最終更新日:2020/5/29

  • 正社員

エノテカ(株)(アサヒビールグループ)

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 通販・ネット販売
  • 専門店(食品・日用品)
  • 食品
  • 外食・レストラン

基本情報

本社
東京都
PHOTO

気持ちを入れて仕事をすれば、必ず共鳴してくれる環境がある

中澤 保昌
2015年入社
38歳
早稲田大学
第二文学部
総務部
法務担当(契約書のチェックや社内規程の整備等)

現在の仕事内容

現在、私は総務部に所属しています。現在の仕事といいましても、ものすごく多岐に渡り、なかなか説明するのが難しいのですが、簡単に言うと会社を陰で支える仕事、会社の土台を作る仕事です。ゴミの廃棄業者さんへの回収依頼、株主総会、各種契約書精査、社内法務リスク研修、お酒の販売免許の取得等々、どれも表に出て何かをするという仕事ではないですが、会社を維持・成長させていく上で、必要な仕事です。そういった仕事をしています。


印象に残っているエピソード・うれしかったこと・苦労したこと

嬉しいことは、私が中心になってやらせていただいている研修の効果が徐々に出てきていることです。
その研修は、法務リスク研修といって、当社に関わる法律の基本的な知識を身に着けていただく研修です。「酒税法」「個人情報保護法」「景品表示法」「労働法」などを繰り返し繰り返し説明しています。目的は、リスク回避です。今までは、限られた部署でしか意識されていなかったことが、徐々に各部署でも意識してもらえるようになりました。法的な質問も増え、当社の土台の部分が強固になってきているのを実感しています。


私のやりがい

やりがいとは少し違うのかもしれませんが、もっともっと仕事をしようと思うのは、会社をもっともっと良くしていこうという意識を持った、上司や同僚と一緒に仕事をしていることです。しっかりと気持ちを入れて仕事をすれば、必ず共鳴してくれる。抽象的ですが、そんな環境で仕事ができることが、私にとってのやりがいです。


志望理由・入社を決めた理由

私は、2015年11月に中途で入社したのですが、その転職活動中に、当社の募集要項の適性欄を見て、ここしかないと思い決めました。
一般的に、総務法務担当系の適性欄には、「客観的に物事を見られ、全体を俯瞰視できる方」と書かれているのが相場です。しかし、当社の適性欄には、なんと「お酒(ワイン)が好きな方」と書かれていました。このユーモアに心を鷲掴みにされ、入社を決めました。


ページTOPへ