最終更新日:2020/8/5

  • 正社員
  • 既卒可

全国開拓農業協同組合連合会(全開連)

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
東京都
出資(資本)金
6億7,179万円
取扱高
530億5,731万円[2018年度実績(2019年7月末)]
従業員数
59名(2019年12月末現在)
募集人数
若干名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 本社 東京都
  • 出資(資本)金 6億7,179万円
  • 取扱高 530億5,731万円[2018年度実績(2019年7月末)]
  • 従業員数 59名(2019年12月末現在)
  • 募集人数 若干名

全国の開拓生産者の畜産経営を支え、日本の畜産業の発展に貢献します。

「新型コロナウイルスへの対応」安心安全に活動出来る環境に配慮します (2020/08/05更新)

PHOTO

こんにちは。全国開拓農業協同組合連合会 採用担当の村上敦美です。
この度は本会の採用情報を御覧いただきありがとうございます。
総合職の春・夏採用受付は終了しました。
今後は冬採用を予定しています。
ぜひエントリーをお願いします。

本会は新型コロナウイルス感染拡大防止のためテレワークを実施中です。
ですが、採用に関しましては従来通りの対応をいたしています。

会社紹介記事

PHOTO

PHOTO

全国開拓農業協同組合連合会(略称:全開連)は、戦後の開拓農家による農業協同組合の全国組織として、1948年10月に発足しました。全開連は、畜産に特化した専門農協の全国連として、会員、生産者への生産資材の供給、それによって生産された畜産物の販売を通して、会員、生産者の畜産経営の安定と発展に寄与することを事業の目的にしています。

全開連の事業としては大きく次の3つの事業があります。
(1)購買事業
 畜産物を生産するために必要な配合飼料、乾牧草・稲わら等の粗飼料、肥育用素畜等の必要な生産資材を会員、生産者に供給する事業です。
(2)販売事業
 会員、生産者が生産した畜産物を販売する事業です。 牛肉や豚肉を中心に、安心・安全な販売体制の確立を目指しています。
(3)指導事業
  畜産物の生産性向上と、生産者の畜産経営の安定・向上の為、営農指導専門職員による営農指導をしています。

会社データ

プロフィール

全開連は畜産専門農協の全国連合会として、 全国の農家の要望に応えて生産資材や素畜を供給する購買事業、 それによって生産された畜産物を消費地へ販売する販売事業、 これらを推進するための営農指導専門職員による営農指導事業を 行っています。

事業内容
  • 技術派遣

PHOTO

「安心」「新鮮」「美味しい」畜産物は、生産・販売・指導一体となった事業により消費者に届けられます。

【購買事業】 
 配合飼料、粗飼料、肥料、資材、家畜などの生産資材を生産者に供給
                    
【販売事業】  
 肉牛、養豚、酪農などの農畜産物を食肉市場、生協、大手パッカーなどに販売

【指導事業】  
 専門職員を中心とした生産農家に対する営農指導(生産技術指導・経営指導)
本所郵便番号 107-0052
本所所在地 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル9階
本所電話番号 03-3584-5721
設立 1948(昭和23)年10月28日
出資(資本)金 6億7,179万円
従業員数 59名(2019年12月末現在)
取扱高 530億5,731万円[2018年度実績(2019年7月末)]
事業所 【本 所】  東京
【支 所】  北海道、東京、熊本
【事業所】  青森、岩手、東京、福岡、熊本ほか
会員数 正会員29会員(開拓農協、総合農協、全国農協連他)、准会員4会員
関連会社(子会社を含む) ゼンカイミート(株)
(株)北海道チクレンミート
(株)新生酪農
(株)全日本農協畜産公社
主要取引先 日清丸紅飼料(株)、雪印種苗(株)、東京食肉市場(株)
大阪食肉市場(株)、日本フードパッカー(株)、プリマハム(株)
伊藤ハム(株)ほか
平均年齢 39歳(2019年7月末現在)
平均勤続年数 16年(2019年7月末現在)
平均年間給与 5,267,000円(2019年7月末現在)
沿革
  • 1948年10月
    • 全国開拓農業協同組合連合会創立総会開催
  • 1948年11月
    • 全国開拓農業協同組合連合会設立認可
  • 1966年6月
    • 開拓牛生産事業プロジェクトチームの編成および研究着手
  • 1966年11月
    • 全開連方式乳用雄子牛肥育技術体系の確立
  • 1970年4月
    • 「全開連方式乳用雄子牛生産者連絡協議会(略称開拓牛友の会)」の発足と「開拓牛友の会会報」の発行
  • 1970年10月
    • 東京、大阪両食肉市場にて「開拓牛」銘柄の確立
  • 1975年4月
    • 試験研究拡充のため、山梨県八ヶ岳より栃木県那須に移転(畜産技術センター開設)
  • 1981年1月
    • 畜産技術センターに研修施設完成
  • 1986年8月
    • 「開拓牛友の会会報」を「開拓情報」に統合
  • 1989年12月
    • ゼンカイミート(株)設立設立
  • 1992年2月
    • ゼンカイミート(株) 南九州食肉加工センター竣工
  • 1992年3月
    • 肥育素牛供給基地として岩手素牛センターを設置
  • 1993年8月
    • 食肉事業部を新設し、開拓牛等部分肉販売の展開
  • 2000年4月
    • 畜産技術センターの飼養規模拡大のための拡充工事完成
  • 2002年8月
    • 食肉事業部、人吉食肉センターおよび人吉販売事業所の総称を「南九州総合事務所」に決定
  • 2002年10月
    • 人吉食肉センターに研修施設完成
  • 2007年12月
    • 熊本県に九州畜産センターを設置
  • 2010年8月
    • 機構改革を実施。東北支所及び関東支所を東日本支所に、関西支所及び九州支所を西日本支所へ統廃合
  • 2012年7月
    • 「ハラル認証」をインドネシアの認証機関から取得
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 16年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 1時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 7日
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 5.3%(19名中1名)

採用データ

取材情報

日本の畜産をより魅力あるものに!農家と共に歩みつづける現役職員の声
畜産農家を支える仕事は、想像以上に広がりのあるものだった
PHOTO

問い合わせ先

〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル9階
採用担当:吉川、村上
TEL:03-3584-5721
URL http://zenkairen.or.jp/
E-mail formmail@zenkairen.or.jp
交通機関 東京メトロ銀座線/東京メトロ南北線「溜池山王駅」下車徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp75248/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
全国開拓農業協同組合連合会(全開連)と業種や本社が同じ企業を探す。

全国開拓農業協同組合連合会(全開連)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

全国開拓農業協同組合連合会(全開連)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ