最終更新日:2020/9/7

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ダブリュ・アイ・システム【エースコンタクト】(メニコングループ)

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 専門店(その他小売)

基本情報

本社
東京都

特集記事

仕事・働き方を知る特集 「企業の存在価値」

確かな商品知識と販売スキルの習得で、コンタクトレンズ使用の安心・安全に貢献

PHOTO

より快適な視力を正しく提供することが私たちの使命

眼科医の診察を受けた処方箋に基づき、コンタクトレンズを販売する「エースコンタクト」。同社の3名の社員に、お客さまに商品を提案する際に心掛けていることや、仕事のやりがいについて語っていただいた。


宮越 崇仁さん
エースコンタクト エキアときわ台店 店長/2013年入社

江川 詩織さん
本部 人材開発部 研修課/2013年入社

高橋 瑛里奈さん
エースコンタクト ピオニウォーク東松山店/2017年入社

地域に愛される店舗づくりを通じて、お客さまの眼の健康や視生活の向上に貢献

駅前スペースなどを活用した来店キャンペーンなど、さまざまな施策を通じて、店舗の知名度アップを図り、地域のお客さまに愛される店舗を目指したいと語る宮越さん。

私は今、エースコンタクト エキアときわ台店の店長を務めています。東武東上線「ときわ台」駅のすぐそばにオープンしたばかりの店舗です。近隣では、初のコンタクトレンズ販売店ということで、わざわざ池袋まで行かなくて済む、駅前にできて助かるといった地域のお客さまからのうれしいお言葉をいただいています。
店長の仕事は、シフト作成や売上管理などバックヤード業務が多々あります。しかし、オープンして間もない店舗ということで、スタッフの教育指導を最優先で取り組むべき業務と考え、できるだけ店頭に出てスタッフの動きに目を配り、必要に応じて随時アドバイスをしています。オープンしたばかりの新店が無事軌道に乗るよう、日々尽力しています。
エースコンタクトのストアコンセプト「 3×C(スリーバイシー) 」は、「Comfort/Consulting sales/Customer relation」。視力矯正が必要な方へ、より快適な視力を正しく提供することが私達の使命であり、コンタクトレンズの販売からお客さまの視生活に寄り添い、生活の質の向上に役立ちたいと考えています。
私自身、店長職に就くのは4店舗目であり、新店舗の店長として立ち上げに参加するのは2店舗目になります。何もない状態から、業務の役割分担やルールの設定を行うなど、新店舗のオープンは苦労も多々あります。しかし、前店舗の売上も順調という状況を受けて、また新たな店舗を任されることは、自分自身が認められたようでうれしく思います。ときわ台店の運営を軌道に乗せることが当面の目標ですが、その先はより多くのお客さまに貢献できるよう、本部のマネージャー職など全店舗の運営に関わるような仕事も経験してみたいと考えています。
(宮越 崇仁さん/エースコンタクト エキアときわ台店 店長)

研修では正しい商品知識と販売スキルに加えて、お客さまに感謝される喜びも伝えたい

お客さまへの応対が丁寧で周囲からの評価も高かった江川さん。「私に聞けば大丈夫というような、頼りにされ安心感を持ってもらえる存在になりたい」と今後の抱負を語る。

コンタクトレンズ販売店を訪れるお客さまは、眼の不安や悩みを持って来店されるケースも少なくありません。そのため当社の販売スタッフは、限られた時間の中でお客さまの話を丁寧に伺い、数ある商品の中から最適な商品を提案できるよう、正しい商品知識や適切な販売スキルを習得する必要があります。
私は現在、本部の採用研修課に所属して、店舗配属前の新人スタッフに商品知識や販売スキルを教える役割を担っています。どうすればいかに生きた知識として身に付くか、課の仲間や店舗スタッフの声を拾いながらカリキュラム改善の検討など重ねながら、日々の研修にあたっています。
私自身、入社後の5年間、エースコンタクトの店舗で来店されたお客さまの接客を担当してきました。数あるコンタクトレンズの中から、お客さまに合ったものを提案することで「ありがとう」「すごくよく見えるようになった」という言葉をいただけるのはとてもうれしかったですね。
店舗スタッフとして勤務していた頃、店舗改善やサービス向上を目的としたプロジェクトに参加したことがあります。店舗の要望を取りまとめて本部とやり取りする機会などを通じて、本部で働く事にも魅力を感じました。その後、ご縁があり、本部への異動となりました。
当社には、筆記試験や実技試験で販売スタッフの知識と技術を判定する社内ライセンス制度があります。その試験で最高位のグレード3を取得したことや、店舗の仕事を通じスキルアップできたことは、本部での業務にも活かせております。今、担当している研修では、商品知識やスキルの習得だけでなく、店舗でお客さまとやりとりをする楽しさや仕事のやりがいも伝えられたらと考えています。
今でも店舗を訪問する機会が時折ありますが、研修を受けたスタッフが明るく笑顔でお客様に接し、商品の違いなどを分かりやすく説明している様子を見ると、自分の担当した研修が役に立っていることが実感できて、とてもうれしく思います。
(江川 詩織さん/本部 人材開発部 研修課)

コンタクトレンズを装着して「見えた!」「世界が変わった!」瞬間に立ち会える喜び

「コンタクトレンズを装着した際のわずかな表情の変化を見逃すことなく適切な提案につなげ、堅苦しくならない接客でニーズを引き出すよう心掛けています」と語る高橋さん。

人が喜ぶ姿を見るとうれしく、他人の気持ちをいち早く察することができる点が長所と思っていました。自分の強みを生かせる仕事を探す中で、学生時代から必需品であった、身近な存在であるコンタクトレンズの販売に親近感を覚えました。面接時も気兼ねなく話すことができ、相手にも気持ちが伝わった手応えが得られ、人事担当者や先輩方のやりとりする雰囲気も自分に合っていると感じられたことから入社を決めました。
販売担当である私の仕事は、ご来店されたお客さまへの接客を通じて、「よく見える」「見えやすい」という喜びをお客さまに提供することです。最近では、早ければ小学生から使用を開始するケースもあり、コンタクトレンズを安心・安全に使っていただくことはとても大事なことです。そのため、繰り返し来店されるお客さまに対しても、レンズの使用方法や、眼科の定期検診の必要性を丁寧に伝えています。コンタクトレンズ販売を通じてお客さまの視生活に寄り添い、生活の質の向上に役立つことができるのが、エースコンタクトで働くやりがいであり、とても意義のある仕事だと思っています。
眼の乾燥が気になる、ゴロゴロと違和感があるなど、使用中のコンタクトレンズに悩みを抱えていたお客さまに対し、適切な商品を提案したことで喜んでいただけたことがあります。数カ月後にまた来店されて感謝の言葉をいただけた時は、自分の役割を果たすことができた充実感があります。コンタクトレンズを初めて利用するお客さまの「見えた!」「世界が変わった!」と喜ぶ瞬間に立ち会えることは、この仕事ならではのやりがいだと思います。
今後は、接客ロールプレイング大会などへの参加を通じて、販売スキルを磨き、より多くのお客さまの眼の健康や視生活の向上に貢献したいと考えています。
(高橋 瑛里奈さん/エースコンタクト ピオニウォーク東松山店)

学生の方へメッセージ

「コンタクトレンズを安心・安全に使ってもらうこと」それが当社の存在価値、すなわちエースコンタクトで働くことの意義です。多様なお客さまのニーズを的確に引き出せるよう、物事を幅広い視点で考えられる人が当社では活躍しています。自分に馴染みのあることやモノ、それらの良さを素直に表現できるような企業を研究してみると、自分に合った企業が見つかる近道になるかもしれません。
(宮越さん)

周囲のことをきちんと考えられる人が向いている職場です。お客さまへの対応だけでなく、スタッフ同士の関係性も大切であり、困っていたら助け合う配慮のある人が、店舗の雰囲気づくりにも貢献しています。社会人になるということで、何かとても厳しい世界に飛び込むイメージがあるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。無理することなく自分を表現できるピッタリな会社が見つかると信じて、企業研究を進めてください。
(江川さん)

当社は、安心して働けるさまざまなサポート制度が用意されており、思う存分働くことができます。人と話すことが好きな人や、コミュニケーション能力を備えた人が活躍できる環境があります。長い企業研究期間の途中でモチベーションが下がることも多々あるかもしれませんが、うまくメリハリをつけることで、企業研究をうまく進めてみてください。
(高橋さん)

PHOTO
健康な視力と業界の健全な発展を目的に設立された「一般社団法人日本コンタクトレンズ協会」に濱中洋社長が理事として参画。安心・安全確保にも積極的だ。

ページTOPへ