最終更新日:2019/8/9

赤塚植物園グループ

  • 農林・水産
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 商社(薬品・化粧品)
  • リース・レンタル
本社
三重県
PHOTO

安全・安心な商品を安定的にお客様へお届けする

廣江 知紀
2003年入社
名古屋大学大学院
理学研究科
フィランソ事業本部 製品開発管理担当
製造管理、工場管理、商品の改良および新商品開発

入社の動機は?

赤塚植物園グループの会社説明会で「こんなすごいことをしている会社があるのか。」と思ったのがきっかけです。
まず驚いたのが、洋ランのメリクロンを日本で初めて成功したのが赤塚植物園という事でした。バイオテクノロジーに昔から興味があった私はすごく興味が湧きました。次にFFCの力の凄さに驚きました。特に今でも覚えているのが、FFCパイロゲンとFFCエースを使用し樹木をよみがえらせる樹木医のお話。他にも農業、工業、養殖業、畜産業などあらゆる産業において実績があり、そんなことができるのかという驚きでした。
この会社は凄いし面白そう、そう思って入社したいと思いました。


現在の仕事内容は?

FFCパイロゲンなどの製造管理、品質管理、在庫管理、工場管理などをしています。
日々の出荷量、在庫量、工場の生産能力、賞味期限などから製造スケジュールを作成し、工場に連絡。出来上がった商品の品質をチェック。工場の機械・機器のメンテナスなど製造に関わる全てに携わっています。FFCパイロゲン製品以外にもFFCスキンケア製品の製造管理や品質管理もしていますし、新商品開発や改良も仕事の一つです。


仕事のやりがいは?

実際に開発に関わった商品が販売され、お客様に喜んでいただいている姿を拝見した時や喜びの声をお聞きした時はうれしく思います。開発中の多くの苦労が思い出されうれしく思うのと同時に、ほっと安心もします。そしてお客様の期待の応えるべくさらに開発・改良に励んでいこうと思います。


赤塚植物園グループの魅力とは?

健康や環境だけでなく、生活に関わるほとんど分野(食品、農業、畜産・養殖、工業など)に携わることができます。多種多様なお客様から喜んでいただけることが多いです。若手でも責任のある仕事を任せてもらえることも多く、もちろん先輩からもやさしくフォローしてもらえる環境だと思います。社内がアットホームな雰囲気で先輩や後輩とも気軽に話せるからこそ、ドキドキしながらもチャレンジできるのではないかと思います。


1日のスケジュール

とある月曜日。

(9:00)出勤

(午前)
(1)先週の土曜日の出荷数、商品の在庫状況を確認。
(2)今週のパイロゲン製造計画とすり合わせて変更が必要か、
   あるいはそのまま計画通りで大丈夫かを判断し、
   変更が必要であれば工場へ連絡。
(3)最近の出荷状況から今後の出荷数を予測して1カ月先までの製造計画を立てる。
(4)計画が立てられたら部長の認可をいただき来週の製造計画を工場へ連絡。

(12:00)
お昼休み。今日のお弁当はなんだろう。

(午後)
(1)スキンケア製品。在庫数から次回製造日を検討。
   製造日までに資材の手配、原料の手配を進める。
(2)その他の業務。
(3)製造後の製品が届く。
   品質検査を開始。
   味、香り、見た目、異物など問題がないかチェック。
   夕方には当日の出荷数の報告が入り、
   出荷ロットや在庫数を確認する。

(18:00)
明日の出荷は問題ないか最終チェック。
問題なければ業務終了。
今日もお疲れ様でした。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ページTOPへ