最終更新日:2020/11/19

  • 正社員
  • 既卒可

(株)坂東太郎

業種

  • 外食・レストラン

基本情報

本社
茨城県
資本金
4,000万円
売上高
95億円(2018年12月実績)
従業員
正社員200(男150 女50)名(坂東太郎グループ全体2,200名)
募集人数
26~30名
  • 業種 外食・レストラン
  • 本社 茨城県
  • 資本金 4,000万円
  • 売上高 95億円(2018年12月実績)
  • 従業員 正社員200(男150 女50)名(坂東太郎グループ全体2,200名)
  • 募集人数 26~30名

和食ファミリーレストラン「ばんどう太郎」をはじめ、多彩な業態の87店舗を運営・展開。食を通して顧客に喜びを与えることで、社員も幸福感を得ることを信条としている。

新型コロナウイルスへの対応について。 (2020/11/19更新)

PHOTO

冬も積極的に採用中です!!
随時会社説明会を行います。
新型コロナウィルス感染防止の為、少人数で実施中させて頂きます。


私たちは食を通じて人を幸せにすることを目的とした仕事をしております。
茨城県を中心に、北関東で店舗を展開しております。
「親孝行・人間大好」を経営理念に掲げ、44年やってまいりました。
働く従業員を家族と呼び、とにかくいい人がそろっている会社です。

ただの飲食店ではない坂東太郎!
食べることの好きな人、人が好きな人、自分を成長させたい方、おもいっきり仕事がしたい方などなど、坂東太郎への切り口は無限にあります。
ぜひ、坂東太郎を知っている方も知らない方も、1度遊びに来てください。
個性豊かなスタッフが皆さんをお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
人が大好きで、人に対して素直で一生懸命になれる仲間たちが集まっています。実績よりもやる気を評価する社風があり、若くして店長、幹部になった社員も多数。
PHOTO
メディアで県民食として取り上げられた看板メニューの味噌煮込みうどん。噛み応えのある太目の麺に八丁味噌を使った濃厚な味わいが特徴で、通販でも大人気の商品。

しあわせ創造企業として、外食産業を文化に育て上げ、次世代へ挑戦を続けます

PHOTO

「自ら『やりたい』と手を挙げた人には会社が全力で応援する社風があるので夢をあきらめずに追いかけてほしいですね」と小菅さん。若手の成長をあたたかく見守っています。

当社は北関東を中心に和食ファミリーレストラン『ばんどう太郎』など、11業態の飲食店事業を展開しています。「親孝行 人間大好き」を理念に、厳選した地域の素材を使った愛情たっぷりの料理を最高のおもてなしで提供することで、ご来店いただいたお客さまの絆を深めていただくことを目指しています。

人と人とのつながりの基本である家族の時間を深めるだんらんの場を整えることが当社の役割。外食産業を文化に育て上げ、社員をはじめ、取引業者など、関わったすべての方をしあわせにする「しあわせ創造企業」でありたいと考えています。

たとえば、米は常陸大宮の契約農家に当社専用の“坂東太郎米”を相場より高値で依頼しているのも、地域の生産者と共に成長していきたいという考えから。また、社員の成長は企業の成長に不可欠ですから、人財育成にも力を入れています。田植えや稲刈りなど体験型の研修を通じて食の大切さを学び、同期との絆を深め、1人で悩ませることはありません。ときには親が子を叱るように、上司や先輩が、若手の成長のために愛情を持って叱ることもあります。

人とのつながりが希薄な時代ですが、当社は、あえて人とのつながりを重視しています。数ある飲食店の中から当社の店を選んでいただいた一期一会を大切に、まるでうちに帰ってきていただいたような温もりのあるおもてなしを通じて、スタッフには、お客さまとの関係を深め、人とのかかわりについて学ぶことで成長し、幸せになってもらいたいのです。

当社には、人が大好きで、人に対して素直で一生懸命になれる人財がそろっています。「人見知りだけど、自分を変えてみたかった」と入社し、日々お客さまと接するなかで成長し、お褒めの言葉もいただきながら、いきいきと活躍しているスタッフも大勢います。

通信販売事業も好調で、来期は売り上げ1億円達成も目前。県民食としてメディアに取り上げられた味噌煮込みうどん専門店を東京に出店する計画も進行中です。「数字を管理する仕事がしたい」「パティシエになりたい」「商品開発に取り組んでみたい」など、可能な限り、一人ひとりの希望や適性にも応えていく考えです。

会社を、自分の夢やしあわせを実現する場所として、日々まい進できる方に入社していただきたいですね。一緒に当社を盛り上げていきましょう。

(本部 人材育成部 スーパーバイザー 小菅 健司/2005年入社)

会社データ

プロフィール

食を通じて人を幸せにする会社、坂東太郎。茨城の県民食「坂東みそ煮込みうどん」を提供する坂東太郎。人が好きで、おせっかいな人が多い坂東太郎。これから食のはじまりを伝える体験型施設「母の里山つくば」をオープンする坂東太郎。いろんなことをやっております。それはすべてあなたの為。目の前の人を幸せにする為、笑顔にする為に日々仕事をしてきたら、結果こんな感じになりました。ぜひ興味を持ってくれたらうれしいです。

事業内容
外食産業として下記の店舗の運営・店舗展開

(1) そば、うどん、寿司の和食ファミリーレストラン「ばんどう太郎」
(2) とんかつ専門店「かつ太郎」
(3) かに中心の和食ファミリーダイニング「八幡太郎」
(4) 寿司和膳「親家さむらい」
(5) 焼肉ダイニング「百萬」
(6) 旬彩食健「ひな野」
(7) スウィーツ部門「かぁべえの里」
(8) 家族レストラン「坂東太郎」
(9) 和菓子製造販売「雅洞」
(10)食堂事業「茨城大学茨苑会館食堂・ばんどう食堂」
(11)アンテナショップ「下妻マルシェ」
(12)カフェ・コーヒー「8代葵カフェ」
(13)ビュッフェレストラン「坂東太郎ビュッフェレストラン」
(14)ステーキハウス「幌馬車」
(15)和菓子「蛸屋」
本社郵便番号 306-0214
本社所在地 茨城県古河市高野540-3
本社電話番号 0280-93-0180
資本金 4,000万円
従業員 正社員200(男150 女50)名(坂東太郎グループ全体2,200名)
売上高 95億円(2018年12月実績)
沿革
  • 1975年4月
    • 茨城県境町に1号店を創業
  • 1982年 9月
    • ことぶきを食材の製造及び配達部門として開設
  • 1986年11月
    • 法人設立
  • 1993年 3月
    • FC本部開設
  • 1997年 7月
    • 本部事務所及びことぶきを総和町に移転
  • 2001年 7月
    • 居場所くいもんや「さむらい」1号店オープン
  • 2002年 6月
    • 焼肉専門店「百萬」1号店オープン
  • 2005年 4月
    • 創業30周年を迎える
  • 2005年 4月
    • 旬菜食健「ひな野」1号店オープン
  • 2005年11月
    • 物流センター設立
  • 2006年 8月
    • かつ太郎本店総和店リニューアル(100名様用宴会場設置)
  • 2009年 9月
    • かぁべえの里・スウィーツ部門設立
  • 2009年 9月
    • (株)坂東太郎人材サポートを坂東太郎グループ
      人材サポート部門として設立
  • 2010年 5月
    • (株)母の里山つくばを物販部門として設立
  • 2011年11月
    • (株)雅洞を和菓子の製造販売部門として設立
  • 2016年1月
    • 青谷英将新社長体制スタート
  • 2016年7月
    • 8代葵カフェひたち野牛久店オープン
  • 2018年7月
    • (株)蛸屋スタート
  • 2019年4月
    • 企業主導型保育園「あお学園保育園」開園予定
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 3名 0名 3名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 3名 0名 3名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 11.1%(90名中10名)

11%(90名中10名)

採用データ

取材情報

一人ひとりの「やってみたい」を受け入れ、挑戦させてくれる社風がある
坂東太郎で活躍する若手社員に聞く仕事のやりがい
PHOTO

問い合わせ先

〒306-0214
茨城県古河市高野540-3
(株) 坂東太郎
人財育成部 田代文香
TEL:0280-93-0180
FAX:0280-93-0188
e-mail: a.tashiro@bandotaro.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp73892/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)坂東太郎と業種や本社が同じ企業を探す。

(株)坂東太郎を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ