最終更新日:2020/6/30

  • 正社員
  • 既卒可

澁谷食品(株)

業種

  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
高知県
資本金
3,000万円
売上高
57.5億円(2019年7月度 実績)
従業員
447名(2019年7月度)
募集人数
1~5名
  • 業種 食品、専門店(食品・日用品)
  • 本社 高知県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 57.5億円(2019年7月度 実績)
  • 従業員 447名(2019年7月度)
  • 募集人数 1~5名

芋けんぴやスイートポテトなど全国にさつまいもの美味しさをお届けしている会社です。そんな私たちと新たな芋の可能性、芋菓子の未来を一緒に掘り起こしませんか?

採用担当者からの伝言板 (2020/02/15更新)

PHOTO

澁谷食品(株)のページへアクセスいただき、誠にありがとうございます。
私たちは、『おいしさは大地から』をスローガンに
芋けんぴやスイートポテトなどの芋菓子を製造し、
全国や海外に芋のおいしさをお届けしている会社です。

また、企業理念には『従業員の働く幸せづくりの追求』を掲げ、
従業員一同笑顔とチームワークを大切に日々お仕事をしております。

そんな私たちと新たな芋の可能性、芋菓子の未来を一緒に掘り起こしませんか?

総務部採用担当 井上
↓↓↓ホームページはこちらから↓↓↓
  http://www.shibuya-foods.co.jp

会社紹介記事

PHOTO
生産管理の担当者は、生産管理はもちろんのこと、製造現場ですぐに対応できるために製造工程をすべて把握しています。
PHOTO
店舗スタッフは、店舗において販売接客サービスを担当。将来、店長補佐として売上管理やスタッフ管理など多岐に渡る業務をお任せします。

シブヤには、製造業から接客業まで幅広く個性を活かせるフィールドがあります。

PHOTO

会社設立61周年を迎えるさつま芋を使った芋菓子を製造する菓子メーカーです。主な商品として高知を代表する郷土菓子「芋けんぴ」を製造販売しております。

大学で食に関する分野を学んでおり、食に携わる仕事がしたいと考え、大学の先輩が就職した澁谷食品について「社内の雰囲気が良く、仕事が楽しい」と話す姿が印象的でした。先輩の話に共感し、インターンシップに参加し、自分の目で確かめ、この会社で働こうと決めました。現在、芋屋金次郎の通信販売部のコールセンターで、主にお客様からのご注文を電話で受けております。また、店舗や商品のお問合せにもお答えしております。(甫喜本さん)

初めて直営店「芋屋金次郎」を訪れたときに、お店の雰囲気も良く、芋けんぴの味に衝撃を受けたのを覚えています。この感動を多くの方と分かち合いたいという想いから、入社を決め、私が伝えていこうと決心しました。現在は、芋けんぴの味の管理をメインに業務を行っております。また、試作や店舗巡回なども任されていますが、一番の仕事は常に美味しい芋けんぴをお客様に提供することです。会社にはチャレンジできる機会が沢山あり、様々なことに挑戦したい気持ちがある方、常に向上心を持って業務に取り組める方、一緒に働きましょう。(安並さん)

会社データ

プロフィール

シブヤはいもや。
いもやの芋菓子は芋から。
基本である芋がおいしくなければ、おいしい芋菓子は作れない。
だから、シブヤは大地を耕し、芋を育てることから始めています。
わたしたちは芋から育てる芋専門企業です。

ふたつのはしっこを大事にする。
たとえば、懐かしさと新しさを大切にする温故知新の精神。
昔ながらの製法を大事に守っていくための最新の設備や技術へのこだわり。
そしてお客様とわたしたち。
はしっことはしっこでつながっているものを一番大事に考えていきます。

人の手が支える企業です。
芋を育て、芋菓子を作り、お客様のお手元にお届けするまで。
安心やおいしさ、信頼を支えているのは、社員みんなの手です。


澁谷食品(株)は、1952年、芋けんぴを製造販売する芋屋として出発しました。先代から受け継いだシブヤの基本は、厳選した素材と昔ながらの製法にこだわるまじめな菓子づくりです。芋けんぴの原料は芋と油と砂糖の3つだけ。添加物や合成甘味料は一切使用していない、いわば自然食品。だからこそ、主原料である芋のおいしさ、鮮度、安心や安全にこだわります。
おいしい芋を探して鹿児島県大隅半島で契約栽培を開始し、1981年には九州工場を設立。産地に生産拠点を構えることで、高品質なさつまいもを安定確保、維持管理できるようになり、効率的な生産体制を確立しました。現在、全国で販売されている芋けんぴの約半分近くがシブヤです。

事業内容

PHOTO

・芋けんぴ、スイートポテトなどの芋菓子・製菓、製パン会社向けのさつま芋を原料とした菓子原料卸・直営店「芋屋金次郎」を全国8店舗に展開

現在は、芋けんぴ日本一の販売量に満足せず、質にこだわりオリジナルブランド(芋舗芋屋金次郎)にも力を入れ、高知から全国に発信しております。
メーカーという分野から販売・サービスまで、創業60年経った今でも新たな分野へ挑戦し続けています。
本社郵便番号 781-2153
本社所在地 高知県高岡郡日高村本郷716
本社電話番号 0889-24-5131
創業 1952年(昭和27年)
設立 1959年(昭和34年)5月
資本金 3,000万円
従業員 447名(2019年7月度)
売上高 57.5億円(2019年7月度 実績)
事業所 高知本社事務所、澁谷食品高知工場、澁谷食品九州工場、東京営業所、大阪営業所、芋屋金次郎(日高本店、卸団地店、松山店、道後店、高松店、日本橋芋屋金次郎、福岡店、天神店)
平均年齢 48.4歳
企業理念 1本の芋けんぴに、芋菓子一つひとつに、シブヤのこんな考え方やこころが込められています。

一、従業員の働く幸せづくりを追求します。

一、お客様に喜んでいただける商品づくりを追求します。

一、地域社会の発展に貢献します。
沿革
  • 1952年 4月
    • 創業:澁谷金次郎
  • 1959年 5月
    • 設立:資本金40万円
  • 1964年
    • 資本金350万円に増資
  • 1965年 3月
    • 株式会社化・資本金1,300万円
  • 1965年 3月
    • 大阪営業所開設
  • 1979年
    • 東京営業所開設
  • 1981年
    • 九州工場(鹿児島県鹿屋市)稼働
  • 1986年
    • (株)ポテトシブヤ(高知県日高村)設立
  • 1997年 1月
    • (有)ヤゴローフーズ(鹿児島県曽於市)設立
  • 2002年11月
    • POTATO SIBUYA(直営店)オープン
  • 2004年
    • シブヤ農業生産加工協同組合を設立
  • 2005年 4月
    • 芋屋金次郎 日高本店オープン
  • 2008年 9月
    • 芋屋金次郎 御座店オープン
  • 2010年 4月
    • 芋屋金次郎専用工場稼働
  • 2011年 4月
    • 芋屋金次郎 松山店オープン
  • 2011年
    • 東京営業所移設・開設
  • 2014年3月
    • 日本橋芋屋金次郎(東京)オープン
  • 2015年10月
    • 芋屋金次郎 道後店オープン
  • 2016年6月
    • ポテトシブヤを澁谷食品へ統合・合併
  • 2016年9月
    • 芋屋金次郎 卸団地店リニューアルオープン
  • 2016年10月
    • 芋屋金次郎 高松店オープン
  • 2017年8月
    • 芋屋金次郎 松山店リニューアルオープン
  • 2018年8月
    • 九州新工場(鹿児島県鹿屋市)稼働
  • 2018年12月
    • 芋屋金次郎 福岡店オープン
  • 2019年4月
    • 芋屋金次郎天神店オープン
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 8.4時間

採用データ

問い合わせ先

〒781-2153
高知県高岡郡日高村本郷716

担当者 井上 宏貴
TEL:0889-24-5131
FAX:0889-24-7325
URL http://www.shibuya-foods.co.jp/shibuya_foods.html
E-mail saiyou@shibuya-foods.co.jp
交通機関 土讃線 日下駅 徒歩約8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp76126/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
澁谷食品(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

澁谷食品(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

澁谷食品(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ