最終更新日:2020/6/3

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)帝国ホテル

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ホテル・旅館
  • 不動産
  • 外食・レストラン
  • 冠婚葬祭

基本情報

本社
東京都
PHOTO

プロ意識とその総合力、親しみやすさも兼ね備えた、魅力ある会社

S.O
2016年入社
学習院大学
文学部 英語英米文化学科
総合コース:営業部営業二課エージェントグループ

入社後の仕事内容は?

新人時代に幅広い職種を経験できる研修制度を経た後、上高地帝国ホテルで半年間、ギフトショップの販売スタッフを経験しました。74室という規模の小さいホテルならではの、一人ひとりのお客さまと時間をかけて向き合える環境の中で、接客の基礎を習得していきました。その後は東京に戻り、3カ月間は調理場で調理の補佐を経験し、続く半年間は『ブフェレストラン インペリアルバイキング サール』のウェイトレスとして働くこととなりました。サールではシフトの中での責任者の補佐役という重要な役割を任され、業務量も多くなり体力的にも大変でしたが、仲間たちの支えが本当に大きな力になりました。


現在の仕事について

2年目の半ばから営業部へ異動となりました。現在は、主に旅行代理店のお客さまから会議や宴席利用の相談を請け負い、こちらからも積極的に新規提案を行っていく法人営業の業務を担当しています。お客さまの予算や要望をすり合わせながら、調理場やレストランなど各職場との折り合いを付けるのは、今でも毎回緊張しています。


仕事をするうえで心がけていること

帝国ホテルにご来店されるお客さまから「以前、上高地のギフトショップにいたよね」と声をかけていただく機会も多々あります。お客さまと深いお付き合いができるという帝国ホテルならではの魅力を実感する瞬間でもあります。一見、敷居が高いと思われがちなホテルだからこそ、気負わず親しみある接客姿勢を大切にしたい、と心がけるようになりました。


印象に残っている出来事

実は、数カ月前に大きな失敗を経験しました。前任者から引き継いだ案件だったのですが、開催された後に重要事項の確認不足が発覚。しかし、先輩や上司は一緒に原因の追求や対処に専念できる環境を整えてくれ、また先方にも誠意が伝わり、最終的にはお客さまに納得していただけました。この経験を無駄にしないよう、現在は以前にも増して入念に確認をするようにしています。この件で得られた学びは大きく、また同時に、社内各所の温かく協力的な姿勢にも感銘を受けました。またいざという時に、部署の垣根を越えて協力し合える総合力は、どこにも負けない会社だと思いました。


現在の仕事のやりがいとは

調理やレストランとの交渉時は、必ず複数の代案を持っていきます。内部の事情やこだわりも踏まえたうえで、可能な限り最高のプランを各職場のスタッフとともに考え、ご提案します。皆で作ったプランがお客さまに喜んでいただけた際には大きなやりがいを感じます。
また、上高地や調理、レストランでの研修期間でお世話になった方々にお願いをする機会も少なからずあり、「Oがそこまで言うなら」と笑顔で快諾いただけるとうれしくなります。


ページTOPへ