予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/1/23

  • 上場企業

SPK(株)【東証一部上場】

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(電子・電気機器)

基本情報

本社
大阪府
資本金
8億9,859万円(2019年3月現在)
売上高
429億円(2019年3月期連結)
従業員
363名(2019年3月現在連結)
  • 業種 商社(自動車関連・輸送用機器)、商社(機械・プラント・環境)、商社(電子・電気機器)
  • 本社 大阪府
  • 資本金 8億9,859万円(2019年3月現在)
  • 売上高 429億円(2019年3月期連結)
  • 従業員 363名(2019年3月現在連結)

創業102年目を迎えた、挑戦を続ける「伝統ある新しい企業」

会社紹介記事

PHOTO
SPKは「Sincerity・Passion・Kindness」の経営理念を表しています。
PHOTO
入社後はまず物流部門で商品知識や仕事の流れを覚えていただき、その後、受発注業務を経験して、営業担当になります。

創業101年の歴史を持つ「伝統ある新しい企業」として変革し続けます。

PHOTO

若手社員でも仕事を任せられて活躍できます。社員同士がチームワークを発揮して仕事に取り組むことができます。

自動車部品および産業車両部品の専門商社として、日本および海外で活躍しています。

会社データ

事業内容

PHOTO

本社は大阪市福島区の駅前です。営業所は日本全国には19カ所、海外には8カ所あります。

【 国内営業本部 】
国内営業本部は全国1,000社の自動車部品商を通じ、メーカー・モデルを問わず、あらゆる国産車・輸入車を対象に、補修部品・用品を供給しています。
札幌から沖縄まで、全国19カ所の営業拠点を配置。国産だけでも4万点を超える部品の在庫品を揃え、お客様の要望には即時に応えられる体制を整えています。また、輸入車部品に関しては大阪の外車部品センターを軸に、海外調達部品の流通を行なっています。カスタマイズド・パーツ等、さまざまなオリジナル製品の販売も、SPKの強みのひとつです。
変貌するアフターマーケットの環境に適応し、市場に新たな付加価値をもたらすために、商品開発に特に積極的に取り組んでいます。開発は機能部品を中核に据えつつも、付加価値の高い電子部品や、車載コンピューター診断機等、整備市場の発展に不可欠な製品・システムも合わせて販売しております。

【 海外営業本部 】
海外で走行している日本車推定1億台を対象に、整備・補修部品や用品を全世界80カ国に輸出しています。海外得意先とはメール、電話、FAX等で日々コミュニケーションを取ります。営業担当になりましたら、担当国に海外出張もします。海外で走行する自動車は年々増加し、この拡大するマーケットを相手に豊富なSPKの商品力を武器にして、営業戦略を立てていきます。

【 工機営業本部 】
建設車輌をはじめ、フォークリフト、トラクター等の産業車輌を生産する大手製造メーカー向けに組付け用の部品・部材を供給しています。
近年加速するお取引様のグローバル展開に歩調を合わせ、海外部品調達比率を増やしながら、一方では北米をはじめ中国での製造拠点向けに直貿による納入を推進し、グローバル営業展開によるSPK新時代に向けての規模拡大に躍進中です。主たる取扱商品は、各種ランプ商品、多機能スイッチ類や樹脂部品、各種電装品、フィルター関連部品等、幅広い商品群を備え、新販路の拡大に加え提案営業の実践による成果とともに当社オリジナル商品の品揃えも充実させつつあります。
本社郵便番号 553-0003
本社所在地 大阪市福島区福島5-5-4
本社電話番号 06-6454-2578
創業 1917年
資本金 8億9,859万円(2019年3月現在)
従業員 363名(2019年3月現在連結)
売上高 429億円(2019年3月期連結)
事業所 本社=大阪
営業ネット 国内19・工機3
国内営業本部/札幌・郡山・仙台・宇都宮・東京・埼玉・CUSPA・浜松・名古屋・富山 ・
       大阪・広島・米子・高松・徳島・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
海外営業本部/大阪本社
工機営業本部/大阪・東京
関連会社 (株)丸安商会
谷川油化興業(株)
SPK SINGAPORE PTE.LTD
SPK MOTORPARTS CO.,LTD.
Nippon Trans Pacific Corp.
平均年齢 41.1歳(2019年3月現在)
平均勤続年数 14.5年(2019年3月現在)
沿革
  • 1917年
    • 伊藤忠商事(株)の機械部より分離し、その系列会社として大阪自動車(株)を設立。大阪で最初の外車・外車部品販売を行う。
  • 1922年
    • 伊藤忠商事(株)の系列から離脱,独立。自動車部品・用品の販売に専念。
  • 1949年
    • 社名を大同自動車興業(株)に改称、自動車部品専門商社として、戦後の再スタートを切る。
  • 1960~1970年代
    • 営業所を全国に展開する。
  • 1971年
    • 大阪国税局より自主監査モデル法人に指定される。
  • 1973年
    • 大阪南港に共同出資による関西運輸倉庫(株)を設立し、海外業務の合理化を図る。
  • 1980年
    • シンガポールに現地法人(略称:SSP)を設立。
  • 1989~1997年
    • 企業変革の長期シナリオ“一流企業人への道”にもとづき、新創業運動を全社展開。
  • 1990年
    • 新人事制度の導入。合宿研修と通信講座を制度化。オランダに現地法人設立、大阪に外車部品センター開設。
  • 1992年
    • 社名をSPK(株)に変更。私募債を発行。
  • 1995年
    • 10月5日、株式公開(現ジャスダック)。
  • 1997年
    • 創立80周年記念のイベントの実施。マレーシアに現地法人設立。
  • 2000年
    • 8月9日、東証第二部市場に上場。
  • 2003年
    • 3月3日、東証第一部市場に指定される。4月1日、大阪の(株)丸安商会の全株式を取得し、SPKグループの一員に迎える。
      11月14日、中国広州駐在員事務所開設。
  • 2005年
    • 7月末、タイ現地法人設立。
  • 2007年
    • 創立90周年記念イベントの実施。
      中国広州駐在員事務所を現地法人に格上げ。
  • 2010年
    • 新中期経営計画「SPK復活の3年」スタート
  • 2011年
    • シンガポール現地法人を連結対象とする
  • 2012年
    • 創立95周年記念イベントの実施。
  • 2013年
    • 新中期経営計画「START FOR 100」スタート
  • 2014年
    • 谷川油化興業をグループに迎える
  • 2015年
    • 工機営業本部 米国ヒューストンに現地法人設立
      アラブ首長国(UAE)ドバイに駐在員事務所
  • 2016年
    • Nippon Trans Pacific Corp(NTP)の全株式を取得し、SPKグループの一員に迎える
  • 2017年
    • SPK(株) 100周年
  • 2018年
    • NTPおよびタイ現地法人を連結対象とする
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 10.1時間

取材情報

世界中の自動車を支えるために! 誇りと情熱を持って働く社員たちのここがすごい!
国内や海外で、果敢にチャレンジする若き社員たちにフォーカス!
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

SPK(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ