最終更新日:2019/8/30

ダイニック・ジュノ(株)

業種

  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 文具・事務機器関連
  • インテリア・住宅関連
  • 建材・エクステリア
  • 繊維

基本情報

本社
東京都
資本金
9,000万円
売上高
54億円 (2019年1月期 )
従業員
60名
  • 業種 商社(文具・OA関連・日用品)、文具・事務機器関連、インテリア・住宅関連、建材・エクステリア、繊維
  • 本社 東京都
  • 資本金 9,000万円
  • 売上高 54億円 (2019年1月期 )
  • 従業員 60名

素材と想いを結び付け、出来るカタチは無限大。教科書の表紙から鉄道の軌道まで、私たちの発想と工夫が生かされています。

会社紹介記事

PHOTO
多彩な素材で社会を支ています。
PHOTO
メーカーや商社への法人営業を行います。

PHOTO

展示会を彩るカーペット

 当社は、1942年にダイニック(株)の装幀用クロスの販売会社として発足以来、時代の変遷とともに取扱商品の幅も広がり、現在では生活を陰で支える多様な商材を取り扱っています。例えば教科書や辞書の装丁材、銀行通帳や磁気カード、床や壁面を飾るインテリア商品、店舗を彩る装飾材、土木現場や新幹線等の社会インフラを支える特殊資材と、皆さんの身の回りでも何処かで当社製品が役に立っている事と思います。
 各分野で顧客ニーズに合った商品を開発・提案し、採用された商品を供給するのが当社営業の役割です。販促企画のみならず、商品企画を基に設計・試作して、顧客へ提案してゆく事も営業の大切な仕事。そこではニーズを引き出す場面でのコンサルティング、持てる加工技術や素材を生かして商品開発をする場面でのマーケティング、そして企画・提案する場面のプレゼンテーションと、多様な場面が展開しますが、全ては「想いをカタチにする」と云う事から始まります。
 文具紙製品等のデザイン性が強い分野では、ブランディングを意識した感性が求められる事もあるでしょう。社会インフラを支える資材の供給では、使命感を必要とする場面もあるでしょう。そんなビジネスを一緒にできる人材に期待しています。

会社データ

事業内容

PHOTO

【書籍装丁用クロス・文具紙製品の販売】
ファッション性豊かな本を彩る装丁用から、耐久性が求められる教科書用まで、あらゆる書籍に対応したクロスを販売しています。パッケージ用途では、高級感ある皮調素材がパッケージ材として活躍しています。

【情報関連商品の販売】
OA機器用の熱転写リボン、バーコードやホワイトボード向けの機能フィルム、衣料用ネームラベル、銀行通帳用素材やカード用の磁気シート材等を販売しています。

【インテリア商品の販売】
モーターショー等の、展示会場向けカーペット国内シェアはトップクラスです。ガラスの200倍の強度を持つポリカーボネートパネルや、快適な作業空間を確保するビニールカーテン、店舗を彩るインクジェットメディアも販売しています。

【土木・産業資材の販売】
各地の最終処分場や河川護岸で使用されるシート類、フィルターやテント用の素材を販売しています。鉄道用資材は、国内の新幹線のみならず台湾新幹線でも採用となりました。

【生活関連資材の販売】
耐久折目加工技術を、全国約300社のクリーニング店に供給しています。最近では、海外に進出した大手アパレルにも折目加工技術を提供しています。

生活に密着した商品から、産業基盤や社会インフラを支える商品まで、幅広い商材を扱っています。最近では、環境を守る為の商品や情報社会を支える商品に力を入れています。環境に配慮したバイオマス素材のバナーは、北海道洞爺湖サミットでも採用になりました。
本社郵便番号 105-0004
本社所在地 東京都港区新橋六丁目17番19号 新御成門ビル7階
本社電話番号 03‐5402‐1800
設立 1942年12月21日
資本金 9,000万円
従業員 60名
売上高 54億円 (2019年1月期 )
事業所 東京本社  (東京都港区)
大阪営業所 (大阪府大阪市中央区)
札幌営業所 (北海道札幌市白石区)
福岡営業所 (福岡県福岡市博多区)
業績 【2019年1月期】
売 上 高 54億3527万円
経常利益高    8514万円

【売上構成比率】
インテリア商品  31.7%
文具紙製品    30.7%
産業資材商品   16.9%
情報関連商品    9.2%
衣料関連商品他  10.5%
業績推移          売上高   経常利益
2019年1月期 54億3527万   8,514万
2018年1月期 54億3326万   8,933万
2017年1月期 55億3261万   7,775万
2016年1月期 55億2057万   6,363万
2015年1月期 54億1965万   7,040万
代表者 代表取締役社長  堂守 勉
株主構成 ダイニック(株) 100%    (東証一部上場)
主な取引先 【ブッククロス・洋紙】
麻布台出版社、アピカ、大原印刷、学習研究社、学校図書、ぎょうせい、研究社、講談社、国際紙パルプ商事、コクヨ、集英社、小学館、ダイコロ、大修館書店、大日本印刷、大日本商事、竹尾、筑摩書房、図書印刷、凸版印刷、日本紙パルプ商事、日本紙通商、日本製紙パピリア、博文館新社、光村印刷、光村教育図書、洋泉社
【衣料用素材】
NI帝人商事、白洋舍
【インテリア】
アマヤ、岩田商会、上野、川島織物セルコン、キヌガワ、協和、佐藤、GSタカハシ、スミノエ、住江織物、ツカサ、東京ホームス、永浜クロス、ニチベイ、ニップコーポレーション、日本オーナメント、万友産業、ファブリック、文友社、北海道東リ、北海道吉村、ミヅシマ工業、ヤマプラス、YKイノアス、リック、ワタナベ
【建材】
オカムラ、コクヨ、高砂製紙、日本紙パルプ商事
【表示ラベル】
青山、王子タック、川島織物セルコン、リリカラ
【産業資材】
興和化成、京都環境保全公社、重松製作所、住友3M、太洋興業、タナカ商事、トーエイライト、東ソー・ニッケミ
【ファンシー】
NI帝人商事、トッパン・コスモ
【情報素材】
オーム電機、黒田電気、ナガセプラスチックス、福島印刷
【OAサプライ】
小林、カーディナル、田中産業、日東電工、ラベルジャパン
関連会社 ダイニック(株)、大和紙工(株)、ニックフレート(株)、
ダイニックファクトリーサービス(株)、オフィス・メディア(株)、
大平産業(株)
取引銀行 ・三井住友銀行  池袋東口支店、大阪中央支店
・みずほ銀行   大手町営業部
・あおぞら銀行  本店
・みずほ信託銀行 本店
・武蔵野銀行   東京支店
組織構成 事業分野別に編成された3つの事業部と、地方営業所で事業活動を営んでいます。

■第一事業部  文具、装丁資材、情報資材
  (東京・大阪地区でメーカー機能も担っています)
■第二事業部  出版、紙製品
 (東京地区を中心に商社機能を担っています)
■第三事業部  インテリア、産業・土木資材
 (東京・大阪地区でメーカー機能を担っています)
■地方営業所  札幌、福岡
 (全部門の商品を扱っています)
■経営管理部  東京大阪で総務経理、営業管理、システム等を担当しています

配属は、本人の適性と組織要請をすりあわせながら決定させて頂きます。
平均年齢 37.8歳 (継続雇用含み39.3歳)
平均勤続年数 14.3年
採用実績校 ■東北・北海道
北海学園大学、札幌大学、釧路公立大学、宮城教育大学、青森大学、八戸大学
■関東
青山学院大学、神奈川大学、駒澤大学、埼玉工業大学、成蹊大学、実践女子大学、専修大学、大東文化大学、千葉大学、都留文化大学、中央大学、東海大学、東京大学、東京経済大学、東京国際大学、東京理科大学、東邦大学、獨協大学、二松学舎大学、日本大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、早稲田大学
■中部・関西
岐阜経済大学、京都大学、京都学園大学、京都産業大学、京都府立大学、同志社大学、同志社女子大学、立命館大学、龍谷大学、追手門学院大学、関西外国語大学、大阪経済大学、大阪芸術大学、大阪府立大学、関西大学、関西学院大学、桃山学院大学、甲南大学
■中国・九州
広島大学、広島県立大学、広島経済大学、九州産業大学、福岡大学、西南学院大学、鹿児島経済大学
沿革
  • 創業
    • 1942年12月 京都市木屋通りに塗布製品の販売を及び製造業者の代理店販売を目的として、クロス共販(株)を設立
  • 沿革
    • 1943年 4月 商号を日本塗布製品(株)に変更
      1950年 7月 商号を三豊クロス(株)に変更
      1969年 5月 大阪営業所を開設
      1994年10月 商号をダイニック・ジュノ(株)に変更
             札幌営業所、福岡営業所を開設
      2009年 4月 (株)タケシンを合併

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ダイニック・ジュノ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ