最終更新日:2020/3/27

  • 正社員
  • 既卒可

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • 芸能・映画・音楽
  • 芸術関連
  • 教育
  • 出版

基本情報

本社
東京都
基本財産
1億円
事業収入
12億4100万円(2019年3月決算)
職員
約30名(男女比ほぼ1:1)
募集人数
1~5名
  • 業種 財団・社団・その他団体、芸能・映画・音楽、芸術関連、教育、出版
  • 本社 東京都
  • 基本財産 1億円
  • 事業収入 12億4100万円(2019年3月決算)
  • 職員 約30名(男女比ほぼ1:1)
  • 募集人数 1~5名

人は音楽を必要としているか?私たちは音楽教育の社会的価値を高め、音楽の必要性を社会に立証していく団体です。

4月の採用説明会について (2020/03/27更新)

PHOTO

------------------------
少人数のグループで事務所内をくまなく回り、実際に働いている事務局員から「事業」「やりがい」「想い」「働き方」について直接じっくり聴けるスタイル。
事務局員一同、ふだんの雰囲気そのままに、皆さんをお待ちしています。

------------------------
★4月の開催については、一旦申込みを停止しています。状況落ち着き次第、更新いたしますので、しばらくお待ちください。

★今年度は、5月以降も毎月定期的にこのような事務所見学・採用説明会を開催予定です。
4月期の参加に不安を覚える方は、ご無理なさらず、随時公開されるスケジュールをご確認のうえご都合の良い時期のエントリーを是非ご検討ください。

会社紹介記事

PHOTO
会員17,000名を超える一般社団法人の本部事務局。音楽を通じて社会貢献したい、という仲間が集っています。
PHOTO
「成功の数」より「挑戦の数」を数えられるように、日々新たな事業に取り組んでいます。

音楽を通して、教育と文化の発展に貢献

PHOTO

 オーケストラやアンサンブルは美しいハーモニーを生み出すことが最大のテーマです。相手の良さを引き立てることを体験できる音楽という分野が、より多くの人に浸透することで、社会はもっと良い方向に向かうと私たちは確信しています。音楽にはそれだけの力があるのです。音楽を通して人と人とが自然に支え合う未来。ピティナはそんな未来のためにピアノからアンサンブルへとフィールドを広げ、音楽活動になくてはならないインフラとして、地域の皆さんの活動を活発にしていきたいと思っています。

 クラシック音楽という伝統ある世界で新しい風を起こすためには、異なる角度からの視点が必要です。多くの方に求められる価値を生み出すために、音楽への情熱を胸に、今後も私たちは前進を続けていきたいと思っています。

(専務理事/福田 成康)

会社データ

プロフィール

 ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)は、全国600の拠点を持ち、現在約17,000名の会員からなる音楽教育団体です。

 豊かな人間性の育成を基盤とする音楽教育の振興に努めるために、ピアノ指導者の生涯を通じた指導法・演奏法の研究を推進し、広く文化の発展に寄与することを目的としています。

 日本国内だけでなく、海外のピアノ指導者団体及び音楽大学とも連携をしながら、日本の音楽教育のレベルをあげ、音楽教育の社会的価値を高めるべく、様々な事業を展開しています。

事業内容

PHOTO

「ピティナ・ピアノコンペティション」

<主な事業内容>
音楽教育のレベルの向上・普及に影響を与えられると思われる様々な事業を展開しています。

■コンクール事業:
 世界最大規模のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」

■生涯学習支援事業:
 誰でも自由な形で参加できるアドバイス付き公開ステージ「ピティナ・ピアノステップ」

■指導者育成事業:
 全国各地で年間700回以上おこなわれる、ピアノ指導者の自己研鑽を目的とした勉強会「ピティナ・ピアノセミナー」
 実際のレッスン現場から学ぶ「レッスン見学」
 継続的な指導力の研鑽を支援する検定システム「指導者ライセンス」
 
■教室紹介事業:
 年間12,000件以上の“習いたい人”と“ピアノの先生”の無料マッチングサービス「ピティナ・ピアノ教室紹介」

■公益事業:
 作曲家や演奏家など音楽に関わる「人」と、その人々が生み出した「曲」。そして「人」と「曲」との関わりのなかで生み出される音源や楽譜、コンサート情報など、音楽にまつわる多くの情報を集め結びつける音楽データベース「ピアノ曲事典」
 小学校の音楽室にプロのピアニストがやってくる「学校クラスコンサート」
本部事務局郵便番号 170-8458
本部事務局所在地 東京都豊島区巣鴨1-15-1
本部事務局電話番号 03-3944-1583
創業 1966年 東京音楽研究会として発足・1968年 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)と改称
設立 1985年 文部省より社団法人認可・2011年 内閣府より一般社団法人認可
基本財産 1億円
職員 約30名(男女比ほぼ1:1)
事業収入 12億4100万円(2019年3月決算)
関連会社 (株)東音企画
公益財団法人福田靖子賞基金
事業収入推移 8億8,337万円(2009年3月 決算)
9億1,405万円(2010年3月 決算)
9億2,565万円(2011年3月 決算)
9億2,642万円(2012年3月 決算)
9億8,175万円(2013年3月 決算)
10億42万円(2014年3月決算)
11億1,603万円(2015年3月決算)
11億4,537万円(2016年3月決算)
12億607万円(2017年3月決算)
12億1971万円(2018年3月決算)
12億4100万円(2019年3月決算)
代表者 専務理事 福田成康
沿革
  • 1966年
    • 邦人作品の研究と振興を目的として東京音楽研究会の名称で発足。
  • 1968年
    • 全日本ピアノ指導者協会と改称。
  • 1977年
    • 第1回PTNAヤングピアニスト・コンペティション開催(後に「ピティナ・ピアノコンペティション」と改称)、「指導者賞」を創設する。
  • 1985年
    • 文部省(現:文部科学省)所管の公益法人(社団法人)認可を受ける。
  • 1994年
    • ピティナ・ピアノコンペティションのべ参加者が年間2万人を突破。
  • 1997年
    • 第1回ピティナ・ピアノステップ開催。
      オンラインにてピアノ教室紹介開始。
  • 2005年
    • 会員が1万人を突破。
  • 2008年
    • ピティナ・ピアノコンペティション参加者数がのべ4万人を記録。
  • 2011年
    • 協会の活動から派生した「福田靖子賞基金」が公益財団法人に認定。東日本大震災に対する会員・支部・ステーションのチャリティ活動をとりまとめ。計11,414,363円(2012年1月末現在)を各所へ寄付。
  • 2012年
    • 内閣総理大臣より一般社団法人全日本ピアノ指導者協会への移行認可を受ける。
  • 2016年
    • 創立50周年を迎え、全国の会員・関係者約600名が集う祝賀会と、約1,000名の観客を動員した記念コンサートを開催。
  • 2018年
    • 日本のピアノコンクール史上初、サントリーホールでピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル開催。
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 1名 1名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 1名 1名

採用データ

先輩情報

専門の音楽を、最大限に活かして
田口 翔
2015年
エコールノルマル音楽院
コンサーティストディプロム取得
公開録音コンサート担当、ミュッセ(楽譜出版)担当ほか
PHOTO

問い合わせ先

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会
本部事務局 新卒採用担当
TEL:03-3944-1583(平日10:00-18:00)
URL http://recruit.piano.or.jp/
E-mail recruit@piano.or.jp
交通機関 JR山手線、都営三田線「巣鴨駅」南口より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp71001/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)と業種や本社が同じ企業を探す。

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ