
      これを摺動型電圧調整器(スライダック相当)の鉄心に利用。
  • 1945年
    • 戦災により現本社所在地(京都市山科区)に移転し、事業を継続。
  • 1951年
    • (株)特殊電気工業所に社名変更。
      翌年1952年(昭和27年)に摺動型電圧調整器に対し、形式承認番号を交付される。
  • 1960年
    • 変形巻鉄心を2分割したU状鉄心型変圧器、可飽和リアクトルを開発、実用化。
  • 1961年
    • 特殊電機(株)に社名変更。
  • 1964年
    • 合成繊維の熱延伸装置として、世界初の誘導発熱ローラーを開発、実用化。単相・3相衝合形リアクトル、変圧器、可飽和リアクトルその他の誘導発熱機器開発、実用化。
  • 1969年
    • 誘導発熱ジャケットロールの開発・実用化。
  • 1980年
    • トクデン(株)に社名変更。
      3相電源が利用できるジャケットロールを開発、実用化。
  • 1984年
    • 広幅不織布エンボスカレンダ用ロール(4m幅)を実用化。本格的に不織布市場へ参入。400℃高温ジャケットロールを開発・実用化。
  • 1985年
    • 100%出資子会社Tokuden Inc. をアメリカに設立。
      誘導発熱技術とジャケット均温技術との組み合わせによる加熱反応釜・ユニベスタを開発、納入。
  • 1988年
    • マキノ工場開設。
      米国向カーボンファイバー用400℃高温ロール(160本)の受注。
      鉄鋼用高温誘導発熱ロール(600℃)を開発、実用化。
  • 1993年
    • マキノ工場を増設し、大型ロールの一貫生産体制を構築。
      大手製紙メーカーに高速ソフトカレンダロール(3.5m幅)を納入。紙の高温カレンダ効果を証明。
  • 1994年
    • インボリュートコア開発・実用化。
      翌年1995年、誘導発熱式大型スピンビームを完成。
  • 1999年
    • インボリュートコア開発実用化に対して科学技術庁長官賞受賞。
  • 2004年
    • 流体循環ジャケットロールを開発、平成15年度の省エネ大賞を受賞。
  • 2006年
    • 高精度誘導発熱ジャケットロールを開発、実用化。
      高温誘導発熱ロール(700℃)を開発。
  • 2007年
    • マキノ工場・京都工場・東京営業所 ISO14001環境管理認証取得。
  • 2009年
    • 多層インボリュート鉄心採用高圧多重変圧器の試作評価完了・実用化。
      ハイブリッドロール(冷却機能付誘導発熱ジャケットロール)を開発・実用化。
  • 2011年
    • 過熱蒸気発生装置(UPSS)を開発し、実用化。
  • 2013年
    • 公益財団法人京都高度技術研究所主催 オスカー認定を受ける。
  • 2014年
    • 京都府元気印中小企業認定を受ける。
      京都中小企業優良企業表彰を受ける。
  • 2015年
    • ワーク・ライフ・バランス認証企業となる。
      近畿経済産業局の「関西ものづくり新選2015」に選出される。
  • 2016年
    • 公益財団法人京都産業21主催 京都中小企業技術大賞を受賞。
  • 2017年
    • 代表取締役 北野社長が京都府産業功労者に選出され、表彰される。
平均勤続勤務年数 13.9年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.3日
前年度の育児休業取得対象者数 3名(内女性1名、男性2名)
前年度の育児休業取得者数 1名(内女性1名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5.2%(管理職19名中1名)

取材情報

世界が認める独自技術で、高精度なものづくりや交通インフラを支えています!
世の中を進化させ、新しい未来を創造する誘導発熱技術のプロ集団
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トクデン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
トクデン(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ