最終更新日:2019/11/8

エース(株)

業種

  • 商社(アパレル・ファッション関連)
  • 商社(スポーツ・レジャー用品)
  • 商社(その他製品)
  • アパレル(メーカー)
  • 日用品・生活関連機器

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
14億1,000万円
売上高
340億円(2019年度 連結)
従業員
1677 名 (2019 年度 連結)
  • 業種 商社(アパレル・ファッション関連)、商社(スポーツ・レジャー用品)、商社(その他製品)、アパレル(メーカー)、日用品・生活関連機器
  • 本社 東京都、大阪府
  • 資本金 14億1,000万円
  • 売上高 340億円(2019年度 連結)
  • 従業員 1677 名 (2019 年度 連結)

「トラベルソリューション企業」としての進化。「旅」に熟知したプロフェッショナル企業として、カバンの製造・卸・販売を軸に、グローバル化を加速度的に展開させていく。

会社紹介記事

PHOTO
ACEを代表するプライベートブランド「プロテカ」。Made in Japanにこだわり、高品質な製品を日本のみならず、世界に届けています。
PHOTO
様々なブランドラインナップを揃え、時代に新しい価値を生み出し、挑戦をし続けてきた78年の歴史が、国内カバン業界シェアNo.1、グローバル展開につながっています。

「トラベルソリューション企業」としての進化。グローバルへの挑戦。

PHOTO

「不易流行」と「変化対応能力」。守るものと、変えるもの。これまでのACEの価値観を守り、そして、時代に合わせて変化させていく対応能力を持って取り組んでいます。

<先輩社員の志望動機>
・自分が自信を持って売れる商品を販売したい気持ちがあったので、歴史が長く、品質が非常に高いというところに惹かれました。(入社4年目/男性)

・長期の旅行を通じて旅に関わる仕事がしたいと思うようになり、旅行関係の仕事を探していました。そこから視野を広げて、「旅行=お出かけ」という観点から、外出する人々のワクワクする気持ちに応えられるような仕事、モノとは何かと考えたところ、外出時に必ず使用するカバンに着目しました。エースはトラベルバッグからビジネスバッグまで、幅広いカバンを手掛けていたので、より多くの外出する人にモノを通じて携われる、ワクワクを届けられると思いました。(入社3年目/男性)

・スーツケースだけでなく幅広く鞄を扱っていることに興味を持ちました。また、伝統を大切にするだけでなく、新しいことに挑戦していく会社の姿勢に魅力を感じました。(入社7年目/女性)

・年次関係なく、若いうちから海外事業に携わらせていただけるチャンスがあった(実際に海外子会社社長、駐在員と自分との距離は近く、日々刺激をいただいています。)のと、JAPANブランドを海外に広める事業に関わってみたいと思いました。(入社4年目/女性)

・『自分の作った商品を持っている人を街で見かけることができ、とても感動した。』という話を聞いて、その状況が自分だったらと想像し、頑張って働いたお金をこの商品になら使ってもいいと思ってもらえるなんて、声をかけたくなるくらい感動する。と思い、やりがいがあって、かっこいい仕事だと思いました。今では、自分のデザインした商品を持っている方を見る機会も多く、心の中で『ありがとうございます。』とつぶやいていますが、これも市場においてシェアの高いエースだからこそだと思います。(入社6年目/女性)

・日本で唯一の国産スーツケースを手がけており「こんな業界もあるんだ!」という形で興味を持ちました。これから海外に目を向け、グローバル化を推進するという話も聞き、自分のスキルを磨きながら会社と共に成長できると思いました。(入社6年目/男性)

会社データ

事業内容

PHOTO

東京本社

<旅行バッグ、ビジネスバッグ、スポーツバッグ、ファッションバッグ、スーツケース等の旅行小物の製造卸・小売事業>

ACEが国内カバンメーカーのシェアNo.1になるまでには、挑戦の歴史とパイオニア精神がありました。

●日本初のナイロンバッグの開発
当時、一般には知られていない最新素材である東洋レーヨン(現東レ)製ナイロンを使ったバッグの開発・製造に成功。軽くて丈夫で洒落たデザインのナイロンバッグは「バッグの一大革命」とも言われ、多方面に影響を与えるとともに、爆発的な人気を博し、エースブランドを幅広く浸透させることになりました。

●初の国内生産スーツケース「デボネア」の開発
1960年アメリカのラゲージメーカー、シュワイダーブラザーズ社と日本総代理店契約を結び、スーツケースの輸入販売を開始。その4年後には技術提携を行い、日本人が使いやすいスーツケースを造るという目標を掲げ、ついに1966年初の国産スーツケースとなる「デボネア」を完成させました。

●新ラゲージブランド「プロテカ」発表
日本でのスーツケース生産を始めて40年が経ち、日本製ならではの高品質な創りで次世代のラゲージに挑戦すべく、新ブランド「プロテカ」を発表。これによりエースはこれまでのライセンスビジネスから自社ブランドビジネスへと変革し、新しい事業にチャレンジすることが可能となりました。

●米国ゼロハリバートン社を買収
2006年、トレンドセッターの間で認知度の高かったブランドを持つゼロハリバートン社を買収。これによりエースのプレステージラインの確立を行い、なお且つ自社ブランドの拡充も図れた。又、プロテカなどの自社ブランドの海外進出拠点として、役割も担い、エースのグローバル展開のきっかけとなりました。

●グローバル展開
2010年にエースイタリアを設立、翌年に香港エース設立、2012年にはシンポールエースを設立。拠点数は年々増しており、日本を始め各海外拠点がベクトルを1つにすることにより、点が線となり、線が面となるようグローバル展開をおこなっています。

●プライベートブランド(自社ブランド商品)への転換
ライセンスブランドから自社ブランド育成への切り替えを推進し、企画力・技術力のノウハウを蓄積。グローバル展開の自由度が向上。(プライベートブランドの売上構成比75%)
本社郵便番号 150-0001
東京本社 東京都渋谷区神宮前1-4-16 神宮前M-SQUARE
本社電話番号 03-5843-0609
大阪本店 大阪市中央区博労町4-5-2
創業 1940年1月1日
設立 1950年12月22日
資本金 14億1,000万円
従業員 1677 名 (2019 年度 連結)
売上高 340億円(2019年度 連結)
企業理念 「商事是亦報恩道」商いの道もまた、報恩感謝の心。
シンボルマークの由来 【グローバリズム】世界的視野
【インフィニティ】永続性
【ハーモニー】人の和
関連会社 エースラゲージ(株)
エース物流サービス(株)
(株)エーストレーディング
エースサービス(株)
(株)グローバルプロジェクト
エースイタリア
シンガポールエース
エース香港ラゲージ
エースマレーシアラゲージ
ゼロハリバートンInc.
ゼロハリバートンチャイナ
平均年齢 42.2歳(2019年度)
平均勤続年数 9.6年(2019年度)
平均給与 総合職 大卒:205,000円
販売職 大卒:192,000円
一般職 大卒:202,000円
その他諸手当あり
沿革
  • 1940年
    • 大阪市天王寺区でカバン製造卸業を創業
  • 1950年
    • 資本金150万円で「(株)新川柳商店」を設立
  • 1952年
    • 「エース」商標を選定
  • 1953年
    • 東レナイロンエースバッグ発売
  • 1963年
    • 社名を「エース(株)」に変更
  • 1975年
    • 東京店8階に「世界のカバン館」を開設
  • 1979年
    • 上海で初めて合作のカバン工場を設立
  • 1996年
    • 国産スーツケース1,000万本達成
  • 2004年
    • 新ブランド「プロテカ」発表会開催
  • 2006年
    • 米国ゼロハリバートン社を買収
  • 2009年
    • 東京本社を渋谷区神宮前に移転
  • 2013年4月
    • 東南アジア初の旗艦店「ゼロハリバートン」シンガポール マンダリンギャラリー店オープン
  • 2013年6月
    • グローバル旗艦店「ゼロハリバートン」ニューヨーク店オープン
  • 2014年
    • エースマレーシア設立
  • 2015年
    • 東京都台東区に 創業者「新川柳作記念館」開設
  • 2016年
    • ゼロハリバートンチャイナ設立
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 9.6年
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 9.2日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 4名 8名 12名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 4名 0名 4名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

エース(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ