予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/2/15

  • 正社員

JA共済損害調査(株)

業種

  • シンクタンク・マーケティング・調査

基本情報

本社
千葉県
資本金
7,000万円
売上高
52億円(平成30年3月末実績)
従業員
490名/平成31年4月1日現在
  • 業種 シンクタンク・マーケティング・調査
  • 本社 千葉県
  • 資本金 7,000万円
  • 売上高 52億円(平成30年3月末実績)
  • 従業員 490名/平成31年4月1日現在

3月1日に公開予定の内容であり、内容は変更の可能性があります

探求心を持ったクルマ好き、集まれ!事故修理に特化し、クルマ全体の知識を深め、常に最新を追いかける技術集団です。

会社紹介記事

PHOTO
平成3年の新卒採用開始以降、新卒者の退職はゼロ。完全週休2日・年間休日120日以上を徹底し、福利厚生制度も充実。JAグループの好待遇と充実した研修制度もある。
PHOTO
日進月歩の自動車。国内外メーカーの新型車の情報、修理技術の情報など、最新の業界情報を収集し、調査・研究も行う。クルマ全体の知識を深めていけるのが仕事の魅力だ。

「メカを学んだ知識を活かしながら、人と接する仕事がしたい」がスタートでした。

PHOTO

「自分で、課題に対して、こうしよう・ああしようと考えを深めていけるようになった。考える力が身につきました。だから当社では仕事が面白いんです。」と野田さん

今から10年前、クルマが好きで「メカを学んだ知識を活かしながら、人と接する仕事がしたい」と入社した新人がいました。入社以来様々な経験を積み、現在は本社業務部の企画管理グループで、「JA共済自動車鑑定士」の業務改善活動を担当しています。彼のスタートからの道のりをご紹介します。

(交通機械工学科卒 2007年4月入社 野田一希さん)
クルマ好き・メカ好きでも、なかなか「JA共済自動車鑑定士の教育機関」に就職しようという発想まで辿りつきにくいかもしれません。私の場合は、大学時代の教授が事故解析を専門としていたため、保険業界に就業している先輩がいる等、身近でした。就職活動で業界研究をしていくと当社は稀な存在。クルマに関する知識を活かし、かつ「教える」仕事もできるのか、と意欲を持って入社しました。

もちろん、「教える」ためには、まず自分が知識や技能を身につけないと始まりません。
入社1年目には、JA共済連全国本部の自動車部で、都道府県本部からの問い合わせ対応業務を経験しました。周りの先輩方のサポートを得ながら、約款を正確に読み取っていく仕事で、「JA共済」を理解することができました。
2年目には、本社業務部の先輩方のもとでアシスタントをしながら、自分自身も学びました。塗装や板金などの知識や技術、損傷判断、見積などを身につけていくのは新鮮。講師業務も任されましたが、新情報を盛り込む等、自分なりの工夫をしていく面白さも感じました。
その後、「JA共済自動車鑑定士」として現場で、何千件と事案を担当しました。一つとして同じものはなく勉強になりましたし、交渉力も身につきました。現地の先輩鑑定士の方々の手法を学べたのも財産ですね。

現在、私は、本社業務部企画管理グループの一員として活動しています。いわば、全国のJA共済自動車鑑定の業務効率向上のための施策を打ち出していく役割。例えば、修理工場に修理部分の画像伝送をしてもらう、その画像精度を上げることで、現地立会い業務を省略できる…そんな効果がでてくるわけです。私自身、鑑定士業務をしていたときに、入力項目が一つ減っただけでも「助かった」と感じたもの。今度は、私自身がそんなサポートができるやりがいを感じています。
企画管理で3年経ち、私の担当した施策が実行され効果がでていることを実感しつつ、更なる向上を目指し企画業務に取り組んでいます。

会社データ

事業内容
1. JAの自動車共済等に関する事故車両の損害調査
2. JAの自動車共済等に関する研修の実施
3. JAの自動車共済等に関する研修用教材の開発・作成
4. 損傷自動車の復元修理等に関する調査・研究
本社郵便番号 261-0014
本社所在地 千葉県千葉市美浜区若葉3-2-8
本社電話番号 050-5541-1036
設立 1988(昭和63)年4月
資本金 7,000万円
従業員 490名/平成31年4月1日現在
売上高 52億円(平成30年3月末実績)
株主構成 全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)
主な取引先 全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)
関連会社 全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)
事故車両の損害調査とは 自動車事故について、損傷車両の損害額、事故の原因および損傷部位と事故との技術的因果関係の調査確認ならびにそれらに付随する業務を行います。
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 10日

採用データ

JA共済損害調査(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧履歴にもとづいたおすすめ企業はこちらです。

JA共済損害調査(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ