予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/1/23

  • 上場企業

国際紙パルプ商事(株)【東証一部上場】

業種

  • 商社(紙・パルプ)
  • 商社(その他製品)
  • 紙・パルプ
  • 不動産(管理)
  • 出版

基本情報

本社
東京都
資本金
47億2,353万円
売上高
3,849億円(2018年4月~2019年3月)*連結
従業員
連結:1,005名・単体:652名(2019年3月末)
  • 業種 商社(紙・パルプ)、商社(その他製品)、紙・パルプ、不動産(管理)、出版
  • 本社 東京都
  • 資本金 47億2,353万円
  • 売上高 3,849億円(2018年4月~2019年3月)*連結
  • 従業員 連結:1,005名・単体:652名(2019年3月末)

紙でつなぐ、未来を創る

会社紹介記事

PHOTO
多くの取引先と関わる仕事ですが如何なるケースであれ、常にお客さまの期待以上の働きを心掛けています。
PHOTO
自分が「これはビジネスになるのではないか」と思ったことを自由に追求できるのが魅力です。

商材である「紙」の文化を伝えながら、新しい可能性を切り拓く!

PHOTO

明るく開放的な当社のエントランス。「紙」を通じてのビジネスは、社会性や伝統を兼ね備えており、広い領域で可能性に満ちている。

国際紙パルプ商事は、2024年に100周年を迎える歴史ある会社です。
また、2018年6月に東証1部に上場致しました。
・世界紙卸商売上高第4位
・全国1,200社の幅広い仕入先
 全国2,500社の幅広い販売先
・日本国内で紙・板紙を年間約210万t強販売。
 販売量の約65%程度(年間約140万t強)を古紙として回収。
 (循環型の企業集団を目指しています)
・当期純利益は創立以来95年間連続黒字
と業界2位の専門商社であり、グローバル展開など更なる前進を目標に改革を進め、新しい紙流通としてのあり方を示し社会に貢献できる企業を目指しております。


会社データ

事業内容
01)紙・板紙・紙加工品の売買及び輸出入
02)パルプ・古紙の売買及び輸出入
03)化成品、工業薬品、園芸薬品、紙関連機械、事務用機器、建材、包装資材、日用品雑貨の売買及び輸出入
04)不動産の賃貸借、売買及び管理
05)建設工事請負
06)建設物の設計及び工事の監理
07)倉庫業
08)損害保険に係わる代理業
09)有価証券の保有及び投資
10)前各号に付帯関連する一切の業務
本社郵便番号 104-0044
本社所在地 東京都中央区明石町6-24
本社電話番号 03-3542-4116
設立 1924年11月27日
代表者 田辺 円
資本金 47億2,353万円
従業員 連結:1,005名・単体:652名(2019年3月末)
売上高 3,849億円(2018年4月~2019年3月)*連結
事業所 【国内】東京・大阪・名古屋・福岡・京都・仙台・札幌
関連会社 【海外】上海・香港・ロサンゼルス・シンガポール・バンコクなど17拠点
産業・生活と密着した紙 紙は印刷用途だけでなく、産業用や食品用といった身近なものまで幅広い業界の需要に応えています。例えば近年、プラスチック製品による海洋汚染が世界的に深刻な問題となっていますが、プラスチック製品の代替品としてストローやレジ袋等に安全でリサイクルできる「紙」がクローズアップされているという例があげられます。
このように紙は、情報用・包装用・衛生用・工業用として多様な機能を有しており、各種産業活動や家庭生活を支えることで我々の生活の中に深く浸透しているのです。
国際紙パルプ商事は、無限の可能性を持つ「紙」をトータルに見つめ、メーカーとユーザーとのパイプ役として、市場開発・需要開拓・情報収集・分析を行い、社会の求めに対応した販売体制を確立しています。また原紙販売に止まらず「もの作り」をテーマに、新商品の開発・高付加価値商品の拡販に力を注ぎ、社会の変化を常に先取りした対応を目指しています。
紙の専門商社の役割とは? 企業規模・販売力・財務内容を基にメーカーによって選出され、そのメーカーの製品をメーカーに代わって販売する権利をメーカーより与えられたのが代理店です。当社は、4つの代理店機能を駆使して積極的な事業展開を図っています。
【代理店機能】
  ・在庫機能:在庫保管して顧客の要望時に要望数量を確保
  ・配送機能:顧客の必要時に指定場所に納入  
  ・金融機能:間接金融(金利立替)
  ・情報機能:市場動向等の情報をメーカーに的確にフィードバック、メーカー新製品をユーザーにアピール 
取扱商品 紙、板紙、段ボール原紙、パルプ、古紙、ノーカーボン紙、感熱紙、タック紙、合成樹脂、クロス、アルミ箔、セロファン、包装資材、成型品、紙関連機械、各種薬品、環境機器、建材、日用品雑貨他
取引先 官公庁及び各都道府県・新聞社・出版社・印刷会社・商社・卸商・加工紙製品会社・紙器会社・製袋会社・段ボール製造会社・製紙会社・その他直需要家
取引銀行 みずほコーポレート銀行、農林中央金庫、三井住友銀行、三菱UFJ銀行
経営理念 1.グローバル経営の充実と持続的な成長を目指します
2.社員とその家族の幸福を追求するとともに株主・顧客・取引先・地域社会よ
  り信頼される企業を目指します。
3.循環型社会の実現と教育・文化・産業の振興に広く貢献します。

GIFT+1(ギフトプラスワン)
 【GLOBALIZATION】 グローバルにビジネスフィールドを展開する
 【INNOVATION】 創紙力で未来を開拓する
 【FUNCTION】 提案力・企画力で付加価値を創造する
 【TRUST】 ステークホルダーの信頼に応える
 【+1プラスワン】環境に配慮した企業活動を推進する
その他 当社は当期純損益利益は創立以来95年連続黒字を続けている安定した会社です。2018年6月に当社は東証1部に上場いたしました。
会社紹介動画 国際紙パルプ商事(株)の紹介動画です!下記URLから公開されています。
https://youtu.be/VeITJsojMCM
沿革
  • 1924年
    • (株)大同洋紙店創立 本店/大阪、支店/京都・名古屋・東京
  • 1926年
    • 九州支店開設
  • 1968年
    • 本店を東京に移す
      札幌出張所支店に昇格
  • 1973年
    • 王子連合通商(株)と合併、社名を大永紙通商(株)と改める
      仙台連絡所 支店に昇格
  • 1975年
    • 大成紙業(株)と合併
  • 1999年
    • (株)日亜と合併、社名を国際紙パルプ商事(株)と改める
  • 2002年
    • ISO14001認証取得
      海外部門を分社化(ダイエイペーパーズ インターナショナル コーポレーション)
  • 2003年
    • 新本社ビル竣工
  • 2006年
    • KPP中国設立
      服部紙商事(株)と合併
  • 2007年
    • 柏井紙業(株)と合併
  • 2013年
    • 住商紙パルプ(株)と合併
      (株)ダイエイ・ペーパー・インターナショナル・コーポレーションと合併
  • 2015年
    • KPPアジアパシフィック設立
  • 2018年
    • 東京証券取引所市場一部上場
  • 2019年
    • 豪州の大手紙商Spicers Limitedを子会社化
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 17.3年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 17.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 10.6日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 11名 7名 18名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 10名 0名 10名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2018年
    • 2.2%(185名中4名)
  • 役 員:0%(2019年度) 管理職:2.5%(2019年度)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

国際紙パルプ商事(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

国際紙パルプ商事(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ